マツダ アンフィニMS-6

ユーザー評価: 3.29

マツダ

アンフィニMS-6

アンフィニMS-6の買取情報を調べる

クルマレビュー - アンフィニMS-6

  • その他
    マツダ アンフィニMS-6
    • 組立工

    • マツダ / アンフィニMS-6
      タイプG(MT_1.8) (1991年)
      • レビュー日:2018年6月1日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    スイングルーバー付きのエアコン。
    意外と軽快な走り。
    5速マニュアルのシフトフィール。
    広い室内。
    不満な点
    強いて言うなら、シートの出来が今一歩足りなかった点ぐらいでしょうか。
    総評
    クロノスの5ドア版がMS-6です。
    当初はこのクルマが代車で出てきた時は期待していなかったのですが、乗ってみるとすごく良いクルマだったと記憶しています。

    後に他の人が潰してしまい、2度と借りることが出来なくなったのが悔やまれます。
    走行性能
    無評価
    1.8リッターV6エンジンと5速マニュアルの組み合わせで意外と軽快に走らせることが出来ました。
    シャシーもこの手のファミリーセダンにしては相当しっかりしており、運転を楽しむ事が出来るクルマでした。
    乗り心地
    無評価
    なかなか快適な乗り心地でした。
    積載性
    無評価
    短期間の使用だったので積載性を試す機会はありませんでした。
    燃費
    無評価
    カタログ値はリッター12キロ/リッター。
    広島市内をうろうろするだけでしたので9ぐらいだったと記憶しています。
    故障経験
    年式は古かったものの、きちんと整備された代車でしたので故障はありませんでした。
  • マイカー
    マツダ アンフィニMS-6
    • 狩魔無礼

    • マツダ / アンフィニMS-6
      タイプS(AT_1.8) (1991年)
      • レビュー日:2013年4月9日

    おすすめ度: 1

    • エクステリア3
    • インテリア3
    • 装備3
    • 走行性能1
    満足している点
    ぬめっとした5ドアHBのスタイルとぬめっとしたインパネのデザインは秀逸、このデザインにだけ惚れて買いました、トランクが広い
    不満な点
    たくさん(笑)、なにせデザインだけで買ったのでMS-6の知識は全く無し、ATはどっかん飛び出しセッティングだし、1速→2速へのシフトショックはでかいし、燃費は悪いし(6~7)、後席は狭いし、ガラスがでかいリヤハッチはすぐダンパーがへたって落ちてくるし、やたらボンネットが長いし、サスはへなへなだし、乗ってて良い事はなかった
    総評
    正直言ってMS-6に乗ったおかげでマツダがちょっと嫌いになりました、その後デミオに乗り完全にマツダはあかんと確信しました、マツダは車がピクピク動けばスポーティと思ってるみたいですね、マツダ社には落ち着きという考え方はないのでしょうか?現行のアテンザでもピクピク動く傾向あるし、あんなにでかいボディになったのにやっぱり車内は狭いし。
  • マイカー
    マツダ アンフィニMS-6
    • ワッチ~

    • マツダ / アンフィニMS-6
      タイプG(MT_2.0) (1991年)
      • レビュー日:2012年9月10日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備4
    • 走行性能4
    満足している点
    非常に綺麗なボディライン
    レスポンスがいいというか、よく回るエンジン
    4WDでリッター12~13㎞は走る
    トランクスペースがやたら広い
    不満な点
    ボディはそれなりに大きいサイズながら後部座席の狭さがハンパない
    総評
    とにかくMSー6は『美しい車』

    どの角度から見ても当時の車とは思えないくらい綺麗なラインの車です。
    それが原因か時代を先取りし過ぎたのか、マツダ車だからなのか日本国内では全く売れなかったのにヨーロッパでは長く人気があったってのがなんとなく分かる気がします。

    運転もしやすくエンジンも気持ち良く回る(速い訳じゃないが)のでドライブが好きになったのもMSー6のお陰。


    すれ違う事はほぼないし、周りからも何処の車なのか全くわからないってのも凄く魅力的な所。

    もうこの世に出てこない車なのは寂しいですが、アテンザがその跡を継いでいるのでとても良かったです。

    たまにふと「また乗りたいなぁ」と思うのは乗った方にしかわからない特別なものを感じるそんな存在の車でした。
  • マイカー
    マツダ アンフィニMS-6
    • マツダ / アンフィニMS-6
      2.0 タイプF ディーゼル (1992年)
      • レビュー日:2008年2月19日

    おすすめ度: 2

    • エクステリア4
    • インテリア3
    • 装備3
    • 走行性能1
    満足している点
    外観スタイルのよさ(特にリヤスタイルがいい)、荷室の広さ、バブル期開発車両だけに内装はまあまあ(100系カローラには劣るが・・)
    不満な点
    スターレット並みの後席足元スペース。
    馬鹿重いハッチゲート(あまりの重さにショックが壊れ、ゲートがあがったままにならず直ぐ降りてしまう)
    ディーゼル PWSプレシャーウエーブスーパーチャージャーの出来の悪さ(笑)
    全く加速しない、平地でも追い越しをかけるのにひやひやする、峠ではダンプにも追い越される始末。
    10万キロ直前でRギヤに入れてもバックせず、修理工場行き。メカニックの話ではこれまでATF交換してなかったからでは・・と。黒煙もデリカよりもひどく(笑)、バンパーは常に真っ黒くろ助状態。
    またディーゼル車全般に言えることですが、寒冷地では冬季朝エンジンがかかりずらく、朝-15℃まで下がると全くエンジンかからず工場に持ち込んでも原因不明、0w-20のオイルに変えても変化無く嫌気が差し手放してしまいました。
    総評
    PWS
    平成11年9月に 5年落ち60000キロ走行を検2年付込みこみ53万で購入しました。
    平成15年6月に相次ぐトラブルに嫌気が差し、130000キロで手放しています。
  • その他
    マツダ アンフィニMS-6
    • オバラッチ

    • マツダ / アンフィニMS-6
      タイプG(AT_2.0) (1992年)
      • レビュー日:2006年2月25日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備5
    • 走行性能5
    満足している点
    素晴らしい今だに新鮮味のあるフランス的デザインと気持ち良く回るエンジンそしてゴールデンステアリング賞受賞車のハンドリングハッチバックセダンの使いかっての良さ
    不満な点
    ドイツ輸出が多いよくできた車なので不満は特にない
    総評
    和製アルファともいうべきナイスデザインのアテンザの原型・車マニアも見落とすレアな隠れた名車です

前へ12次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース