マツダ アクセラセダン

ユーザー評価: 4.29

マツダ

アクセラセダン

アクセラセダンの買取情報を調べる

クルマレビュー - アクセラセダン

  • マイカー
    マツダ アクセラセダン
    • スカイライン V35

    • マツダ / アクセラセダン
      20E(AT_2.0) (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2020/05/04
      使用目的:通勤通学
    • 故障経験

      5年間故障知らずです。

      満足している点

      走りも楽しく装備も充実して想い出いっぱいの車です。

      不満な点

      特になし

      総評

      高速も安定して走りました。
      山道ではバトルシフトのおかげで走りやすかったです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 家族所有
    マツダ アクセラセダン
    • ソファの王様

    • マツダ / アクセラセダン
      セダン 15S Lパッケージ(MT_1.5) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2020/04/14
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ハンドルがクイックに切れるため、かなり扱いやすい車だと思います。
      しかし、ファーストとセカンドの差がかなり大きいようで、そこそこの急坂でセカンドに入れるとエンストしてしまうのが難点です。

      燃費

      13km/Lほどでしょうか。満足です。
      燃費を上げる方法があれば、教えてください。

      満足している点

      トルクはありませんが、エンジンを高回転まで回すと気持ちの良い加速をします。
      また、ハンドリングも非常に良く、山道や峠道等でも気持ちの良い運転ができます。
      エンジン音は1.5Lながらも非常に気持ちの良い音がします!

      不満な点

      視界が狭いため、車両感覚をつかむのに苦労しました。また、横幅は1800mm近く、一般車の中では比較的大きい部類に入るかもしれません。
      車内の音漏れ・ロードノイズがかなり大きいです。
      静寂とは言えない(タイヤのせいも大きいとは思いますが)車だと思います。

      総評

      初心者が一番初めに乗る車としてはお勧めできるものではありませんが、少し慣れてくると非常に楽しい車だと思います。
      1.5L NAエンジンであるため、トルクがなくランエボやWRXのような加速感はないですが、エンジンを使いきれる気持ちよさがあります。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    マツダ アクセラセダン
    • LR'sCARLIFE

    • マツダ / アクセラセダン
      セダン 15S(MT_1.5) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2020/03/02
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      オーバーステアを感じるくらい限界で攻めたことはないのでわからないけど、ちゃんと曲がってくれる。車の限界を超えた路面(アイスバーン)ではタックインで乗り切れた。
      適度に路面状況つたえてくれて、雪やアイスバーンもステアに状況が伝わってきやすかった。
      実際、「あ、これ止まれんわ」ってステアとタイヤから感じて、オカマ掘る前に退避できたことが何回かあった。

      乗り心地

      硬め。
      でも不快な突き上げとかはほとんどなし。
      同乗者、よく寝ます。

      燃費

      後半は通勤のみだったので夏平均13、冬平均11くらい。
      流れの良い幹線道路や高速なら20いった。(カタログスペックより上

      積載性

      セダンタイプなので、ご存知の通り。
      積載性はハッチバックのが上かな。
      トランク単独だとセダンだけど、大きい荷物だとちょっとね。

      故障経験

      なし。

      満足している点

      ドラポジが最高すぎる。
      当方178cmで股下88cmくらいなのですが、ペダルが奥にあるため、足元が窮屈にならない。
      運転で疲れない、腰が痛くならない車、すばらしい。
      値段の割に内装が高級感ある。
      3ナンバーだけど、慣れれば車両感覚がつかみやすい(ただしバックカメラはあったほうがいい
      ステアの適度な重さ、適度な足の硬さ、適度な回頭、応答。
      当たり前に運転できる(ストレスフリー)ところ。

      不満な点

      唯一、ずっと不満だったのは出足のかったるさと低速ギアのつながりの悪さ。
      ギアレシオのせいで1→2にストレスを感じる。
      2000RPM以下ならいいが、ひっぱると2につなげるストレスを感じる。(回転落ちを待たないといけない)
      シフトフィーリングは当初微妙かと思ったけど、こなれてきたらコクコクと決まっていい感じになった。(シフトノブを重めのRX-8用のものに交換していました

      総評

      出足のかったるさと低速以外はパーフェクトと言ってもいい出来だった。
      乗り換えて思ったのは、ロードノイズもある程度おさえられていて、意外と細かいところしっかりしてたんだなって思った。
      流石ですマツダさん。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • 黒岩軍団

    • マツダ / アクセラセダン
      15C(CVT_1.5) (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2020/02/14
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      ・流麗なスタイリング。画像の斜め後ろの姿がカッコいいと思う

      ・1.5なのでパワー感はないが、必要十分な動力性能。何よりも運転が楽しい

      ・絶妙な重さと質感のパワステ。油圧時代の末期の物なので熟成されている

      ・10年たっても衰えないボディ剛性。トランクを閉めるたびに実感

      ・決して広くはないが、しっかりと造りこまれた前後のシート

      ・外観からは想像もつかない広大なトランクルーム

      ・塗装のインディゴブルーマイカは、マツダではこの世代のアクセラ唯一の物。派手過ぎず暗すぎず良い色合い

      不満な点

      ・低速での市街地走行では、乗り心地が少し硬い。

      ・ブラックの内装はやや愛想に欠ける

      ・燃費。好調時で13㎞、夏冬エアコン下では10㎞ギリギリのライン

      ・アホ丸出しの自動センサーワイパー。とにかく使えない。時間間欠モードが欲しい

      総評

      2000年代のマツダは「Zoom Zoom」のコンセプトを前面に、愚直に打ち出してきました。これはその後期の傑作です。
      このコンセプトの土台が固まって、2010年代のSky-Active路線に繋がっていったのだと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • 雪乃7150

    • マツダ / アクセラセダン
      セダン 15S(AT_1.5) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/08/16
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能


      運転は非常にしやすいと思います。まさに自分にピッタリ合ったクルマだなぁと思っています。

      アクセラにはMT、ハイブリッド、ATと3種類のトランスミッションがあり、ATのアクセラを楽しむ秘訣は、この『マニュアルモード』にあります。


      これが非常に使いやすく『+が手前、-が奥』というのがポイントだと思います。

      これはずっと駆使していく上でしか掴む事はできない、走り方、扱い方、考え方が存在します。
      具体的には、遊び方を自分で編み出すことの楽しみ方です。
      そうでなければ、ここまで長く乗ることは不可能だったと思います。

      乗り心地


      色んなパーツを付けていながら、車高には手を付けていないこともあってか、乗り心地は非常に良いと思います。
      特に街乗りで50~60程で走っている時は最高に気持ち良く運転できます。
      1500故の軽さがとても生きているのだと思います。

      燃費

      色んなパーツを付けているので燃費は徐々に下がり気味です。最近は14kmほどですが、おとなしく乗れば燃費は17km程に向上します。

      積載性

      トランクの奥行きは十分の広さがあります。特に困ったことはありません。
      後部座席をフラットにすれば、足を伸ばして寝る事ができ車中泊として重宝します。

      故障経験

      最近は運転席側のドアロックの誤作動が酷くなってきました。ロックを解除してドアを開けた時に頻繁に起きます。
      なんとか手を打ちたいところ。

      満足している点


      そのスタイル、デザイン、走りの気持ち良さ。
      不満な点が無い事はないけども、そんな事はどうでも良くなる程の、魅力がたくさん詰まった最高のクルマだと思います。


      街中にアクセラが停まっていれば、ついつい目で追ってしまう…そんな経験を何度もしてしまう欧州車にも決して引けを取らない、自慢できる美しいマツダのクルマだと思える点です。

      あとは高回転時のエンジン音がクセになります。
      マニュアルモードを駆使して、1~3速の間で5000~6000回転程ぶん回します。
      すると同社のロードスターを彷彿とさせる勢いのついたスポーティな快音を楽しむ事ができます。

      これはXDやハイブリッドではまず再現できない、ガソリンの1500ならではの楽しみ方です。小さな排気量のエンジンを使い切る運転ができるという事がこんなにも快感なのかと教えてくれるのです。

      不満な点


      1500故の非力感がどうしても現れてしまう点。
      特にエアコン使用時や、坂道に差し掛かった時が多い。

      でも、だからと言って降りようなどとは思えません。なぜならそれも楽しさに直結する一部でもあるからです。
      不満な点は、楽しさを引き立てる役目でもあるのです。

      このアクセラの姿を見て、手放そうなどとは到底思えません。

      総評


      このアクセラセダンの魂動デザインは、とてもよく考えらて造られているため、その美しさや良さを維持したくなり、そして所有することで愛着も必然的に沸くので、いつまでも大切にしようと思えてきます。

      本当に見事です。この点は非常にに大きいと思います。

      このクルマに乗っていると、とても活気が湧いて来るのです。ついつい走り過ぎてしまう程に。

      連休には滋賀県に住んでいながら、いつの間にか青森県に行ってしまったこともありました。


      最初は年間25.000km
      徐々に年間30.000kmへ

      段々走行距離がおかしいことになり、
      年間45.000km代…

      現時点で約4年半150.000kmを超えてしまいました。


      乗れば乗る程楽しさが分かって来るのです。
      そんな事を感じれるのがこのアクセラセダン。

      長く12時間以上も連続で乗っているとさすがに疲れてしまいますが、帰った頃にはまたどこかへ出かけたくなるのです。

      そんな魔力ともいえる、楽しさがこのクルマには詰まっていると思います。
      乗って楽しく、見ても楽しい、語っても楽しい最高のクルマだと思います。

      『人馬一体』
      『Be a driver.』
      マツダは何も嘘を言っていません。全て事実でした。アクセラでこれを全て体感できます!

      まだまだ乗っていきたいと思います。
      これからもピカピカの新車の様な輝きを維持して、見た目と走行距離のギャップが激しい、他には絶対見られないレアなアクセラセダンを創り上げていきたいと思いました。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース