マツダ アテンザワゴン

マツダ

アテンザワゴン

アテンザワゴンの買取情報を調べる

fcl. 【fcl.】 55W 純正HIDパワーアップキット(D2/D4対応)  - アテンザワゴン

評価 : 

2019年06月05日

fcl. HIDパワーアップキット

D2用55Wバラストと55W対応バーナーのセット商品。
メーカーの適合表には書かれていませんが、先人さんの言うとおり、バラストは「タイプB」がGJアテンザ前期型のHID仕様車にポン付け可能です。
バーナーの色温度は6000Kと8000Kから選べて、メーカー直販だと4300Kもあるようです。

前期型純正HIDのD4タイプは水銀不使用という意味では素晴らしいのですが、同じワット数でもD2タイプに比べてどうしても暗い。
ハイビームでの光量も田舎道では不満だったし、後続車の明るいヘッドランプに照らされて前方に自車の影が出来ると運転しづらいのなんの。
メーカーの謳い文句「2倍の明るさ」は伊達じゃなく、ようやく本来あるべき明るさになったと思います。

ところで「ハイワッテージにより光量も紫外線も増えて紫外線焼けを起こす」というのが巷で出回っている伝説ですが、
「ハイワッテージにより光量は増大するが、紫外線は減少している」という実証実験がみんカラ整備手帳にUPされていたため導入を決意しました。

熱の問題が残りますが、溶けるとしてもプラスチック製リフレクターの場合であり、ガラス製プロジェクターには全く影響は無いと思います。
プロジェクターやヘッドランプ本体には半年間の使用で不具合は何も起きていません。

同社製品のバルブが4年で3球切れたという事例をみん友さんが教えてくださいましたが、今のところは大丈夫です。
そんな短期間で切れても困りますが、切れたら次回は4300Kにしようかな♪

・取り付け方法は整備手帳にUPしています。
・バラストはD2用のため純正D4バーナーは使用出来ません。
・HIDの理論上、D2用なら35Wバーナーも使えなくはないとは思いますが、取付部分の耐熱性を考慮すると55W対応設計を謳っているバーナーの使用が無難そうです。
・メーカーの謳い文句「2倍の明るさ」の証拠はフォトギャラリーにUPしています。ご参考までにどうぞ。

みんカラオフィシャルページ : https://minkara.carview.co.jp/userid/2632543/parts/

や な ぎ

や な ぎ

マツダ アテンザワゴン

歴代ミニバンからステーションワゴンに、歴代ATからMTに、軽油からガソリンそして再び軽油に、そして歴代トヨタからマツダ乗りになりました。 改造も整備も出来る限りDIYで。パッと見は純正だけど実は…が好物♪ 学生以来の趣味、酷道と車中泊でどこまでも…が快適な仕様にしています。 弄りの方向性は電装系や純正流用が目立ちますが、アテンザに乗ってからオーディオ・デッドニング・アーシング・LED化・多少の外観弄りに目覚め、遂には足回りまで…出会いって素晴らしい! そして2000年代後半の原油高騰の煽りを受けて始めた低燃費走行ではエスティマでカタログ値11.0km/L+56%の17.21km/Lを、アテンザでカタログ値22.2km/L+19%の26.41km/Lをそれぞれ北海道道東で叩き出しました。 誤解されがちですが、低燃費走行≠ノロノロ加速。勢いつけると燃費良いからって意外と飛ばしているらしいですよ(見た人談w)(^_^;) 気が向いたらクルマもみんカラもイジってます。宜しくお願い致します!

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース