マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)

ユーザー評価: 4.41

マツダ

アクセラスポーツ(ハッチバック)

アクセラスポーツ(ハッチバック)の買取情報を調べる

☆高評価!バランスの良い仕上がり☆ - アクセラスポーツ(ハッチバック)

マイカー

☆高評価!バランスの良い仕上がり☆

おすすめ度: 5

満足している点
見た目の欧州車テイストがまずGood!
ここ最近のマツダ車のデザインにほれ込みました。
デザインだけでなく中身もとても好印象。

運転姿勢が自分に合っている。特に足元のペダル類の配置が考えてある為、運転姿勢がよじれない。
i-DMにより正しい運転をすることを日常化することで事故を防ぐ運転技術向上が望めます。

2.2Lと比較されると書きましたが、1.5Lのディーゼルターボはなめてはいけません。
かなりメリハリのある走行ができてしまいます。
乗っていて楽しい、人馬一体となれるように運転技術の向上を目的に運転することも楽しい。
そんなグループに入りました。
https://minkara.carview.co.jp/group/iDMs/

見た目に存在感があるため、ゆっくり走っててもよく振り返られます。
友人には外車や高級車扱いされます。
何かと話のネタになる車です。
不満な点
マフラー音がおとなしい点(当たり前)
しかし、加速時には元気のよく心地よいサウンドです。

初めて試乗する際には前方の距離感がつかめません。慣れるまでの間でしたがw
総評
今までマツダ車を検討はしたものの、何かが足らなかった印象でした。間違った情報をうのみにしていたこともあります。

最近のマツダ車のヨーロピアンテイストな見た目やディーゼルエンジンへの取り組みにも共感しています。

とにかく運転席に座るとワクワクする車です。


ネット情報等を見るだけで評価するものではないと思います。

乗らずして評価できるのは評論家。

乗ってからどう感じるかが大切。

この記事を見ている方は不安な方が多いと思おますが、私もそうでした。

結局は実物を目で見て感じる。
煤問題などのネガキャンを真に受けるべからずwww


まずは強く試乗をお勧めします。
これ非常に大事!


走行性能
無評価
1.5Lディーゼルターボの必要最低限のパワーとトルクと安全装備が充実している点がポイント。

低速から高速のすべての領域においてアクセル操作がしやすく、ハンドリングも滑らかで運転がうまくなった感覚になります。

つまり街中~ワインディングまで各々のシチュエーションに応じた運転ができます。

22XDとよく比較されますが、パワー&トルクは全く違いますので、数値で比較するより実写で判断されることをお勧めします。正直なところ別物です。

それとひとつ感じた点。
私は元々片手運転が日常化しておりましたが、アクセラ乗車をきっかけに両手でしっかりステアリングを持つようになりました。
さらに安全運転やGのかかり具合といった点まで興味が出ており、車としてのみならず自身の運転技術の向上にまで発展しています。



乗り心地
無評価
評価の分かれるGVCについてはあまり車を乗られない方には体感不可能でしょう。
前車では毎日100km前後走行していたので、今回、試乗ではっきりと体感できました。

エグゼのダウンサスを導入していますが、純正との乗り心地の変化は多少ありますが、外車に近い少し硬めの設定をしているため、安定感がある。

Lパケの為シートポジションの細かい設定もできるため、ここに応じたポジションを選択できる。

妻子を後部座席に乗せることが多いのですが、妻からは高評価。
横Gを感じにくく、加速も滑らか、振動が少なく、静かな車内との事。

積載性
無評価
基本的に必要十分の容量です。
リッター単位で判断するものではありません。

ベビーカーは問題なく入ります。
沢山ものを積みたい方はワゴン車をどうぞ。

個人的にあまりたくさん物を積むことが無いので最低限でOK
燃費
無評価
田舎道&山道にもかかわらずGood!
純正18インチ、TOYOタイヤで
最低16km/L
最高24km/L

一概には燃費の良し悪しをお伝え難いのですが、
要は燃費走行を使用と思えばいくらでも数値は挙げられます。
逆にスポーツ走行をしていると燃費は下がりますが、さすが最新の車だけあってそこそこいい数値が出ています。

現在はスポーツタイヤと軽量ホイールで大方17km/L

マツダ車は基本的にカタログ燃費に一番近いメーカーと認識していたので、想定通り。

ただ、DPFの再生間隔にも燃費は左右されます。

街乗りメインだとDPF再生頻度を考えるとディーゼルの恩恵が少ないのでガソリンタイプがおすすめ。

以下DPF再生記録
https://minkara.carview.co.jp/userid/1002558/car/2303371/4036750/note.aspx
故障経験
故障ではありませんがグリル内のエンブレムに雪がくっついたり、フロントガラスが汚れるとセンサー類が働かないことがあります。

ただ、安全運転への補助的な機能なので一番大切なことは、自分自身の運転技術に過信せず、車間距離を置いて安全運転することです。



レビュー一覧へ

レビューを投稿する

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース