ランチア デルタ

ユーザー評価: 3.8

ランチア

デルタ

デルタの買取情報を調べる

クルマレビュー - デルタ

  • マイカー
    • acero

    • ランチア / デルタ
      1.8Di Turbo Jet (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/01/06
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      1.8Di turboは200馬力。V6 3Lサイズからのダウンサイジングだからパワフル。ジュリエッタQVや4Cとも共通のユニットで快適な高速ツアラー。
      日本で乗るには十分過ぎる動力性能です。
      アイシン製トルコンの6ATはパドル付きでスポーツ走行も可能です。何より信頼性が◉。
      適度に硬い脚はワインディングでも快適です。

      乗り心地

      アルファやフィアットと比べると上質です。
      ドイツ車ほどの剛性は無いにしろ、最近のイタ車は随分まともです。
      舗装の悪い市街地などでは少しガタガタします。
      これは18インチ+45タイヤによるものかも知れません。
      リアシートは長いホイルベースのお陰で足を組めるほど広々です。

      燃費

      高い動力性能の代償として燃費はお世辞にも良いとは言えませんが、こんなもんでしょう。
      市街地で8km程度。高速でも10km+程度です。
      Alfa V6ユニットの代わりなので仕方がない。

      積載性

      かなり奥行きのあるラゲージスペースです。このモデルはエクゼクティブパッケージだったので、リアシートが前後にスライドしないバケットタイプでした。ノーマルのデルタはフラットシートでさらに前後スライドするので、積載量重視の場合にはこちらのバージョンがお勧めです。シートを倒してもフルフラットにはなりません。

      故障経験

      大きなトラブルはありませんでしたが、樹脂製のシフトノブが破損して交換しました。

      満足している点

      ランチアが得意とするエレガントな内外装が魅力。フィアットベースのボディをロングノーズにする事で優雅なラインを作っています。リアのテールランプが独特で、特に後ろからの眺めが絶品。フラウレザーに囲まれたインテリアが上質で、さすがはイタリアと唸るところ。

      不満な点

      高い動力性能の代償として燃費はお世辞にも良いとは言えません。市街地で8km程度。高速でも10km+程度です。
      個人的にランチアはゆったり乗る車のイメージなので燃費、維持費を考えるとディーゼルターボがいいかな?
      18インチの特徴的なホイールはサイドウォールよりもホイールが出っ張っている為、幾度となく縁石に擦り、キズをつけてしまいます。

      総評

      ランチアが言うところのHPE (high performance estate)の形。
      アルファ以上、マセ未満の都会派サルーン。
      「人と同じ」がいやな方に。
      ランチアはイタリア高級車の歴史、ライバルメーカーのプレミアムコンパクトの様な即席感、貧乏くささがないです。
      現在のブランド立ち位置から推測すると次期デルタは無さそうです。あったとしてもアメリカンのバッジエンジニアリングモデルでしょう。

      本当のランチェスタはfiat傘下に入るまでのモデルをリアルランチアだと言いますが、私の世代はむしろfiat時代もランチアだと思っています。
      なので、このDeltaが純血イタリアンのラストランチアだと思っています。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ランチア デルタ
    • えどり

    • ランチア / デルタ
      デルタインテグラーレ エボルツォーネⅡ (1993年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/10/14
      使用目的:その他
    • 走行性能

      不明。

      乗り心地

      不明なれど・・・幅が広い以外は、
      思ったより、普通に運転できる。

      故障経験

      未だ、整備中(T_T)

      満足している点

      25年間、憧れてなんとか入手までこぎつけました。
      現在は整備に入庫中・・アチラコチラの不具合に泣かされています。
      もはや、ビンテージの域に入ってしまったのか?と嬉し恥ずかし。

      不満な点

      故障が多いと言われている事。

      総評

      未だ、乗り出しには程遠い状況で、他人様にとやかく言える状況では有りません。
      ご指導、げ鞭撻おねがいします。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    ランチア デルタ
    • トルク先輩

    • ランチア / デルタ
      インテグラーレ16V_LHD(MT_2.0) (1989年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/08/20
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      限界まで攻めたことはないのですが当時は「メッチャ曲がる!」と思ってました(笑)
      結構なドッカンターボだったのでべた踏み時は楽しかったです(^^♪

      乗り心地

      KONIのショックが入ってたので純正と比べてどのくらいかはわかりませんが、ラジコンの師匠には「ショック死んでるの?」と言われました(;''∀'')

      燃費

      踏むと6kmぐらいだったような・・・・

      積載性

      後部座席が倒れるので、頑張ればタイヤ4本くらいは詰めます!

      故障経験

      燃ポンのホースからの燃料リークによる燃圧不足、それに伴うエンジンの息つき発生(外車専門の修理工場では見つけ切れなった泣)

      満足している点

      人生初の車が「イタ車」ということで周りにいないことが一番の優越感でしたね~(笑)
      スタイリングもさることながら僕の場合は意外と壊れず最後までしっかり走ったことですかねー!
      快適装備以外はバッチリでクーラーさえ効けばまだまだ乗る価値があったと若干後悔してます。人生で初ぬゆわkm/hを超えてぶっ飛ばしたのも今ではいいおもひでです(;''∀'')

      不満な点

      この時期のイタ車(たぶん日本車も?)にありがちな錆とかゴム類の劣化がアリマクリスティでしたね!錆は仕方ないとしてゴムの劣化による燃圧不足は原因がわかるまで結構時間かかりました(´;ω;`)

      その他ついてはエアコンが後付けなので曇りしか取れない、車内がガソリン臭い(僕的には最高)等があるかな~。

      総評

      免許取り立てで乗るには少々合わないと思いますが、弄っていくうちに「車とは何ぞや」というのを教えてくれる車でした!
      また、快適装備以外を見ればメッチャいい車です!ランチアという自動車の歴史を語るうえで外せない様なメーカーの車というだけで所有感パナイです!(持ってる人も少ない笑)
      今でも大事に乗っている方々は本当に尊敬いたします。
      お金があればEVO2買って色々改修したいという野望は常にあります(*^^)

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ランチア デルタ
    • eijiman

    • ランチア / デルタ
      EVO2 (1994年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/07/27
      使用目的:レジャー
    • 故障経験

      電装系がイマイチかも。

      満足している点

      運転している事を感じさせてくれます!

      不満な点

      特に無しです。

      総評

      自己満足の世界かも。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • しろぴか

    • ランチア / デルタ
      インテグラーレ16V_LHD(MT_2.0) (1989年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/06/23
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      第三京浜で試乗した途端に、自由自在に動けるクルマだと感動しました。4WDなので、当時の自分としてはFF的ハンドリングに感じていました。ですのでアクセルオフでタックインを誘発できても、踏んでオーバーになることは無かったので安心して乗れました。ジャッキアップすると良くわかるのですが、当時としてもボディ剛性は決して高いほうではなかったのかなぁと思いますが、だからと言ってノーマルの足回りに何か不満がある訳ではありません。ただ、あまりに経験値が無さ過ぎたので、いまであればまた異なる感想を抱くかもしれません。WRCを駆け抜けているイメージと共に、いつも夢を見させてくれるクルマでした。

      乗り心地

      履きかえたタイヤが、たしかPIRELLIのPゼロだったような記憶があるのですが、自分には十二分な快適さでしたが、助手席の友人たちからはノーマルの足回りでも固いと言われていました。

      燃費

      気にしたことありません。この手のクルマに燃費を求めることなどバカげています。

      積載性

      ここも求めていませんでした。ですが、デルタの後に乗り換えたクリオ(ルーテシア)16Vやプジョー106ラリーに比較すると、ありがたい事に4ドアなうえに積載性も十二分にあると思います。

      故障経験

      サクションパイプのすっぽ抜け、燃料ラインからのガソリン漏れ、電装系の軽微なトラブル、ドライビングのヘタさ加減によるクラッチの焼き付き等、いずれも整備・点検不十分であったり、自分の責任によるトラブルのみで、大きな故障はありませんでした。

      満足している点

      好きな人でなければ気づかないオーバーフェンダー、コンパクトで端正なジウジアーロ氏デザインの車体に、独特の吸気音と排気音でドライバーを魅了する2リッターターボエンジンを搭載し、当時はまるでバイクのように感じたハンドリング、そしてミッソーニで彩られた内装、その全てがイタリア車を主張している、素晴らしいクルマだと思います。

      不満な点

      特に無し、強いて言えばノーマルのミラー形状でしょうか。WRCで使われていたビタローニのカリフォルニアに変更する予定が、できなかったことが残念です。

      総評

      狭いエンジンルームに2リッターターボを押し込んでいるため都市部の渋滞には弱いところも。けれどそんな事ではこのクルマの魅力は全く色褪せません。装着そしていたアルカッティの1本出しマフラーは痛快な音と加速を味あわせてくれました。長く乗るつもりで、何度もディーラーの担当者さんにこれが最後のモデルであるか確認したのですが、結果的にEVO1とEVO2が登場してしまいました。EVO2を上手く購入することができていたら、もしかしたら乗り続けていたかもしれません。いまも深く心に残る思い出の1台です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

閉じる