マツダ ファミリア アスティナ

ユーザー評価: 5

マツダ

ファミリア アスティナ

ファミリア アスティナの買取情報を調べる

クルマレビュー - ファミリア アスティナ

  • マイカー
    • Astina1800DOHC

    • マツダ / ファミリア アスティナ
      1800DOHC (1989年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/03/05
      使用目的:その他
    • 満足している点

       今となっては(スーパーカー世代にとっては)懐かしいリトラクタブルヘッドライト。H3の購入時の1500DOHCでは坂道などややパワー不足(120ps)を感じる事もありましたが、現在所有の1800DOHCはほぼ同様の車重(1070kg)で135psあるので、スポーツカーには勿論及びませんが、実に良く加速し、実に良く曲がり、止まります。
       4W ABS、純正フォグランプ、サン/ムーンルーフもお気に入りで、風(自然)を感じて軽快に流すと、きびきびと思い(アクセル、ブレーキ、ハンドリング)を感じとって走ってくれます。実に楽しい車です。
       蛇足になりますが、このASTINAは初代のロードスター(ユーノス)と同時に誕生した車でDOHCのNAエンジンは同様のものを搭載(初代の1600DOHC)したものであることも気に入っています。ユーノス店から販売されたものはユーノス100と呼ばれる気品のある仕上がりになっています。

      不満な点

      現在の車と違ってパワーステアリングと言ってもそれなりにハンドリングが重い点(これも操作している感覚があって楽しいですけれど、、)。


      総評

       スポーティな顔立ちがとても気に入っていますが、4ドアでありトランクもやや余裕があり実用性を充分に満足させてくれます。なんともヨーロピアンなコンセプトでありデザインです。1989年(平成元年)生まれのこのファミリアアスティナ(MAZDA323f)は、当時は4ドアクーペ(5ドアハッチ)のコンセプトが日本では普及しておらずヨーロッパでは人気があったものの、日本では販売的には不振だったようです。それでも当時から軽量コンパクトでスポーティな出で立ちと実用性を両立させたこの車体、現在再販されたら当時よりも売れるのではないでしょうか。(現在、街で見知らぬ人から「外車ですか?」とにこやかに声をかけられる事も複数回ありました。)
       末永く、この車とともに人生を楽しんで行きたいと感じています。また、この車を通して知り合える人との繋がりを大切にと思います。



    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • WHITEFOX

    • マツダ / ファミリア アスティナ
      初期型 (1989年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/11/13
    • 満足している点

      ルックス・実用性

      不満な点

      車速が2000回転で60キロまでしか出ない為、高速での燃費は残念。
      ギヤ比を変えればなんとかなる?
      そして、昔の教習者のような内装

      総評

      私は最高の状態、最高の値段で購入できたのでこの評価です。
      これからも大事にしていきます。

    満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース