ランドローバー ディスカバリー4

ユーザー評価: 4.73

ランドローバー

ディスカバリー4

ディスカバリー4の買取情報を調べる

クルマレビュー - ディスカバリー4

  • 試乗
    ランドローバー ディスカバリー4
    • mabots

    • ランドローバー / ディスカバリー4
      SE_RHD_4WD(AT_3.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/08/22
      使用目的:その他
    • 満足している点

      後期型となるディスカバリー 4 SE、3L V6 スーパーチャージャーに試乗した。もうすでに新型が発売されているが、この型は真四角なディスカバリーのイメージをもった質実剛健かつランドローバーの世界観をしっかり味わえるモデルとなっている。

      まず乗降と運転ポジションからして違う。乗降用のポジションにエアサスを調整できるので乗降に際しての「よっこらしょ」が低減されている。運転席に滑り込みエアサスを運転位置に戻試運転ポジションを取ってみる。立った A ピラー、四隅まで見えるボンネット、高めの着座位置、ほぼ垂直なサイドウィンドウにより、比較的大きい車体にもかかわらず車両感覚が一発でつかめる。最小回転半径も 5.5m と小回りもサイズからするときくので、初めて乗った時から細かい進路に入り込んだり、1cm 単位で寄せるといった感覚が掴みやすいのである。オフローダーとしての必然性からくる実用性である。
      ドライブトレインに関していうと、スーパーチャージャーラグはほとんどなく 2000 - 3000 rpm からトルクが乗って市街地での速度調整もしやすい。さらに踏み込めば V6 の「クォォーン」という乾いたサウンドと共に重量級の車体を 2000cc くらいのセダンと同等かそれ以上の加速力をもってしっとりと加速させていく。スーパーチャージャーというとメカニカルな動作ノイズが気になる場合もあるが、ほとんど気にならなかった。いざとなれば十分な加速が保証されているが、車全体がかもしだすゆとり感から、「キビキビ運転しなくては」という気が全く起きず、精神上ゆとりをもって長距離のクルーズに臨めるのもこの車ならではの価値感といえるだろう。
      ステアリングはゆったりとしたレシオとなっているが、操作に対して正確に車体が反応する。荷重移動をしながら、急なカーブを曲がり直ちに駆動をかけるような動作、例えば急ぎの U ターン等をすると、ロールスピードが上がり、「グラッ」とくる部分もあるが、全体的に操作をゆったりとすれば、ロールの絶対量は多いもののロールスピードがゆったりとしているのと、車体部分の頑強さから「グラッ」っと感は殆ど感じない。

      乗り心地や居住スペースについて。まず、乗り心地は極上である。後部座席にも乗ったがこれだけ車高が高い乗り物にもかかわらず、ほとんどの振動や傾きが吸収され、様々な路面状況にもかかわらず座面はフラットであり、魔法のじゅうたんという言葉で形容しても良いかも知れない。二列目の空間も圧倒的なものがあるが、特長となるのが三列目である。三列目自体大人が座ってもまったく問題がないスペースが確保されており、頭上空間も十分確保されている。二列目の頭上空間もしっかりあるため、下手なミニバンよりもずっと開放感を味わえる。さらに、三列目専用のエアコン通風口が用意されている点も他の7人乗り SUV やミニバンでもなかなかない点である。

      不満な点

      三列目に乗降する際に 二列目を土台の部分から倒すのだが、倒した時に土台の金属パーツがむき出しになり、鋭利な部分もあるので、三列目に子供が乗り込む時は大人がサポートするなどしたほうが良いだろう。高級感を望むならばレンジローバー系となるが、三列目があるのは、レンジローバー・スポーツとなり、スペース的には緊急用・子供用になるので、7人乗り x 高級感という選択はなかなか難しいものがある。ディーゼルモデルがディスコ 4 時代にあったらより商品力が高められていたかもしれない。

      総評

      SUV でこれほどの三列目空間があるのはかなり特徴的。取り回しも良く、質実剛健な上に、精神的にゆとりをもって多人数で長距離の小旅行に出かける気分にスイッチできる、そういった非日常性を楽しめる唯一無比の車といえるだろう。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ランドローバー ディスカバリー4
    • ふじスター

    • ランドローバー / ディスカバリー4
      SE ブラックエディション_RHD_4WD(AT_3.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:7人
    • レビュー日:2017/07/17
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      とにかくゆった~り運転できます。
      車重が重い=乗り味が重厚です。
      車内の頭上のスペースが広いというのは
      こんなにも解放感がちがうものなのか?というように幅よりも高さって大事なんだと思わせられた。そういえば家もそうですよね^^
      ベビーカーがたたまなくても乗る!

      不満な点

      本革シートといってもHSEじゃないと固いです。
      ヘタリはできないくらい(笑)
      ステアリングが重い。
      サイドステップがないと乗り降りが大変!
      スカートの女性は乗れないかも。。
      ラゲッジスペースの奥行きがありすぎて
      2分割式リアゲートだと手が届かない。

      総評

      用途が合えば最高の車かもしれません。
      イカツイ、でも上品、ゆったり、でもパワー有り
      ミニバンはなんだか抵抗あり、でも7人乗り必要、4駆で雪山も行く、だがセダンのような乗り心地、とりとめがありませんが、以上同意見の方はおすすめですよ!

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • どーだい

    • ランドローバー / ディスカバリー4
      SE_RHD_4WD(AT_3.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/04/05
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      ストップ&ゴーが多い街中でも、ジャガー製エンジンとZF製8段ATの組み合わせは非常にフィーリングがよく、とても運転しやすいです。
      高速走行においては、ステアリングがフワフワと軽いので、高速道路ではやや緊張するし、やや風切り音もうるさめ。しかし、エンジンフィールは気持ちよいし、Sモードにしてキビキビ(といっても限界があるが)走ったり、パドルシフトでしっかり回してあげたりと、それなりに楽しめます。
      キャンプ場の荒れてぬかるんだガタガタした坂道など、他の車がスタックしているような悪路でもテレインレスポンス標準モードのままで全く不安を感じさせない走破性には感心。実際テレインレスポンスを専用モードに切り替える必要があるような悪路に出会うことがあるのでしょうか…

      乗り心地


      4輪独立懸架のエアサスが標準仕様で、乗り心地は非常にいいです。アウディ、VWとドイツ車を乗り継いできましたが、それらに比べれば明らかにフワッと柔らかいながら、その後スッと揺れが収束していつまでもフワフワと柔らかすぎて気持ち悪いことのない、すっきりとした乗り心地が魅力です。
      後部座席は2列目、3列目とだんだん着座位置が高くなるスタジアムシートで、車高の高さも相まって、どの座席でもなかなかの見晴らしです。
      ただ、2列目シートはこの車体にしては足元が狭く、またリクライニングもできないので、レンジローバーのような快適性を求めるとがっかりすると思います。

      燃費

      幹線道路を使った都内の通勤で頑張って6km/L。
      普通に気にせず走って5km/Lの中盤ぐらい。
      高速道路ではカタログスペックを大きく超えて8km/Lが出ることもあります。(以上コンピューターで)
      満タン法での実燃費は、コンピューターの0.9掛け程度が目安。

      積載性


      2列目3列目フルフラットで2558L、5人乗車で1260Lという大容量。
      さらには、ラゲッジスペースがほぼ四角く平らなため、積荷が無駄なく載せられます。3列目シートもすっきり床下に収まります。
      標準でデタッチャブルトウバーが取り付けられるようになっているため、簡単に積載量を増やせる。

      故障経験

      フロントカメラユニットの曇り→保証交換
      ナビがブラックアウト、操作を受け付けなくなる。→ソフト改修で直らず、保証でユニット交換

      満足している点

      ベースグレードのSEでもほぼ全部入りというコストパフォーマンスの良さ。
      それとすぐにわかる独特な車体形状と、その形からくる見切りの良さ。
      大きく切り立った窓のおかげで視界が広く運転しやすい。
      後期型からはブラインドスポットモニターやリバーストラフィックディテクション、フロントパークディスタンスコントロールなどの安全装備も充実。
      車内は広くて天井も高くて快適。静かで乗り心地も良い。
      「フレーム構造を有した最後のランドローバー車」という自己満足感。正式にはインテグレーテッド・ボディ・フレームというモノコックとフレームの掛け合わせみたいなシャシー構造になっているが、ちゃんと車体の下を覗き込むとフレームが見える。
      ジャガー製 V6 3.0LエンジンとZF製8速ATの組み合わせのフィーリングの良さ。
      5人乗車でも1260Lというカーゴルームの広さと、2列目3列目シートを倒してフルフラットにできる仕様。
      最小回転半径5.5mという、このクラスではかなり優秀な取り回しの良さと、見た目ほど大きくない車体の実寸法で、意外にも細い住宅街の道に迷い込んでもそうそう困ることはない。
      古いながらも見てて楽しい4WDインフォメーションシステム。

      不満な点

      ベースグレードのグレインレザーシートが硬くてお尻が痛くなる。
      フロントシートのランバーサポートが今ひとつ。
      意外にもセカンドシートの足元が狭い。
      セカンドシートにリクライニングがない。
      車体重量が2.6tもある。
      軽めのパワーステアリングで高速走行でやや怖い。
      2世代ぐらい旧世代のインフォテインメントシステム。
      国内ではディーゼルエンジン仕様車の設定がなかった。

      総評


      オーナーのライフスタイルに合えば、これほどいい車はありません。
      全体的にそこここに古さは否めませんが、2014年モデルからは最新のエンジンとトランスミッション、さらには安全装備などが追加され、新旧入り混じった絶妙なバランス感がまた楽しい車です。初代から続く段々天井のディスカバリーらしいスタイリングの完成形です。
      2.6tを超える車体重量はマイナスに働くことも多いのでしょうが、この重さがもたらすゆったりと落ち着いた走行感は得難いものであり、一度体験すると虜になります。
      新車販売が終了となる今、少しでも気になるなら試乗してみるべきです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ランドローバー ディスカバリー4
    • rudy-love-disco

    • ランドローバー / ディスカバリー4
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:7人
    • レビュー日:2017/03/03
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      安定した乗り心地!視界の良さ!

      オフロード性能は抜群です!

      不満な点

      今のところ何もないです。

      総評

      良いところも悪いところもまとめて
      discoだと思います!

      ALL NEW DISCOVERYより確実に
      カッコイイと思います・

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • eitarou

    • ランドローバー / ディスカバリー4
      HSE (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2016/05/08
      使用目的:レジャー
    • 走行性能


      2.5tの車重の割には取り回しが良いです。
      このサイズにして最小旋回半径5.5mは非常に扱い易く、都内の狭小路でもストレス無くグイグイと進んでいけます。

      0-100km/秒は8.1秒とのことですが、加速のし始めは少々鈍重な感じがあります。
      しかしキチンと踏んでやれば一気にスピードに乗り、高速合流なども全く不安はありません。
      高速巡行もストレス無く長距離移動も易々こなします。

      前車、AudiQ3のDSGに比べるとZFの8速は実に違和感無くスムース。
      不安も無くスルスルと変速をしてくれるため、低速域での扱い易さも一級です。

      乗り心地

      ストロークの長いエアサスにより、まるで船に乗っているかのようなリニアな浮遊感。
      幼い娘も周囲の見晴らしの良さも相まって終始ご機嫌で、ふと気付くと寝てしまう有様です。

      ハイトな割に、急なカーブの挙動も思ったより足回りが踏ん張ってくれて不安がありません。
      AudiQ3より身体が持っていかれる感覚が無い・・・と思うのは単に速度を出していないからでしょうか。

      燃費

      燃費は期待しておりませんでしたが、案の定街中で6km/L。

      燃費が悪いのは覚悟の上ですが、航続性能が悪いのが残念です。
      ちょっとした遠出でも、2回3回と給油が重なるのは億劫ですね。

      積載性

      幅、奥行きもさることながら、縦方向への積載性に優れています。
      現状、全く使い切れないほどの容量ですが、いずれ家族旅行の際に存分に活用させてもらおうと考えています。

      故障経験

      ・3列目上方の、サンルーフのシェードが閉まらない。
      →ディーラーにて対策済

      ・グローブボックス内ETC機器の脱落
      →ディーラーにて対策済

      ・フロント&リア・シル・トレッドプレートの浮き
      →ディーラーにて対策済

      満足している点

      私がファミリーカーに求める要素を満点に近い形で叶えてくれました。

      ・3列シート且つ家族4人乗車して、なお多くの荷物を積み込める積載性。
      ・見通しが良く、旋回半径も小さいため、妻が不安無く運転をし易い。
      ・ファミリーカーといえどミニバン等に無い、所帯じみ過ぎない雰囲気。
      ・いち車好きとしてSUVといえど十分満足に値する動力性能。
      ・冬、積雪の多い地域へ旅行へ行くための優れた四駆性能。
      ・あまり他人と被らない希少車である点。

      不満な点

      不満な点は特にありませんが強いて言えば、ナビが時たまフリーズすることでしょうか。

      エンジン切って施錠までしてから、再始動すれば治ります。

      総評

      手狭になったAudiQ3からの乗換えで、様々な車を検討候補としました。
      3列シートである事、妻が運転できる事、四駆性能に定評のある事、所有欲を満たせる車種である事・・・等々。

      比較対象は、ランクル、プラド、XC90、Q7、ディスカバリースポーツ、レンジローバースポーツ、果ては四駆を諦めVWシャラン、BMWグランツアラー、シトロエンピカソまでを試乗。

      当初、ディスカバリーは私の頭の中にありませんでした。
      ランドローバーのSUVではイヴォークが印象的なデビューを飾った事もあり、見るからに古臭い形のディスカバリーは旧態依然とした消えゆく過去のラインナップに過ぎないと端から決め付けてろくに調べもしていなかったのです。

      しかし、レンジローバースポーツを試乗に行った際に、たまたま目についたディスカバリーの試乗車に興味本位で乗ってみてから評価は一変。
      手ごろなサイズに、運転のし易さ、使える3列目に、本格的な四駆性能、なにより品格溢れる英国ランドローバーブランド。

      ディスカバリーの事を知れば知るほどに、
      私達の求める車は、まさにそこにあったのです。

      故障の不安、燃費を考えると、万人にはお勧めできませんが
      ちょっと人と違うファミリーカーをお求めの方には、胸を張って
      今すぐ試乗に行って欲しいと思える一台です。
      ファミリーユースだからと自分を諦めなくて良い、そんな車がここにあります。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ123456次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter