マツダ MAZDA6 ワゴン

ユーザー評価: 4.5

マツダ

MAZDA6 ワゴン

MAZDA6 ワゴンの買取情報を調べる

タイヤで印象がだいぶ変わりそう - MAZDA6 ワゴン

マイカー

タイヤで印象がだいぶ変わりそう

マツダ MAZDA6 ワゴン

おすすめ度: 5

満足している点
前車アウトバックBS9 C型に比べて全てがマイルド。

スバルのレヴォーグと比べられそうですが、レーンキープアシストは設定次第で期待以上の滑らかさで機能しており、高速道路限定手放し運転が無くても大した差異ではないと思っています。

ヘッドアップディスプレイは非常に活躍しており、メーターフードの中に目を落とすことはほとんどありません。他の車でメーターディスプレイに地図を表示させても、結局はそれを見ることはなかったので、Mazda6の装備が私には合っています。
不満な点
タイヤの空洞共鳴音
総評
BMW 320dやVolvo V60, XC90を1日づつ乗ってみたうえでMazda6 25Sを選びました。トルクは250Nm以上あれば十分と確信し、塗装と内装の美しさ、フルモデルチェンジを控える中で成熟した装備と仕上げに期待をしていましたが、思った通りで満足しています。

デザイン
5
走行性能
4
追記2 Autoexeのシティースポーツブレーキパッドに変えて、初期制動が劇的にコントロールしやすくなりました。MRCCのガクガクした減速もほぼ気にならなくなります。これが一般的だとは思いますが… カックンになる方はブレーキパッド交換をお勧めします。

追記 1500kmでブレーキの引っ掛かりは無くなりました。

ブレーキは一度効き始めると喰い付き続ける感じで、甘噛み程度を維持するのが難しい。このブレーキ特性のせいかMRCC制御の荒さのせいか、自動減速と停車は人間のほうがまだ上手い。

アウトバックの意外とスポーティーなCTVに慣れていたので、減速シフトダウン時の空走時間が怖い。
乗り心地
4
ステアリングやシートが路面の状況をよく伝えてくれるアウトバックでしたが、最近はそれが疲れにつながっていました。Mazda6はそれとは正反対の味付けで、疲れ知らずです。

19インチタイヤの空洞共鳴音が時速40kmから50kmでかなり伝わってくる。風切り音は少ないので、タイヤを変えれば静粛性はだいぶ印象が変わりそう。ただこの標準装着タイヤにあわせ込んだGベクタリングプラスが台無しになるんじゃないかと、いまいち踏み出せない。
積載性
5
燃費
5
平均車速30km/hで11km/lなので十分
価格
4
オシャレとしなやかさを売りにするフランス車の方が価格が安いということはザラにありそう。国産にこだわらない人には、差別化ポイントがわかりにくい

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース