マツダ カペラワゴン

ユーザー評価: 3.91

マツダ

カペラワゴン

カペラワゴンの買取情報を調べる

クルマレビュー - カペラワゴン

  • マイカー
    • 名古屋505す1994

    • マツダ / カペラワゴン
      SV(MT_1.8) (2001年)
      • レビュー日:2019年9月14日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    同型セダンに比べ、Aピラーの角度が立ち上がっており、また着座位置は25mm高くされている。アップライトな運転姿勢を取ると大変良好な視界を得られる。ステーションワゴン型として、スタイリングについては好みの問題もあるが、サッと座った際に得られる感覚として「開放的である」と言えるのはこの時代までではないだろうか。
    不満な点
    多彩なシートアレンジをアピールポイントとしていたカペラワゴンであるが、このSVグレード(最廉価グレード)の最終型に限っては、後席のスライド・リクライニング機構が省かれている。ドライバーの立場としては、後席居住性にこだわる場面というのは案外少ないものであるが、初心貫徹、シートアレンジを持ってカペラワゴンの名を成すという先駆者の気概を示して欲しかった。

    内装の質感は、完全にファミリアのそれ。遮音・防振がいまいち。特に防振に関しては、ロングドライブの際にフロアの振動で足がムズムズしてくる。シートの出来が良いので残念。もっとも、ムズムズしてくるのは高速で半日続けて走った場合などであり、日常的には問題ない。
    総評
    初めての車で、飽きずに長く乗っており様々なエピソードを持っている車。操作した通りに走る、素性の良い車。積載性を生かして様々な場面で活躍した。車中泊もその一部である。スポーツ走行では全力を出し切って走ってくれるので一層親しみが持てる。

    タイトルにも付けたが、下駄車として親しめるマツダ車の最終世代ではなかろうか。クロノスの末裔がファミリアと大して変わらない質感に落ちついたことはとても感慨深い。

    言うまでもないが、今日のレビューとしては、さすがに古さを感じさせ、他者にオススメできる車とは言えない。同様の車体験に魅力を感じるのであれば、話題の中心となるのは1.5リッタークラスのコンパクト・ユーティリティで、サブロク板の搭載は忘れるべきだと思う。
    走行性能
    無評価
    MT車でのインプレッションとなる。

    FP-DE型エンジンは最大トルク (約16kgm) を約4500回転で発生する。発進加速時に2000回転あたりからだとトルクが湧き上がってくるまで一呼吸待たされる。他の方のレビューを見るに、加速の悪さは散見される。トルコンの制御がどうなっているか私には分からないが、やはりこの車重では2000ccクラスが望まれるところであろう。

    ただしMTであれば騒々しさと引き換えに弱点を補うことができ、少し威勢よく発進してやればレッドゾーンまでのフケ上がりは軽快そのもので、普及型とはいえDOHCエンジンの面目躍如とみえる。約125馬力を約6000回転で発生。これでメーター読み180km/hをサーキットで発揮したが、実用では80km/hからの追い越しでも、素早く済ませようと思うなら5速から3速へのシフトダウンが必要になってくる。

    概して言えることはトルクが細いがクセのない特性で好感が持てるということだ。
    乗り心地
    無評価
    古典的な4輪ストラットサスで前後ともにスタビライザー装備されず、最近ではあまりないがスタンダードな足回りだ。ステアリングはロック・トゥ・ロック3.0回転。姿勢変化は大きいが粘りを感じさせる感覚で、後輪がしっかり追従してきてしなやかに感じる。ホイールベースが2670mmと比較的長く取られており、安定性に寄与していると考えられる。

    標準のタイヤサイズは185/65R15となるが、インチアップして195/55R16としたところ、路面からの入力が手に取るように分かり、高速コーナーの初期に接地感が持続するようになった。カペラワゴンはハイオク仕様に205/50R16が装着されていたが、そちらはおそらく履きこなせないと思う。それ程195/55R16は私のベストマッチであった。
    積載性
    無評価
    5ナンバーステーションワゴンで歴代最高の積載性と言われている。意外とサブロク板を平積みするには、跳ね上げた後席シート座面に当たるので、少々斜めに浮き上がる。とはいえ簡単に詰め込めてしまうのは重宝。1,510mmの車高で高さ方向も余裕があるので、後方視界を損なうものの相当の嵩を積める。積めなかった物としては、横倒しにできない洗濯機・冷蔵庫くらいしか思い当たらない。高さ1800mmの本棚もそのまま搭載可。

    いい気になって詰め込みすぎると、リアゲートを閉める際に猫背になったリアガラスに荷物をぶつけることになる。100系カローラバンに代表されるような湾曲したリアゲートは良し悪しである。

    それにしても広い、美術畑の友人が展示即売をやるのに何度も出動し、1坪ほどのブースに出す絵画と什器を一度に運搬できた。

    もちろん車中泊も何度もした。
    燃費
    無評価
    街乗り11~12km/lをコンスタントに記録する。
    故障経験
    <定番>
    ・エアクリーナーホースが破れ、アイドリングが不安定になる。ボンドで塞いだ。

    ・リアランプに水滴が入る。よく乾かしてパッキン交換をした。

    ・ウレタンステアリングが劣化しボロボロ。芯からウレタンが剥離しハンドルが「絞れる」状態に。

    ・コンピュータリセット後、十分にアイドリング学習させないと、走行中にエンジンがストールする。私の車は、ヒューズを抜いたりバッテリーを外したりが一瞬でもあるとコンピュータリセットとなり難儀している。


    <珍?故障>

    ・アクセルペダルは一般的な吊り下げ式であるが、裏面にトーションバネが付いており踏み込んだ際に少しだけ角度が変わるように工夫されている。ある日、停車中に足を伸ばしていたらペダルの裏を安全靴のつま先で何度か蹴るような格好となり、バネを抑えている部分のプラスチックが割れてペダルが脱落した。安全靴のせいで足裏の感覚が鈍かったので、しばらく気が付かずに、踏みしろの無いただのステーを踏んで走行していた。

    ・ミラーの電動格納機構、展開しきってもモータが止まらず、延々と「ヴィーーー」と鳴り続けうるさくてかなわずコネクタを抜いた。後日、同型同色のミラーをヤフオクで落とし、付けてみたらなんと手動可倒式!電格は熱線とセットで寒冷地仕様のみの装備だったのだ。安価な車とは言え、2リッタークラスでこの扱いには驚いた。
  • 過去所有
    マツダ カペラワゴン
    • 舐め蔵

    • マツダ / カペラワゴン
      SX(AT_2.0) (1997年)
      • レビュー日:2018年4月12日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    素直なハンドリング
    長距離運転でも疲れにくい
    シートアレンジによる積載量
    不満な点
    鈍い加速
    値段相応の内装
    シートアレンジが若干面倒
    総評
    独身のときはサーフィン・スノボ。家族が出来てからは旅行にと色々なところへ出掛け、初めての相棒としては最高の車でした。
    故障経験
    ドアミラー自動格納不良
    屋上駐車場など急な上り坂でのベルト鳴き
  • 過去所有
    マツダ カペラワゴン
    • なっかん626

    • マツダ / カペラワゴン
      SX(AT_2.0) (2001年)
      • レビュー日:2017年10月8日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    初めての新車♪
    そして、クルマを通じてたくさんの友達ができました☆彡
    不満な点
    無かったなぁ
    総評
    このクルマを通じて、世界が広がった♪
  • マイカー
    • ブツドリ

    • マツダ / カペラワゴン
      S-RX_4WD(AT_2.0) (1997年)
      • レビュー日:2017年2月22日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    フロントフェイスはマイナー後より所有していたマイナー前のフェイスが好みです。
    マツダスピードのエンブレムにしたのもお気に入りですね。
    不満な点
    5ナンバーサイズということもあり、当時はマイナーなマツダのカペラだったので車格の割に世間的な評価が低かったこと。
    総評
    シートアレンジが売りなモデルだったので居住性や使い勝手も良くていい感じです。
    それでいて5ナンバー、取り回しもしやすかったですね。このサイズでスカイアクティブで復活しないかな?まあ、今の流行り考えたらでないでしょうけど・・・
    走行性能
    無評価
    2000ccでDOHC170馬力なので最近のエコカーから比べるとパワー感もそこそこありました。
    乗り心地
    無評価
    ミドルクラス(マークⅡクラス)がベースのステーションワゴンだったので乗り心地や居住性は5ナンバークラス最高だったと思います。
    積載性
    無評価
    積載性も5ナンバー最高だったような記憶が・・・
    さらにシートアレンジでいろいろな積み方も可能なので使い勝手も良いです。
    燃費
    無評価
    4WDでハイオク仕様だったので現在の燃費重視の風潮からは問題外な感じです。
    故障経験
    融雪剤によるフェンダーの錆に悩まさせらた程度で走り系のトラブルは皆無でした。
  • 家族所有
    マツダ カペラワゴン
    • bol7

    • マツダ / カペラワゴン
      SV(AT_1.8) (2001年)
      • レビュー日:2015年9月26日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    操縦も楽しく、ステアリングを握った感触も良い。
    エンジンは必要十分。音も少し野太い感じで頼もしい。
    ボディ剛性。
    5ナンバーサイズなのに、中は十二分に広く感じる。
    高速での安定性も良い。しっとりしっかり。シートの出来も悪くない。
    EC-ATの、各ポジションでの興味深いシフトセレクト。
    不満な点
    燃費は最新のクルマには負けてしまうかな。
    古いカーナビと、エアコンがオートでないのと、ミラーが電動リトラクタブルでないのがちょっと面倒。(これはあくまでグレードの問題)

    ていうか、こんなに走ってもへたった感がないのがすごいと思うのですが。
    総評
    暗黒期から脱しかけた頃のマツダ車ですが、その暗黒期でさえ、クルマ自体はとても良いものを作っていたと思います。このクルマも当時はきっとレガシィやトヨタ日産ホンダに押されて苦戦したかもしれませんが、メカも使い勝手もデザインも他の国産車、欧州車に引けを取らないものだったということが、このカペラワゴンに乗るとわかりました。
    「トヨタとそれ以外」になりやすい日本のムードと違い、フラットな視線で見てくれる外国でのマツダの評価が当時から軒並み高かったのも頷けます。
    今はすっかり復活して日本車をリードする存在になりつつあるマツダですが、それはカペラワゴンのようなクルマをちゃんと作っていたから、ということなのですね。
    走行性能
    無評価
    グレードとしては一番下の1.8のATですが、十分に元気に走ってます。2LやV6ならもっとすごいのでしょうが・・・
    乗り心地
    無評価
    静粛性はそれほどでもないけれど、この頃のBMWやVWなんかはもっとうるさかった記憶が。
    静かなのに越したことはないけど、トヨタなどの、静かすぎて「機械を動かしてる感」がないクルマは好きではありません。なんのインフォメーションもないので、逆に怖くなります。
    しっかりしっとりした乗り心地で、よく言われる通り欧州車的だと思います。シートも座り心地は良く、助手席の80歳の母も「うちの居間の椅子よりいいわ」と気に入っています。
    積載性
    無評価
    ステーションワゴンという言葉も昨今は死語なのでしょうか?そんなことはないと信じたい。バンバン走りたいけど積みたい時は積みたい、という人に最適ではないでしょうか、いまだに。
    「37通りの室内を持つ」と豪語するだけあって、色々なレイアウトが可能です。リヤシートに可動式アームレストがあるのは、実はつい最近知りました(笑)
    車中泊のキャンプも可能でしょう。
    燃費
    無評価
    調子に乗ってぶいぶい走ると簡単に10km/Lを割る感じ。いまどきのクルマと違って4速ATで、1速2速でかなり引っ張る感じなので、そのせいもあるかもしれません。あとスタッドレスタイヤのせいかも・・・
    故障経験
    父のクルマなので詳しくはわからないけれど、中古で我が家にやってきて以来ほぼノートラブルのはず。
    もう14年13万キロでキズ凹み多数ですが、大きなサビも無く、塗装もおおむね綺麗です。
    ATのホールドボタンが機能していないので検証したら、シフトレバーの中でぱっつり断線していました。誰かが意図的にやったことなのか、整備のポカか、自然に切れたのかは不明。
    リヤゲートとトランクルームに三カ所ある照明がつかないので球切れかと思ったら、スイッチ接点のサビでした。(滅多に使わないからね・・・)磨いてすぐ復活。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース