マツダ CX-8

ユーザー評価: 4.81

マツダ

CX-8

CX-8の買取情報を調べる

クルマレビュー - CX-8

  • 仕事用
    マツダ CX-8
    • すくネコ

    • マツダ / CX-8
      XDプロアクティブ4WD (2019年)
      • レビュー日:2021年6月13日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:仕事

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格4
    満足している点
    主に仕事の移動用です。ディーゼルのレスポンスが良く、コーナーの姿勢も安定している。脚はしなやかでフラットライド。ボディ剛性は高いが全く振動を遮断している訳ではなくスチールボディらしいバネ感がある。80-90年代メルセデスに似た味があります。内装の軋みやボディのやれ感が5マンキロ走っても全く無いのは立派。ドイツ車も4マンキロ走ると目に見えてやれてきます。997ポルシェも4万キロで既にギシギシ言ってました。もアウディ各車でもそうでした。
    不満な点
    たまにナビがフリーズする。 クルーズコントロールは渋滞時にはブレーキングが遅く停止時の前車との車間も近すぎて怖い。 ついブレーキを踏んでしまってクルーズコントロールが解除されてしまう。初心者運転の横に座ってる気分。マツダのテストドライバーさん、大丈夫ですか? なんでこんなセッティングになるかな? かと言って車間距離長めにセットしておくと80-100Km 程度の巡航時に車間が長すぎて後ろの車に煽られたり割り込まれたりする。 自動ブレーキの歩行者検知についてメーカーはあまり本当の事を言いませんが交差点での曲がる先での横断歩行者検知に対応している車は少ないです。本当はこれが一番多い事故パターンなのですが。CX8 も対応していません。新しいランクル300でも曲がる先の前方からの歩行者検知だけです。本当は後ろから来るのを巻き込み易いのに、もっと頑張って欲しいです。自動運転など追求する前にまともな自動ブレーキを普及させるのが先ではないでしょうか? 贅沢言い過ぎでしょうか?もちろん私は市街地では安全運転で横断歩道に人が居れば止まります。相当に周りをキョロキョロ確認しながら走ってます。
    総評
    これは買い得な車です。しかし距離走らない人はディーゼルはやめておいた方がいい。 マツダのディーゼルは燃焼温度を下げてNoXをアドブルー無しで処理出来てるのは立派だがその分ススによるトラブルを良く聞く。ディーラーも添加剤を推奨しており私も定期的に入れてます。これをケチる人が乗ってた中古はヤバいと思います。
    何か強く惹きつけられる華が無いのは商品として欠けている部分です。理性で選べばCX8 は合理的な選択ですが、これでなければと惚れて買う様な車ではないです。趣味と仕事での積載性とディーゼルの経済性、車体の大きさに由来する安全性で選びましたが乗ってるうちにジワジワ馴染んでしまいました。
    デザイン
    4
    サイドビューは現行CX5が寸詰まり感があるのに対し8が本来のデザインに思える。 マツダ金太郎アメのフロントとヘッドライトは見飽きた。 鼓動デザインとか言って自画自賛している様だが、自画自賛はシャープの世界の亀山と同じく企業にとって危険なサインだと思う。
    走行性能
    4
    アクセルにエンジンがすぐに反応するのと、駆動系に遊びが少なくそれがすぐにタイヤに伝わるので走りやすい。クルーズコントロールが180キロまで設定出来る。新車時は120Km走行すら苦しげな感じがしたが当たりがついてからは楽にスピードに乗る様になった。ルルルというディーゼルエンジン音もタフネスを感じさせて良い。車は音も含めて楽しむもので、静かなばかりが良い訳ではない。
    乗り心地
    4
    シートとポジションが良い。 マツダのこだわりが良い方向に結実している。 最初は高速で上下動が出たが脚まわりが1マンキロぐらいで馴染んでからはフラットライド。背が高い車特有のブレーキングでのつんのめり感が無い。SUVとして輸入車も含めてかなりハイレベルと思う。先代レクサスRX 450などは脚を固めないと高速での安定が確保出来なかったのか、低速ではガチガチの酷い事になっていたのに比べると立派。買う前にプラドも試乗したがディーゼルエンジンに全くトルクが無く、レンタカーでも1日借りてシートもすぐに腰が痛くなり下取りの不利は承知でCX8にしたが、まあ正解だったかも。
    積載性
    5
    奥行きがあり長い物が楽勝詰めます。フロアが高いので高さ方向はあまり余裕がありません。
    燃費
    5
    高速15-20Km 市街地9-10km これで軽油なので抜群に安上がりです。
    価格
    4
    400万弱は安いと思う。
    故障経験
    無し。 
  • その他
    マツダ CX-8
    • めたぼりっくま

    • マツダ / CX-8
      25S ブラックトーンエディション_7人乗り(AT_2.5) (2020年)
      • レビュー日:2021年6月13日

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    高級感たっぷりで、大人が乗っても落ち着いて見えます。
    不満な点
    小物入れが無いところ。眼鏡やサングラス、カ―ドなどちょっとしたものを収納できるところがもう少しあればよかった。
    総評
    納車後に!
  • マイカー
    • MASA5005

    • マツダ / CX-8
      XD プロアクティブ Sパッケージ_6人乗り_4WD(AT_2.2) (2020年)
      • レビュー日:2021年6月8日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格
    不満な点
    特にありません。
    総評
    ディーゼルを感じさせない静粛性、しかしディーゼルらしいトルク、良きよきです。
    もちろんスタイルも良きよき。
    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    3
    燃費
    4
  • その他
    マツダ CX-8
    • たゆゆわ

    • マツダ / CX-8
      25S ブラックトーンエディション_6人乗り(AT_2.5) (2020年)
      • レビュー日:2021年6月7日

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    総評
    まだよくわからない
  • マイカー
    • kdっち

    • マツダ / CX-8
      XD プロアクティブ_6人乗り_4WD(AT_2.2) (2019年)
      • レビュー日:2021年6月7日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地3
    • 積載性4
    • 燃費5
    • 価格4
    満足している点
    ①ドライビング環境(ポジション、見切り)
    ②触りこごちのよいステアリング
    ③3列目まで結構使える車内スペース
    ④多人数乗車するクルマとしてかなりのスタイリッシュさ
    ⑤(図体に対しての相対的な)運動性能
    ⑥ディーゼルの低燃費、トルク感
     街乗り13km/ℓ、高速16km/ℓ
      →6ATでは限界かな、と
    ⑦全体的なコストパフォーマンス
    ⑧パーツの性能ではなく、クルマ全体で性能をあげる車体設計を随所に感じる(クルマ設計のセンスがよい)
    不満な点
    ①貧弱な下回りのデザイン(ボディサイズからホイール幅が少なくとも8Jは欲しかった)
    →数少ないMBD(マツダが先鞭をつけたデジタル設計手法)でのデメリットかと
    ②社外ホイールの選択肢が少ない
    ③フロントバンパーの下半分くらいはCX-5とは別デザインにした方が所有欲をくすぐってくれたと思う
    ④車重を考えるともう少し乗り心地の安定感が欲しい
    ⑤前車CX-5よりは寛容であるが、ダンパーのセッティングの温度許容範囲が狭く、年間を通し心地よく感じる期間が狭い(気温によりタイヤ設地感が変わり、乗り心地も変わるが、空気圧で調整は可能)
    →スポーツカーならいいがファミリーカーまで、なところがマツダらしい
    ⑥操作系の重厚感が不足
     →ステアリング、アクセル、ブレーキがおそらくマツダ基準で全車揃えていると思われ、CX-8のそれ(車格というかサイズ)には少しアンマッチさを感じる。私は特にブレーキペダルの剛性感に寂しさを感じる
    ⑦所々、作りが甘い
     →デザインに拘っている割にハンドルにドアロック操作のボタンがある、雨の日のバックカメラの水滴処理、ホイール周辺の空力処理等、企業規模的な壁を感じる(7世代商品から変わってきましたね)
    ⑧やはり6ATでは、もう限界では…。いずれモーターをつけて延命するのでしょうが、ディーゼルでは8ATにした方が実利はいいはず(エンジンの余力に対し、高速燃費が上がらずもったいない)
    総評
    いろいろ不満点も挙げましたが、重箱の隅をつつくような指摘です。マツダの企業としてのこだわりをもっと形にできるといいと思います。空力処理については、ボディ側はよく考えられていると思いますが、足回りは貧弱な処理ですね。日本のスピード域でもこだわって欲しかったです。そこはやはり欧州車の方がよく考えられています。おそらくホイールを動的に風洞テストさせないとよくなりません。(その点ではメルセデスはどのクラスであってもよくできており感心します。国産だとトヨタがよくなってきましたね。)
    次期CX-8があるかはわかりませんが、個人的にはCX-5、北米豪でのCX-9クラスでは日の目を見るであろう縦置きプラットフォーム車を楽しみにしてます。果たして世が受け入れてくれるか、それはかなり気がかりですが…。欧州・中国の政治的な電動化の動きに日本連合としては負けてほしくないです、頑張れマツダ、頑張れ日本!
    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    5
    価格
    4

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース