ロータス ヨーロッパS

ユーザー評価: 3.46

ロータス

ヨーロッパS

ヨーロッパSの買取情報を調べる

クルマレビュー - ヨーロッパS

  • マイカー
    ロータス ヨーロッパS
    • birth1

    • ロータス / ヨーロッパS
      不明 (発売年月不明)
      • レビュー日:2021年1月16日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 1

    • デザイン5
    • 走行性能1
    • 乗り心地1
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    FRPボディ、軽量高剛性アルミバスタブフレーム、4輪Wウィッシュボーン、4輪ディスクブレーキ、ABS、2Lターボエンジン。
    これらを全て満たす車が他にありますか?ありませんよね?
    唯一無二です。1t未満の小型軽量な、MRレイアウト2Lターボ車です。可能性しかないバトルマシンです。可能性しかありません。
    不満な点
    可能性しか無いので、全てはお金と知識とそれらを実現出来るお店かオーナー様の技術力に依存します。
    そうでなければ、エキシージより重いくせにエキシージよりパワー無い駄作です。頑張って本来の性能を引き出してください。
    ロータスが渾身のデチューンを施してます。純正状態が走行性能の下限です。頑張って純正状態を「台無し」にして、「ロータス車」としてのスタートラインを目指してください。
    総評
    エリーゼ、エキシージ以上に「スターターセット」です。
    公道を合法的に走れるようにしました。それだけのパッケーングなので、純正状態のままですと車本来のパフォーマンスの1割も出せてないと思います。残り9割を引き出そうとすると、V6エキシージが変えてしまうので、そっちを買った方がコスパは良いです。
    究極的にはV6より200kg軽くて小さくて、同じ350馬力が出る車になります。それだけの素材で構成されています。お金がべらぼうに掛かりますが。
    デザイン
    5
    エヴァイアをデザインした方が手がけています。
    ダッヂEVはプロトンスポーツコンセプト等、色やバンパーが変わるだけでガラッと印象が変わります。
    走行性能
    1
    純正だとダメダメです。純正タイヤはグリップしない2万円する輪ゴムです。捨ててください。サスペンションは直線加速でスリップするほどトラクション掛かりません。捨ててください。
    上記2つを変えると車が変わります。激変します。ようやくロータスの始まりです。そこまでやって0スタートです。
    乗り心地
    1
    純正だとダメダメです。
    純正の足回り一式刷新してください
    積載性
    3
    良いです。
    開口部はエリエクの2倍はあります。
    中のスペースも1.5倍はあります。
    燃費
    3
    サーキット走行で5-6km
    下道で10-12km
    高速道路で15-16km
    価格
    5
    高い
    フルノーマルだと200万円くらいが妥当です。
  • マイカー
    • xOLDman

    • ロータス / ヨーロッパS
      ヨーロッパS_RHD(MT_2.0) (2006年)
      • レビュー日:2020年8月30日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    斜め前からの見た目。
    国内販売台数は100台ちょっとのレア車。販売終了から10年ほどたっているので現存車は100台無いだろう。
    車検証で重量が1,000kgなので重量税が安い。排気量も2,000ccなので自動車税も普通。
    不満な点
    後ろ姿。センター出しのマフラーはあまり好きではない・・・
    リアヘビーのクルマなので、高速走行時のフロントの接地感が少し不安になる。
    フロントタイヤが選べない!(175/55R17)ホイールも選べない!(PCD110/5H)
    総評
    スポーティーカー好きにおすすめの車。
    基本的にFFベースのクルマで、最新の電子制御等もないので故障も少なく、輸入スポーティーカーとしては維持費がかなり安く済む。
    視点が低いのでゆっくり走っていてもそこそこスピードが出ているように感じるのも良い点。
    走行性能
    無評価
    995kgに200馬力なので加速はそこそこイイ感じ。山道等の曲がりくねった道を走るのが楽しくなるハンドリング。
    乗り心地
    無評価
    バケットシートはクッション材が少ないが乗り心地はそれほど悪くない。
    積載性
    無評価
    見た目に反してそこそこ広いトランクがある。基本1人でしか乗らないので助手席=積載スペース。
    ホンダS660よりはよっぽど実用性のある車。
    燃費
    無評価
    スポーツ走行すれば10km/Lいかないだろうが、街中を流したり、ツーリングでそこそこ距離を走る場合は13km/L前後行ったりするのでそんなに悪くない。
    故障経験
    ・持病のラジエーターの水漏れ(前の所有者の時に対策済みだった)
    ・左側のライト(ロービーム)切れ
    ・バックライトのスイッチが故障
    くらいでこの手のクルマとしては少ないと思う。
  • マイカー
    • birth1

    • ロータス / ヨーロッパS
      ヨーロッパS_RHD(MT_2.0) (2006年)
      • レビュー日:2020年8月26日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    (まず第1に、ホイール、サスペンションを交換しています。)

    ロータスにおける、「乗用車」にカテゴライズしても良いほどにハンドルが軽い。クラッチも軽く、所謂「足車」として用いれる程に操作が軽く、ノンパワステである事を忘れさせます。
    それでいて、いざ入力が入るとハンドルからダイレクトに路面の情報を伝えてくれる辺りは流石ロータス。クイックに、だけども入力に比例する形で応答が返って来るので、所謂「遊び」がある事も長時間運転する事を苦にしにくい。「GTカー」としてのこの車の特徴です。
    不満な点
    (第1にホイール、サスペンションを交換しています。)
    現在のS3エリーゼと比較して、パワー不足は否めない。(200psvs220ps)
    また当然の事ながら、チューニングについても前例が殆どないことから、パワーを上げようにもエリーゼ以上にブローの危険性が高い。225馬力に上げる手段、所謂「225キット」についても殆どのディーラーが内容を把握しておらず、在庫も無い2020年現在はノーマルで大事に乗るのがベスト、と非常に面白くない車である。

    としか言いようがない。
    総評
    いや、ホイール、サスペンション交換してようやく「車」になったというか、「自動車」になったというか、「人が運転する車」になったというか。とにかくそんな感じです。
    購入時、総走行距離2万キロ以下と当時では破格の上品でしたが、既にサスペンションが抜けていたのか、そもそもこんな乗り心地なのか、筆舌にし難い乗り心地は高速道路では繋ぎ目に合わせてハンドルを持っていく、ワインディングではギャップに応じてハンドルを持っていく(右に曲がってるのに完全に左に持っていく)、下道では水溜まりに、轍に、コンビニの入口の段差でハンドルを持っていき、車が潰れるような音を演出しておりました。ふざけているのか。
    犯人はサスペンション、と言いたいところですが残念ながら複数犯の犯行。純正タイヤがグリップの無さとサイドウォールの硬さから最悪のロードインフォメーションを提供。重たい純正ホイールが純正クソタイヤの変更を許さず、長期に渡って手厚いクソ環境の固定に貢献、クソ純正クソサスペンションが「当たりは強く、後は流れで(クソデカロール)」という相撲業界の膿を思わせるハンドリングでドライバーを感動させます。なんだこのクソ足回り。

    逆に言えば複数犯のコンビネーションで発揮されるハンドリングなので、どれか1つでも変更すれば劇的に乗り味を改善することが出来ます。まず足回りから「純正」の2文字を排除しましょう。ホイールは探せば幾らでもあります。それに合わせ新型の、グリップも転がり抵抗も静粛性も格段に良く、値段も安い今どきのタイヤにしましょう。それだけで随分と変わります。だって世界で1番素直な、ロータス謹製アルミバスタブフレームなのですから全ての改善を余すことなく、ドライバーに伝えてくれます。その中でも、1番大きな改善案はサスペンション交換であることは最後に述べておきます。
    走行性能
    無評価
    (ホイール、サスペンションを交換しています。)
    当時のロータスとしては重い車重。今はアルピーヌA110、4Cと比較しても軽く、同じGTカーとしては最軽量な車体から繰り出すコーナリングは間違いなく「ロータス」。強力なブレーキでピタッと止まって、クルっと回ってドカン加速!ではなく、フラフラと侵入し、ヨタヨタと加速していく、所謂「ヒラヒラ感」と上手く付き合っていく乗り方が試されます。エンジンパワーに物を言わせるのではなく、アベレージスピード上げていく乗り方ですね。
    足回りを固めて行くと、いよいよもって『ハンドリングByロータス』が姿を現すのも特筆です。前述の「ヒラヒラ感」はあくまで柔らかめの足での話。足を固め、速度域を上げていくとエリーゼよりも重い車体は逆に高速時の安定感に寄与し、比較して長目のホイールベースも相まって不安感は無くなります。それでいて車重1t未満から繰り出されるコーナリングは、物理的法則に則りパワーで勝る現代の車と遜色ない楽しさを味わえるでしょう。きっと。
    乗り心地
    無評価
    (第1にホイール、サスペンションを変えています。)
    …変えてたら意味ないよねぇ?
    パーツレビュー見てくださいって感じ。
    ただ言えるのは、純正の足回りは現在のS3のエリーゼの10倍は『酷い』。
    積載性
    無評価
    燃費
    無評価
    ゆーっくり高速道路を走って12-13。
    下道オンリーだと10-11。
    飛ばすと最悪8-9当たり。パワーの割に燃費悪し。
    故障経験
    色々

    年1でパワーウィンドウのスイッチが壊れる。(しかも夏場)
    スピードメーターが微動だにしない。
  • マイカー
    ロータス ヨーロッパS
    • birth1

    • ロータス / ヨーロッパS
      不明 (発売年月不明)
      • レビュー日:2019年8月10日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 2

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ターボ車とは思えないレスポンス。
    ただ一旦ブーストを落ち込ませると吹けなくなる現象有り。
    ピークトルクが2000回転とそこまでハイブースト、ビッグタービンではないことからターボラグではなく単なる設計ミス、構造的欠陥と言える。
    要ブローオフバルブ。
    不満な点
    ブレーキが効かない。全く効かない。よくこんなんでリリース出来たなロータスとブレーキを踏むたびに叫ぶ。
    くるッと回ってドカンという乗り方じゃなくて、ロータス特有のヒラヒラ感で乗るとのこと。
    ちなみに同じような重量のS3エキシージはフロント235のタイヤに4ポットキャリパー積んでます。
    純正ホイールに合うフロントタイヤのサイズがない。じゃあホイールを変えようと思っても、PCD1105Hなんてサイズは無い。というかオフセットとかを考えるとオーダーメイドしかない。10年前にオーセンティックカーズさんでホイールが出ていたが、2019年現在また生産してもらうことは不可能。
    全世界456台のヨーロッパSオーナーが集まれば作れるよきっと。
    上記のホイールを始めアフターパーツが無い。少ないじゃなくて無い。以上。シャシーが流用だからエリーゼ、エキシージの使えるんじゃないかって?残念サスペンションすら角度が違うから最悪折れる。
    ていうかサスペンションが…
    ロールはする癖に当りは固いとかいうサスペンション。一応はビルシュタイン。だけど高圧ガス式の所謂純正脚。オーバーホールも出来ません。そういうレベル。
    225馬力モデルあったじゃん?普通のヨーロッパSも出来るよね?
    ディーラーA「出来るよ」
    ディーラーB「出来ない」
    ディーラーすら把握出来てない部分多々有り。
    エリーゼ、エキシージと共有できる部品?
    無いんじゃない?ディーラーさんですら分かってない。やったことがないから。なんでやったことがないかって?そんなことを要求してくるお客様がいなかったから。
    総評
    この車買うくらいならポルシェ買いましょう。
    良いですよ、ポルシェ。
    乗り心地は良いし、車内は静かだし、ブレーキはよーく効く。なんたってポルシェですもの。
    おまけにボディサイズもそこまで大きくないからケイマン・ボクスターなら峠も気持ちよく走れる。トルクフルなフラット6(4)で6速で登れちゃう。最高。ボクスターなら電動ルーフだし。
    おまけにフロントに大きな収納スペースがあるから旅行でも安心。如何ですか?ポルシェ。お勧めの車です。

    冗談(上段)はさておき、
    ここから個人の意見。
    ロータスは「育てる車」と言われています。
    現在も一部の限定モデルを除き、エリーゼはサスペンションやホイールを始めとした足回り。
    エキシージも更なるパワーアップとそれに耐えうるアフターパーツが豊富にラインナップされています。
    新車時点での状態はあくまでも「スタート」であり、「完成」ではない。
    または価格、サイズに見合わない基本骨格(FRPボディ、高剛性アルミフレーム、4輪Wウィッシュボーン)を備えた素性の良さを評価する車です。

    その点でヨーロッパSはアフターパーツが今現在も無いこと。
    また、ベースとなるエリーゼよりも重いのにサスペンション、ブレーキが流用されている等(ブレーキは225モデルで強化)ロータスの得意とするスポーツ走行面での強化が不十分という点が影を差します。
    これはあくまでも街乗りを重視した結果と言われていますが、前述の通りとても快適とは言えない足回りがついてまわります。
    目指した場所はGT、されど基本はピーキーなハンドリングマシンなため、折角の長所がスポイルされてしまったような感覚を覚えます。
    この車の後継機はエヴォーラになると思われますが、ヨーロッパSよりも更に一回りも大きくなった大柄のボディにパワフルなエンジンを乗せていることから、ヨーロッパSの「結果」を見受けての「昇華」と見受けられます。
    以上、1オーナーの感想です。
    走行性能
    無評価
    パワーウェイトレシオ5という数値から200馬力とは思えない加速を見せてはくれる、たぶん。
    純正タイヤ(RE040)のままだとフロントは固くて得意な筈の高速道路でふわふわタイムなのでさっさと195幅のタイヤにしましょう。
    リアも冷えてると交差点でスピンするとかいうAW11ばりのクラッシュギアなのでさっさと交換しましょう。
    峠には乗っていかないでください。
    サーキットにはもっと乗っていないでください。
    何故か。ブレーキが効かないから。
    何故か。タイヤのグリップが圧倒的に足りてないから。さっさと195幅のタイヤにしましょう。パッドもフェロードとかパジッドとかにしましょう。
    乗り心地
    無評価
    ロータス

    と言う名前の割には悪くはない。
    純正シートの座面クッションはふわふわだし。
    ただ真っ先にサスペンション変えるべきというのはエリーゼ、エキシージと一緒なので変えましょう。
    アラゴスタだと快適重視とストリート重視の2種類ラインナップがあります。
    ロータスユーザーシェア率No1のナイトロンも適合があります。
    積載性
    無評価
    エリーゼ、エキシージと比べると良い。
    流石ビジネスクラスGTだ。
    ポルシェの半分くらいは積めるぜ。

    皆さん、ポルシェ買いましょう。
    (新車当時の値段のライバルは初代ケイマン)
    燃費
    無評価
    軽いこと、エコテックエンジンっていうダウンサイジングターボの走りみたいなエンジンなので思いのほか良い。10〜12kmほど
    故障経験
    メーター不調。壊れたら代わりはないよ。
    トランク開けるレバーのワイヤー脱落。構造的欠陥。
    リモコンじゃなくて鍵でロックを開けようとすると、シリンダーがロックなのにリモコンキーのシステム的には開いてるとかいう糞みたいな現象が起きる。構造的欠陥。
    リバーススイッチ故障。部品代だけで1万円以上。雨の日は乗っちゃだめ。
  • マイカー
    ロータス ヨーロッパS
    • birth1

    • ロータス / ヨーロッパS
      不明 (発売年月不明)
      • レビュー日:2018年2月11日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    満足している点:全て
    不満な点
    不満な点:駐車券が取れない
    総評
    素晴らしい
    走行性能
    無評価
     乗り心地と呼ばれるあくまで主観的な感覚には障るものがあります。
    またパワーステアリングがないこと、車体が軽いことから高速道路では小さなバンプの全てを広い、明後日の方向に飛ばされるような感覚覚えます。もしそれら全てを笑って受け入れられるなら、それはきっと失われていた運転神経をリハビリで取り戻すようなことだと言えます。
    乗り心地
    無評価
    硬い
    積載性
    無評価
    人が二人とビジネスバッグを積める
    燃費
    無評価
    6速MTのおかげでそこまで悪くはない

前へ123次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース