ロータス エスプリ

ユーザー評価: 3.46

ロータス

エスプリ

エスプリの買取情報を調べる

クルマレビュー - エスプリ

  • マイカー
    ロータス エスプリ
    • おだぴん

    • ロータス / エスプリ
      TURBO_RHD(MT_2.2キャブ) (1987年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/05/12
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ハンドリングマシンと言われるけど、僕のはステアリングラックにガタがあるので、普通に乗れるだけ。特に良いとは思わない感じです。
      パワーも普通の車。車重軽いので、普通に乗るには不満はありません。

      乗り心地

      車高もギンギンに下がっているので良いわけがない^^;でも普通~

      燃費

      そもそも、燃費測ったことはありませんが、一緒にアヴェンタドールと走ると、アヴェンタが給油するときに、エスプリはまだ半分残っていましたので、相当燃費優秀なようです。

      積載性

      後部のトランクが意外にめっちゃ広い^^;夫婦で旅行にも行けそう。

      故障経験

      イグナイター故障
      テンションロッド破損
      ぐらい

      満足している点

      圧倒的な存在感があります。今のロータスにない、異様なまでの存在感。そしてラッピングにより他のスーパーカーにも負けない輝きを手に入れています。
      そして、壊れるかな~と思ったら、意外にも壊れません。特にキャブターボを選択したのは大正解だったのかもしれません。遅いですが^^;

      不満な点

      とにかく、ポンコツ。品質が悪い。内装もエンジンも足回りも、ボディも。全てがポンコツです。
      この車を例えば、ポルシェ等と比較することは全く意味がないこと。それを理解できる人にしか乗れません。

      総評

      これだけのスーパーカーが激安で手に入る。不思議な状態。多くのビンテージ系スーパーカーは価格高騰したのに、何故かエスプリだけはとりのこされている^^;はっきり言っておススメの一台です。部品供給が豊富。古い車なので、単純。故障も少ない。維持費激安。(ハッピー等と付き合わなければ・・・)
      所有感が半端ない車です。所有しているだけでもワクワクできる数少ないスーパーカーです。
      性能はスーパーではありません。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ロータス エスプリ
    • ぶるーぜ

    • ロータス / エスプリ
      S4_RHD(MT_2.2) (1993年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/02/18
      使用目的:スポーツ走行
    • 走行性能

      両手を放して加速しても車がまっすぐ走ります。
      晴れの日は直ぐにABSが作動しますが、土砂降り
      でのサーキット走行ではガンガン攻めれますので
      雨の日のサーキット走行を狙って走ってます。
      リアのダウンホースは、S300のウイングより
      S4のウイング方が9%程効率が良いんです。

      乗り心地

      ターボSEより60キロ程、S4の方が軽量で車高も
      若干上がってますので、乗り心地は全く普通車
      です。

      燃費

      高速で約11キロで市内走行では、9キロ程です。

      積載性

      S4になってから、フロントトランク容量が
      上がっていますので、スーパーの買い物は
      フロントトランクに入っています。
      S4からは、室内容量も上がっていますので
      仮眠は運転席でもできちゃいます。

      故障経験

      ターボSEから280箇所の改善をS4からしていますので、故障は殆どありません。

      満足している点

      コンビニから冠婚葬祭までこれ一台ですんじゃいますので、楽ちんです。
      奥さんもターボSEの時は運転しませんでしたが、S4になってからは勝手に通勤で使われています。

      不満な点

      バッテリーの搭載位置をフロントトランクに
      して欲しいこと位です。
      スポーツカーなのですが、3チャンネル
      ABSなので、4チャンネルABS
      にして欲しいです。
      今時トラックでも4チャンネル
      なので。

      総評

      20点位です。多めですか?

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ロータス エスプリ
    • 梟082

    • ロータス / エスプリ
      ターボ (1980年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/02/17
      使用目的:その他
    • 走行性能

      この大きさでも 
      流石ロータスと言えるかと!!

      乗り心地

      乗り心地??
      ポジションは好きです!!

      燃費

      計測したことはありません
      しかし 悪いとは思えない

      積載性

      何も乗りません

      故障経験

      いたちごっこです!!

      満足している点

      スタイル ハンドリング
      性能としてはイマイチでしょうけど
      運転していると笑みがこぼれます
      しかし 気持悪がられるから笑わない(汗

      不満な点

      ロータスクオリティー

      総評

      一生を共にする車です!!

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ロータス エスプリ
    • esprits1

    • ロータス / エスプリ
      ターボ (1980年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2015/04/11
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      安定感があり、低速トルクもあります。
      NAのエスプリとは、すこし違った感覚です。
      ハンドリングは、過敏すぎず、荷重移動にきっちり応えてくれます。
      他の年式同様、小回りが利き、駐車場の車庫入れなどは、容易です。

      乗り心地

      初期型のエスプリなどに比べると、若干マイルドで乗り心地も良いです。
      シャシ形状がクレイドルタイプに変わったことで、エンジンを応力媒体として使わなくなったため、
      相変わらず振動は伝わってくるものの、単に振動が伝わってくるだけになりました。
      エグゾーストは、それなりに大きな音がしますが、これおやはり爆音!というほどではありません。

      燃費

      リッターあたり6km~8km程度のようです。

      積載性

      開口部が大きいので、大物がつめますが、若干シートが豪華になっているためか、
      初期型よりもきもち狭い気がします。

      故障経験

      電装系の接触不良を起しがちです。
      端子を磨いたり、差しなおしたりで解決する場合が多いですが、
      走行不能になるようなものは、ほぼありません。

      満足している点

      純正でデザインされたエアロパーツは、車体にマッチしていて、カッコよいです。
      初期型でみられた神経質な部分が無くなり、乗りやすくトルクフルになりました。
      総じて扱いやすい車になったと言えます。
      FRPボディゆえ、さびが出ませんので、長期の維持にも向いています。

      不満な点

      初期型の、危険とも思えるような切れ味の良さは、なくなりました。
      その代わり、全体に扱いやすくなっているので、両立しない要素と言えます。
      各部のパーツは、初期モデルに比べると、技術的にはあがっていますが、
      安くなっているパーツも多いです。

      総評

      エスプリは、長く生産されたモデルのため、年式によって設計方針に違いがあります。
      本当に乗る場合は、スタイリングや価格で選ぶのではなく、その方針の差で選ぶべきですが、
      選ぶほど市場の個体数が多くないのが、ゲンジツです。
      S1は、他の年式との共通点が最も少なく、S1専用パーツが多いです。
      個々のパーツもコストも高いパーツが使われていて、もっともレースマシンに近い設計です。
      そのため、ロードカーとして使いまわすのには、不向きな部分が多いです。
      ドライバーの操作には、最も機敏に応えてくれますが、あまりに敏感すぎて、技術の足りない人には、危険かも知れません。
      シンプルで美しいボディと相まって、コレクションとして持つならば、適した1台と言えます。
      S3は、完成度の高い車体です。
      エンジン周辺のエア導入システムももっとも進化したものが採用されています。
      乗りやすく、S1に比べるとマイルドになっています。
      排気量拡大のおかげで、トルクもあります。少しでも多く乗りたいのであれば、このタイプでしょう。
      ターボは、もっともパワーがあり、空力パーツも装備されています。
      リアウインドも、ルーバーになっていて、視界も悪くありません。
      エアの導入口などは、ちゃんとした機能パーツになっています。
      カッコいいので、スタイリングで選んでも良い選択と言えるでしょう。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ロータス エスプリ
    • esprits1

    • ロータス / エスプリ
      S1(TYPE79) (1975年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2015/04/10
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      このあたりが丁度良いという巡航スピードは無く、どこまでも速くなる車です。
      1.86mもの横幅の割に、見切りがよく、扱いやすく、街中でもてあます類ではありません。
      市街地ののろのろ運転なども、意外に上手く対応してくれます。
      その垢抜けたスタイリングは、古さを感じさせず、意外なほどの実用性も備えています。

      乗り心地

      自重が軽いため、タウンスピード程度では、どうしてもハネがちです。
      わだちや凹凸によって、ドライバーは上下左右にゆさぶられてしまいます。
      そうした理由で乗り心地はそれなりではありますが、決して悪くはありません。
      速度を上げてゆくと、だんだんとハネなくなってきます。
      160km以上からが、エスプリの本当の姿と思ってよいでしょう。
      この速度域になると、スムーズで滑るように走ってくれます。
      この速度で巡航できる場所が、国内にあるとは思えませんが・・・
      停車中は、エンジンの振動がフレームをとおしてモロに伝わってくるため、
      いろいろとタイヘンです。

      燃費

      リッターあたり7~8km程度です。
      高速巡航であれば、もっと稼げますが、巡航できる場所は多くはありません。

      積載性

      ほとんどゼロです。
      と思いきや、そうでもありません。
      ドアの開口部が大きいので、純粋に荷物を積むのであれば、助手席に結構大物が載せられます。
      シートを1脚丸ごと入れて運ぶこともできます。
      ありがちな積み方ではなく、パズルのように考えると、積みやすいです。

      故障経験

      ありとあらゆる故障を経験させてくれます。
      ウォーターポンプの水漏れ、クラッチマスター、レリーズ抜け、ブレーキマスター抜け、
      エンジンマウント破断、持病のインプットシャフトスプラインなめ・・・
      動くうちは故障とは思わなくなります。

      満足している点

      美しいスタイリングと、レーシングエンジンのサウンド。
      そのスタイルは、20年乗っていても飽きることがありません。
      一見平面に見える場所も微妙なアールがついていたり、空力を生かせるような配慮がしたあったり、非常によくできています。
      また、エンジンは、非常にパワーがあり、調子の良い個体は、メーカー公表値を軽くオーバーする出力を発揮します。
      ハンドリングの切れ味も素晴らしく、街中で過敏すぎず、高速では操作に精密に応えてくれます。
      走っている限りは、最高のハンドリングマシンです。
      見た目からは想像がつかないほど、取り回しがよく、駐車場などでも困りませんし、
      最低地上高も確保されています。

      不満な点

      空力がよいために、走行中に窓を開けても風は入ってきません。
      止まっていると、冷却がきつかったり、エンジンの振動や熱が凄くて、気が遠くなります。
      間違いなく、とまっているときは、最低のクルマです。
      また、車高が低すぎて、前がよく見えません。
      リアウインドが寝ているため、雨の日は、ウインドについた雨粒のせいで、後ろが見えません。
      排気音は音痴ではありませんが、あまりにも爆音なため、夜中は市街地では起動できません。

      総評

      飛びぬけた性能を持っている部分があり、そうした部分では、どんなクルマと比較しても素直に素晴らしいと評価できます。
      その反面、苦手な部分も多く、全部で合格点は取れません。
      とがった性質のクルマです。
      メカニカル的には全くのレーシングマシンで、一部競技用車(つまりF1です)と同じと思われるパーツも使用しています。
      エンジンやミッションを応力媒体(フレーム)として使っています。
      維持や整備には、それなりの知識や技能を必要とします。
      マニアックなクルマですが、その方向性と合う人間には、他では味わえないものを見せてくれます。
      クラシックロータスの集大成、まさにロータスの精神と言えるクルマです。
      オーナーになるときは、その個体を「くどきおとす」つもりでどうぞ。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース