マツダ MAZDA6 ワゴン

ユーザー評価: 4.53

マツダ

MAZDA6 ワゴン

MAZDA6 ワゴンの買取情報を調べる

クルマレビュー - MAZDA6 ワゴン

  • マイカー
    マツダ MAZDA6 ワゴン
    • てっっP

    • マツダ / MAZDA6 ワゴン
      XD Lパッケージ(AT_2.2) (2019年)
      • レビュー日:2021年11月19日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格4
    満足している点
    内外装のデザイン、積載性、文句なし
    不満な点
    強いてあげるならアイドリングストップをキャンセラー付けないと毎回エンジンかける度オフにしないといけないところ
    総評
    まだ納車されて間もないので評価浅いかもしれませんが大変気に入っております。
    25S買うつもりだったのですが両方試乗した上でXDにして正解でした、乗り味がとても自分好みです。
    デザイン
    5
    走行性能
    5
    普通に速いです、上り坂もよく進む。
    ディーゼルなめてました。
    乗り心地
    4
    若干固く感じる時とフワッとする時はあるけど今まで乗ってた車と比較したら月とスッポン、全然気にならないです。
    積載性
    5
    燃費
    5
    今のとこ街乗りで11~15kmの間位
    高速では20km超えます、素敵
    価格
    4
    低走行の試乗車を新車よりかなり安くしてもらって買えたのも踏まえての、このクオリティで考えたら満足。
    故障経験
    今のとこなし
    煤つまらせないように気をつけます笑
  • 試乗
    マツダ MAZDA6 ワゴン
    • Thunderhiro

    • マツダ / MAZDA6 ワゴン
      25S Lパッケージ(AT_2.5) (2019年)
      • レビュー日:2021年10月11日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:購入目的

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費2
    • 価格3
    満足している点
    アテンザのヤンチャな顔からオトナの顔になり、今も通用する鼓動デザイン。
    豪華な内装と高回転で伸びのあるパワフルさもあり、都会的なキャラクターとの相性はノーマルで乗るには良いと思う。
    不満な点
    車体剛性はやはり一世代前の設計で第7世代より明らかに弱い
    総評
    上質感のある白い車体で乗るのがお似合いな感じで、ブラックトーンエディションとは真逆な紳士な大人が似合う車の印象
    デザイン
    5
    躍動感のあるデザインは、どの角度から見ても今でもイケてると思います。
    走行性能
    4
    ノーマルでも下のトルクも回した時の回転の上がり具合も2リッターのノーマルよりはるかに気持ちよく回るエンジンで車体の落ち着きもあり、ユッタリした出来栄えは車格にあっている。
    乗り心地
    4
    上質感もあり良いのだが、コレはもう一段上げて欲しい
    次は電子サスでコンフォートとスポーツを設定してほしい。防音性と音響は新設計のマツダ3に負けているのは致し方なしかな?
    積載性
    5
    奥行きと幅もあり、このレベルなら大丈夫かな
    大人5人はやはりキツイですね。
    4人はゆったり余裕あります。
    燃費
    2
    市街地だと10キロ切る程度で、ガソリンなのに少し悪い気がします。
    特に2リッターガソリンはかなり燃費良いので、それと比べると厳しいかも。
    価格
    3
    2リッターガソリンのプロアクティブと比べると50万差があり、Lパッケージは割高な感じですね。
  • マイカー
    マツダ MAZDA6 ワゴン
    • さあき

    • マツダ / MAZDA6 ワゴン
      25T ブラックトーンエディション(AT_2.5) (2020年)
      • レビュー日:2021年10月8日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格4
    満足している点
    ALHのヘッドライトがお気に入りポイントのひとつですね
    不満な点
    居住空間の狭さ、収納の少なさ、古いマツコネ、画質の粗さ
    総評
    ALHやGベクタリングコントロールプラスなど、自動運転の快適性までは行きませんが、安心してドライビングできる1台ですね。
    街中を走ってると振り返る方も多々(^^)
    デザイン
    5
    とにかくかっこいいです。ボンネットから伸びるプレスラインは躍動感がありますね。
    走行性能
    4
    gベクタリングコントロールプラスによるGのかかり具合や、ALHの常時ハイビームで明るい前方視界など安心して走れます。アクセルのレスポンスも高い。ブレーキは少し甘い感じですね。
    乗り心地
    4
    硬すぎずやわらかすぎずと言ったとこでしょうか。もう少しロードノイズが抑えられたらなぁと。
    積載性
    4
    ワゴンタイプなのでそれなりに積めます。
    燃費
    3
    2.5のターボなので( ̄▽ ̄;)
    価格
    4
    この価格でサスや内装の質感は良いですね。頑張ってるんじゃないでしょうか!
  • マイカー
    • kobapapa

    • マツダ / MAZDA6 ワゴン
      20S(AT_2.0) (2020年)
      • レビュー日:2021年9月12日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費
    • 価格5
    満足している点
    最下位のグレードですが、競合車ではオプショナルだった装備が標準で搭載されていました。
    不満な点
    iPhoneでは個々の連絡先を選択して、マツダコネクトに追加することができないことです。

    スマートフォンの連絡先をマツダコネクトに表示するにあたり、「選択した連絡先を同期」する場合と、「すべての連絡先を同期」する場合とでは、Bluetooth通信の通信方式が異なっている為できないとのことでした。
    総評
    予算的に無理だと思っていましたが、最下位のグレードでしたら手が届くことが分かり、購入させて頂きました。
    少しずつマイナーチェンジしているおかげもあり、8年前のデザインにはとても見えません。
    最下位のグレードでも充分すぎる装備でとても満足しています。
    デザイン
    5
    8年前のデザインとは思えません。内装も充分満足です。
    走行性能
    4
    2000ccのガソリンエンジンですが、通勤での利用が主なのでパワー不足は感じられず、扱いにくい点もありません。
    乗り心地
    4
    路面の凹凸をさほど感じることはないので、静粛性は高いと思います。
    エンジン音は多少聞こえますが、特にうるさいわけではありません。
    積載性
    5
    当然セダンとは比べられません。
    後席を倒すとタイヤが四本余裕で入りました。
    価格
    5
    検討していたインプレッサ「STI Sport」、 ヴェゼル「Gタイプ」と同価格帯でした。
    当初マツダ3が第1候補でしたが、体が大きめな私には乗り降りがしづらく断念しました。
    最終的に乗り降りのしやすさと、車内の使い勝手の良さでマツダ6に決めさせて頂きました。
    主なオプションは前後のドライブレコーダーとETCです。
  • マイカー
    • 玉筆

    • マツダ / MAZDA6 ワゴン
      XD(AT_2.2) (2020年)
      • レビュー日:2021年8月1日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費4
    • 価格4
    満足している点
    たくさんあります!v(o´ з`o)♪

    パワー、走行性能、燃費…。

    でも一番気に入っているのは、なんと言ってもエクステリアですね!
    不満な点
    ない、と言いたいけど…。

    強いて言えば、後方視界でしょうか。

    とはいえ、後方視界は、電子デバイスの発展と共に、世界的にも割りきりの対象となっているのでこのクルマに限ったことではないのですが。
    総評
    クルマ好きにはイチオシです!

    内燃機関の未来か見通せないなか、伝統のディーゼルエンジンを楽しめる貴重な一台となるかもしれません。
    デザイン
    5
    このクルマの購入動機といっても過言ではありません。

    時代に流されないデザインというものは確かに存在していて、このクルマもその一つになると信じています。


    フロントマスクは何度か手直しが入っていますが、全体的なプロポーションは8年前のデビューからほとんど変わっていません。

    にもかかわらず、MAZDA6の持つデザイン力はいまだに日本最高峰のデザインを維持しているといえます。


    MAZDA6ワゴンは、眺めているだけでも幸せになれるクルマです!
    走行性能
    5
    前期型と比較すると、なかなか興味深い進化をしています。

    ハンドリングもエンジン特性も穏やかな方向に修正されていますが、底力はかなりアップしています。


    アクセルレスポンスは、ペダル操作に極めて忠実な反応を示すため、190ps、トルク45kgの数値から想像するよりも、街乗りではとても穏やかな走行を披露します。

    たぶん、街中の試乗だけでは「このクルマ、パワーがないな」と錯覚する人もいるかもしれません。


    ただ「加速する」ことを意識して、アクセルを踏み込むと、怒涛の加速を始めます。


    ステアリングも基本的にそれと同じで、あくまでも自然でリニアなフィールに徹していると言えるでしょう。


    玉筆も最初は、大人なクルマになったなと思いましたが、奥多摩を走ってみたところ、しっかりとした身のこなしで走り回ることができました。
    乗り心地
    4
    こちらも前期型から大きく進化をしています。

    玉筆が乗っていた前期型セダンは17インチ装着。
    今回のワゴンは19インチ装着と違いがありますが、明確に今回のワゴンが良いと言えるでしょう。

    細かな段差にも足が良く追従して動き、安定した走行を披露してくれます。

    山道をハイペースで走るとき、時折リアの固さを感じますが、もしかしたらセダンだともう少し良い乗り心地になるかもしれません。
    ワゴンの方が、リアが重いので。


    また静粛性もかなりレベルアップしています。
    高速道路を数百キロ走るようなシチュエーションはもっとも得意分野と言えるでしょう!v(o´ з`o)♪
    積載性
    4
    ワゴンなので、めちゃくちゃ入ります!

    でも、実は先代のカローラフィールダーと同じくらいの積載量という事実(笑)

    Lサイズワゴンとしては、そこそこといったところかな?
    燃費
    4
    ボディサイズやパワーを考えれば、非常に優秀でしょう!

    郊外や高速道路を走れば、リッター17km~20km越えも狙えます。


    軽油なので、レギュラーガスより20円ほど安いのも利点ですね。


    ただエンジンオイルがやや高価なのと、エンジン煤対策で添加剤等のメンテが必要で、やはりこのクルマは、クルマ好き向きかなとも思います。
    価格
    4
    ディーゼルエンジンを積んだフラッグシップと考えれば、このベーシックなXDグレードは狙い目の価格です!

    とはいえ日本においてセダンやワゴンは、下取りが期待できません。


    有利な条件で購入できたら、10万km、20万kmと乗り潰すのが良いですね。
    故障経験
    ないです。

前へ1234次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース