カワサキ ニンジャ ZX-6R

ユーザー評価: 4.5

カワサキ

ニンジャ ZX-6R

ニンジャ ZX-6Rの買取情報を調べる

ZX-6R(2020年モデル) 短距離試乗レポート - ニンジャ ZX-6R

試乗

ZX-6R(2020年モデル) 短距離試乗レポート

カワサキ ニンジャ ZX-6R

おすすめ度: 4

満足している点
・ミドルSSとは思えない低速トルク
・リッターSSにはない回せる楽しさ(公道における)
・SSとは言うけれどそこまでポジションや足つきはキツくない(SS比)
・ミドル四発の甲高いサウンド
不満な点
とはいえ、普段Ninja650に乗っている人間がこれに乗ると首の負担がキツい。
足つきは慣れでどうにでもなるレベル(そもそも650にハイシート入れてるし)だけれど、前傾による首の角度の変化は如何ともしがたい。
総評
首に異常のない方であれば恐らくミドルSSの中ではかなり乗りやすい部類になるのではないだろうか。
+36ccや、ETCの標準装備、ギアポジや燃料系が追加されたメーター、クイックシフター(↑のみ)などこれほど豊富なミドルSSが千忍より安く買える。

さすがにハンドルの切れ角やタンク形状もあいまってUターンや、交差点の右折はコツがいるけれど、それを差し引いても非常に乗りやすく魅力的なバイクであることは疑う余地もない。

足つき参考→身長171cm、超短足。試乗時のブーツはダイネーゼトルクD1(ブーツインシステム)において、両足指の付け根からやや先くらい。片足ならかかとはちゃんとつく。10Rより若干足つきは悪い気がするけれど、ハンドルが10Rより高いこともあって停車などはしやすい。
デザイン
3
今や見分けがつかなくなった忍者顔。俺は好きだけど、没個性と見る人も少なくないのではないか。25Rが誕生したことでさらに見分けがつかない。
走行性能
5
パワーはあるが、恐怖感のない気持ちの良いパワー感。足回りはやや柔らかめで、やはり公道SS仕様なだけあって乗り心地も良い。
その代わりクローズドコースに入るとこれは柔らかすぎるかもしれない。俺には関係ない。
乗り心地
3
サスペンションは柔らかく、通常のSSより前傾もキツくはないのだが、いかんせん慣れがないと腰や首への負担は消えないと思う。

まぁそもそもSSだしね。楽なバイクがいいなら650や1000があるわけで。
積載性
1
言うまでもなく。
価格
4
個人的にはお買い得だと思う。周りのミドルSSと比較しても安いのでは?

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース