カワサキ ニンジャ650 ABS KRT Edition

ユーザー評価: 4.8

カワサキ

ニンジャ650 ABS KRT Edition

ニンジャ650 ABS KRT Editionの買取情報を調べる

全てが丁度良いバイク - ニンジャ650 ABS KRT Edition

マイカー

全てが丁度良いバイク

おすすめ度: 4

満足している点
性能が日本の道路事情に丁度良い。ミドルクラスなのに他社よりやや安め。ポジションが楽。見た目が良い。
不満な点
丁度良いの裏返しとして個性が無い。3000~4000rpmにて微振動が発生する。荷架けフックが少なめ。現行はLED化していますが、17年モデルはテールライトしかLEDになっていない点。
総評
フルカウルのツーリング好きにはお勧めできるバイクです。
一言で言えば、スポーツな見た目が好きで、ツーリング大好きな方のためのバイクだと思います。

ツーリングメインで考えると、ポジションも楽で長距離を走るのに打ってつけです。

峠道でもそこそこスポーツ走行も出来るので、ツーリングの出先で、さほど持て余すことのないパワー内で気持ち良く走ることができます。

また、シート高が低めなので低身長の方や女性の方にもオススメです。
さらに、250ccや400ccからのステップアップや、免許取りたての方でも、無理なく堅実に扱えるという意味でおススメできる大型バイク(ミドルクラス)です。

良く言えばスポーツとツーリングの中間を狙ったバイク、悪く言えば中途半端で何か突出したものが無いバイクです。

この辺は個人の考え方で賛否あると思いますが、個人的にはこの中途半端感は日本の道路事情にピッタリで好きなので、ずっと乗っています。

この下忍、中忍、上忍のNinjaシリーズはこの中途半端なところが魅力だと思います。
デザイン
5
見た目は私好みなのでコレだけで買った価値はありました。
大きさは小さな大型バイクと言うことで、パッと見250㏄と見間違えるかも知れません。
でも、そこが良いんです。
走行性能
4
日本の道路事情を考慮すれば、物足りなさもなく、持て余すことも無いという丁度良さが秀逸です。
悪く言えば中途半端ですが、サーキットを走り回るわけではなくツーリングメイン、日常使いメインであれば、必要十分な走行性能です。
高速での追い越しも余裕がありながらも、かと言ってリッタークラスの様に回せないフラストレーションも感じません。
軽さも乾燥重量197kgと比較的軽めなので、取り回しも苦になりません。
ただ、シートは厚くないので2時間くらいでお尻が悲鳴を上げるかもしれません。
乗り心地
3
サスペンションはツアラー寄りでマイルド。
ツーリングメインな方にはピッタリです。
ただ、3000~4000rpmでは細かい微振動が発生します。
古いアクションカメラをマウントしていると、凄くブレてしまうほど揺れるのはマイナス点です。
ただ、人間的にはさほど気にならない微振動なのが不幸中の幸いではあります。
積載性
1
悪いです。
バイクなので当たり前ですが…。
シート下は車検証くらいのスペースのみ、タンデムシート下はETCに占拠されてはいますが、車載工具と荷掛けネット位なら入ります。
ただ、積載性はどんなバイクもさほど変わらないですね。
特にフルカウルなら似たり寄ったり。
この辺りは、サイドバッグ、シートバッグで補うのは必須ですね。
燃費
4
さすがにカブの様な燃費は出ませんが、平均20~25kmといったところです。
燃料もレギュラーなので、財布に優しいのは非常に好感が持てます。
高速巡行なら平均30km以上行きます。
価格
5
ミドルクラスで、この性能なら、比較的安い部類に入ると思います。
スズキほどではないですが、カワサキは意外に値段頑張ってる印象が持てます。
このクラスの話です。
故障経験
3年目に1度だけ、夜の奥多摩でバッテリー切れを起こしレッカーにジャンプスタートしてもらいました。
それ以外は一切何も起きていないです。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース