KTM RC 390

ユーザー評価: 4.5

KTM

RC 390

RC 390の買取情報を調べる

クルマレビュー - RC 390

  • マイカー
    • ららしむ

    • KTM / RC 390
      不明 (2014年)
      • レビュー日:2017年4月12日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    400CCのフルカウルに負けないパワーウェイトレシオを発揮する。(ノーマルマフラー3.3 アクラマフラー3.0)
    スロットルレスポンスが素晴らしい。
    まったり走ればリッター40km近くを叩き出す。
    軽いので取り回しが楽。そして軽さがもたらす圧倒的加速力、コーナリング力。
    純正タイヤはメッツラーM5。結構買うと高い。
    シングルシート風タンデムシート。かっこいい。だがバッグ必須なので見えることは少ない。
    レース仕様(ミラー、フェンダーレスetc...)に簡単にできる。
    純正OP品が豊富。←これは他メーカーに類を見ない。
    新車で買うと競技用ナンバープレート(らしきもの)がついてくる。競技に出ないので不明。
    不満な点
    ご存じシングル特有の振動がキツい。
    3000RPM以下は発進時以外はほぼ使い物にならない。
    エンストしやすい。(ゆっくり発進は本当に苦手)
    ケツが痛い(シートが硬い)
    洗車するとタオルが入らず拭けない。
    シート高820mmはなかなか高め。注意。
    バッテリー搭載部のカバーの収まりが悪い。閉めにくい。
    ヘッドライトの球が左右で違う(H11、H9)
    タンク10Lとか…もう2L入らない?
    いくらなんでもシート下狭すぎない?車載工具と車検証くらい入れさせてよ
    総評
    250ではパンチが足りない、400はありきたり。そんな人におすすめな390。
    兄弟車Duke390も面白かったがあちらのほうが若干やんちゃな印象。

    シングルの振動が平気な人、そんなことより手のひらに収まる速さを手に入れたいという方にはぜひおすすめしたい。
    国産車にはないじゃじゃ馬感を味わえる。
    あとなかなか被らないので「あ!この間あそこ走ってたよね!」ってすぐ言われる上に目立つ。
    走行性能
    無評価
    乾燥重量150キロに満たない圧倒的な軽さを持って味わうコーナーへの侵入は病みつきになる。
    「このくらいかな?あれ?まだ余裕あるな…もうちょっと…もうちょっと…」を味わえる。
    Ninja250はしっとり、ずっしり。こちらはひらひら、ふわふわ。あなたはどちらがお好き?
    乗り心地
    無評価
    直線を走っていると何より振動が酷い。手が痺れる。足が痺れる。
    ノーマルシートは硬くてケツが4つに割れそうになる。痔になりそう。
    積載性
    無評価
    無し。シート下は車検証すら入らない。入れようと思えば入るがぐしゃぐしゃになる。
    車載工具?誰かに持ってもらいなさい。荷物?追加バッグに入れなさい。
    燃費
    無評価
    慣らし運転で60キロ前後をトコトコ走っているとメーター表示であっさりリッター40kmを叩き出す。
    ちょっと回した程度じゃ30を切るのは難しい。
    ただ10Lタンクなのでさほど航行距離が伸びない。そしてぶん回すと気付かないうちにエンプティが点灯する。
    故障経験
    現状まだなし
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース