マツダ MAZDA3 ファストバックハイブリッド

ユーザー評価: 4.19

マツダ

MAZDA3 ファストバックハイブリッド

MAZDA3 ファストバックハイブリッドの買取情報を調べる

マツダ 『MAZDA3 ファストバック SKYACTIV-X』に乗ってみた(・ω・)ノ - MAZDA3 ファストバックハイブリッド

試乗

マツダ 『MAZDA3 ファストバック SKYACTIV-X』に乗ってみた(・ω・)ノ

おすすめ度: 5

満足している点
なんといってもデザイン!(*^^*)
個人的な好みかもしれませんが、MAZDA3 ファストバックのデザインはかなり好きですね(^^♪
初試乗のSKYACTIV-Xでしたが、パワーもありとても乗りやすくて楽しめる走りができたところも満足な点の一つです!( *´艸`)
また、静粛性もかなり高く、ちょっとした高級車に乗っている感覚にも!(*´▽`*)
alt

内装についてもかなり高級感があり、ワンランク上のクラスに迫る上質感を醸し出しています。
加飾やつなぎ目、出っ張りなどを減らし、エアコンのコントロールパネルと助手席側エアアウトレットを一体化するなど、極力シンプルになるように設計されているそうです。
alt

シフト周りのパネルには2層成形を新たに採用しているそうで、深い透明感を持ちながらも光が当たると精緻な柄が浮かび上がる仕立てになっているとか!!
そこまで確認してなかった・・・(>_<)
alt

不満な点
今回試乗した限りでは不満という点は無かったです!
ただ、ラゲッジの荷物の出し入れなど、使い勝手の部分では少しは出てくるかもしれないですね。。

総評
2020年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」において、特別賞のひとつである「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したMAZDA3!
マツダ車が同賞を受賞するのは2016年の「ロードスター」以来、4年ぶり2度目との事。

好みは分かれるかもしれませんが、個人的にはとても好きなデザインです♪
alt

マツダ3の販売目標台数は1ヵ月に2000台。
月の前後はあるものの、2019年のマツダ3の登録台数は、月別平均に換算すると約3500台との事。
今回試乗したSKYACTIV-Xはとてもイイと思いますが、60~70万円ほど割高になるため、ユーザーからするとその価格差に見合う魅力があるかどうか・・・という点も。。
alt

色々見ているとこんな記事が・・・
SKYACTIV-Xが高価となる正しい理由はたくさんある。
そもそもエンジンが違う、マイルドハイブリッドがある、回生ブレーキを働かせるためにECB(電子制御ブレーキ)も装着する。
そして何より、SKYACTIV-Xを世に送り出すためにこれまでたくさんの人、金、物を投資してきたわけだ。
ならば、そうした高くなる理由を声高にすべき。
いや、しないからこそ批判されるのではないか。

マツダが独自に開発した燃焼メカニズム「SPCCI/スパーク・コントロールド・コンプレッション・イグニッション」と「24V系マイルドハイブリッドシステム」を組み合わせた内燃機関、すなわちSKYACTIV-Xは、自動車メーカーに課せられたCO2排出量の低減と走りの楽しさの両立に向けた1つの手段として、この先SKYACTIV-Xの進化とハイブリッドシステムの昇圧化などを踏まえ、大いなる飛躍に期待がもてる。

さらに、快適で疲れない理想的な車内空間の実現も目指した次世代プラットフォーム技術だ。
人に優しいプラットフォームだからこそ、じんわりとした躍度の高まりが活きてくる。
こうした新しいクルマ作りの考え方を礎に、それを具現化する最新のパワートレーンとしてSKYACTIV-Xがあり、この先には次代が求めるBEV(バッテリー式電気自動車)「MX-30」や、財産であるロータリーエンジンを搭載したレンジエクステンダーモデルが控えている。
こうして点と点をまとめ上げ繰り返し表現し続けることで、マツダが提案する意味的価値とは何を示すのか、それがより明確になる。

なるほど・・・φ( ̄ー ̄ )メモメモ

今後のマツダの動向にますます期待が高まりますね!(#^^#)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
専用設計されたマツダ MAZDA3用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討くださいね!(*´▽`*)

フロアマット以外にもドアプロテクトマットやサイドステップマット、サイドプロテクトマットなどなど、ラインナップも豊富ですよ~!( *´艸`)


【楽天市場】マツダ MAZDA3 商品一覧

【ヤフーショッピング】マツダ MAZDA3 商品一覧


★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び

★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
走行性能
無評価
こんにちは(^^♪
FJ CRAFTです!(・ω・)ノ
今回もよろしくお願いします!(^^♪

※記載内容(感想等)についてはあくまでも個人的主観とご理解いただきますようお願いいたします!(*・ω・)*_ _)ペコリ

さて、今回試乗したのは昨年12月に発売になりました、
『マツダ MAZDA3 SKYACTIV-X』です!(^^♪

★試乗車情報★
・グレード:FASTBACK XL Package
・エンジン:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
・トランスミッション:6AT
・駆動:2WD
・最高出力〈ネット〉:132kW(180PS)/6,000rpm
・最大トルク〈ネット〉:224Nm(22.8kgfm)/3,000rpm


それでは、早速試乗しま~す!
エンジンスタート!GO!!GO!!ヾ(>∇<*)o
alt

「アクセラ」から車名が改められ2019年5月に発売された『MAZDA3』
遅れて同年12月に初のSKYACTIV-X搭載車が販売されました。
今回はそのSKYACTIV-X搭載車に乗れるとあって、ワクワクしながら試乗させてもらいました!( *´艸`)
alt
ボディサイズは、全長:4,460mm、全幅:1,795mm、全高:1,440mm。
ホイールベースは、2,725mmと、アクセラと比べると全高で30mm低くなり、ホイールベースは25mm延びています。

乗ってみての直ぐの感想としては、これってディーゼルやった!?と!
何度かSKYACTIV-Dに試乗したことがあるのですが、このSKYACTIV-Xはディーゼル並みにトルクがあり、アクセルを踏むとグイグイと引っ張っていってくれます!
エンジン音も静かで、かなり遮音性に優れている事も体感できました!

また、SKYACTIV-Xはマイルドハイブリッドシステム(6.5PS/61Nm)を搭載していますが、アクセルを踏んだ瞬間はモーターによるトルクアシストは行なっていないとの事。SKYACTIV-X開発担当者によれば、「エンジン単体の初期応答性能と、駆動力の伝達応答性能が高いため」とに記事がありました。

軽いワインディングも走ってみましたが、ボディ剛性も高くすごくしなやかな走りでとても乗りやすいなぁ!と、楽しみながら運転できました♪(´艸`*)
車両安定制御のGVC(Gベクタリングコントロール)プラスの効果も大きく関係していると思います。
スポーツモードでマニュアルモードにしてステアリングシフトで楽しんじゃいました!( *´艸`)

また、足回りは少し硬めな感じですが、個人的にはフワフワより硬めが好きなので不快と感じることは無かったです!(^^)


メーターパネルは中心に7インチのTFTカラー液晶を採用し、いろいろな情報表示も可能となっています。
また、フロントガラスに運転に必要な情報を照射するアクティブドライビングディスプレイも採用しており、運転中に目線を大きく動かすことなく速度など情報を確認できます。
alt

乗り心地
無評価
硬めな足回りは運転していると楽しいのですが、同乗した際はどうでしょう?
いろいろとネットの評価を見ていると、「突き上げがきつい」や、「跳ねる」など、乗り心地については今一つの意見も出ているようです。
運転席に座っている限りあまり悪い印象は無かったですけどね!
alt

タイヤは215/45R18を採用。
乗り心地についてはタイヤサイズも関係してそうですね。
alt
タイヤはトーヨーのプロクセスR51Aでした。

試乗車にはパーフォレーションレザーシートが装備されており、なかなかの高級感!
腰のあたりをしっかりとホールドしてくれて、座り心地も良かったです!(*^^*)
alt

リアシートに座ってみたんですが、膝周りは一応なんとかクリアランスもあり、まぁこんなもんかなぁ・・・って感じでしたが、やはりファストバックの形状のせいか頭上の圧迫感は結構ありました。
身長175cmなんですが、お尻を深く腰掛けると天井に頭が少し擦れる感じでした。
alt
座高高いとかのツッコミはいらないですよ・・・( ̄▽ ̄;;(笑)

積載性
無評価
容量は334リットルと同クラスとしては少し狭めで、後席を畳まないとゴルフバックはそのまま積むことはできないようです。
リヤシートは4:6の分割式。
フルフラットにはならず、3cmほどの段差ができ傾斜も残ります。
また、開口部と荷室床面には20cmの高低差があり、開口部の高さとも相まって重い荷物の出し入れには少々手間取りそうです。
alt
通常時・・・高さ:705mm 奥行き:840mm
後席格納時・・・奥行き:1650mm

燃費
無評価
alt
★6AT
 ●WLTCモード燃費:17.2km/L
   市街地モード:13.7km/L
   郊外モード:17.6km/L
   高速道路モード:19.0km/L

故障経験
試乗のため無し

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース