キムコ レーシングキング 180Fi

ユーザー評価: 4.5

キムコ

レーシングキング 180Fi

レーシングキング 180Fiの買取情報を調べる

評価で言うと、お勧め度以外は満点。ちなみにこれでも辛口で評価してますが、-2なのは「メンテナンス性の悪さ」と「代理店の少なさ」だけですね。 それ - レーシングキング 180Fi

マイカー

評価で言うと、お勧め度以外は満点。

イイね!
満足している点
○基本的に乗っている人は周りでほぼ皆無という事で恍惚感に浸れるw

○燃費はそこそこ良い。(普通に流れに乗ってリッター31~33前後)

○インテリア・エクステリア共にこれで文句を言う輩はあまりいないと思う。

○動力性能に関しては125CCのスクーターに対し3割り増しで、250CCのビクスクに対し100キロまでは同等以上、最高速で負けるが駆動系弄れば同等か?250ccの4ストでも単気筒の軽量モデル以外では負けないかな?
不満な点
意外とあるが・・

×125CCのボディに180CCのエンジンを入れたもんだから、結構無理がある(まぁそれがいいんだけどw)

×XLのフルフェイスはメットインにまず入らない。エアロ付きの小型フルフェイスでも難しいと思う位底が浅い

×アフターパーツがなかなか届かない以前に純正パーツも届くのかどうか?

×代理店が少ない。(赤男爵だとSymやヒョースンを扱っているのでそういう面ではキムコは損をしていると思う。)

×メンテナンス性が悪い。ライトを交換するのにも多分ノックが硬いので相当苦労すると思う。まぁ最近のバイクは皆そうなのだが・・
総評
評価で言うと、お勧め度以外は満点。ちなみにこれでも辛口で評価してますが、-2なのは「メンテナンス性の悪さ」と「代理店の少なさ」だけですね。

それ以外は、180ccと言う希少種でありながら、走行性能は250ccのビクスクに匹敵(加速だと軽い分速い。ノーマル時だと最高速でやや負けるか?)し、125CCだとドーピングフルチューン状態。150CCでも相当アドバンテージがある車両で、しかもインテリア・エクステリア共に妥協をしていない車両なので、悪評をつけようが無い。(不満な点も125CCの車格故の弱点ばかり)

日本でキムコと言うと「脱臭剤」と言うイメージがあるが、台湾では元「台湾ホンダ(光陽工業の頭文字を取ったのがKymco)」と言う名前で通っていただけあって、ガソリン車だと性能も非常に良い。(つか、むしろビクスク以外日本で販売されているスクーターにアドバンテージは皆無。アドレス・シグナス・PCXは海外生産なのは周知の事実)まぁここら辺は日本マンセーな方々もいらっしゃるので水掛け論になってしまうけど・・

個人的に、初の輸入車(日本法人の正規代理店経由だけど)ですが、乗ってみて劣る部分はほとんど感じないどころか、逆に上回っている部分の方が多い車両なので、文句は殆ど無いです。

ただし、故障したときのアフターサービスやパーツ供給と言った面でかなり不安がある。もちろん最終的には来るのだろうけど、そういう面で怖い人は素直に日本車に乗ったほうがいいかな?(PCX150とかならお勧めできるかもしれない)

「乗って速い!」って所ばかり取りざたされてはいるが、実のところ「めっちゃ速い!!」とは思わない。確かに、スロットルをめいいっぱいひねれば180CC@リッター100PSの速さは体感できるが、以外にもスローライフで走る事にも長けている。サスがちょっと硬いが調整できるので、普通にリアにトップケースをつけて初老の人が乗っても案外に合うかもしれない。マフラーとウェイトローラーやらセンタースプリングを交換すると、本来の性能が出るのではないか?と思う。

この車両は「動力性能だけでなくインテリア・エクステリアにもかなり豪華なものを奢った事」が一番のトピックで、それ以外は特にどぎつくパラメーターが変わることは無い。アジアでのスクーターの雄であるKymcoらしい、非常にバランスの取れたスクーターだと思う。速さだけでなく、それ以外の装備も秀逸で、屋内で駐輪しておけば基本的には駆動系やその他の磨耗以外、故障する事は少ないだろう。辛口の私が言うのもなんだけど、

「全てにおいて”いい”スクーター」

だと思う。
おすすめポイント

ターゲット

ヤング向け、セレブ向け

スタイル

スポーティ、ゴージャス

ドライビング

スポーティ、運転が楽しい、キビキビ感がある

インテリア

ハイクオリティ

エコ

燃費がよい
総合評価 エクステリア インテリア 装備 走行性能 おすすめ度
9.6 10 10 10 10 8

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース