マツダ センティア

ユーザー評価: 3.85

マツダ

センティア

センティアの買取情報を調べる

クルマレビュー - センティア

  • マイカー
    • ダンディK

    • マツダ / センティア
      30_LIMITED_G(AT_3.0) (1991年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/02/18
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      V6 3000のエンジンにも関わらず200馬力しかなく車重を考えるとちと非力なカンジでした

      乗り心地

      4WS機能付きで交差点や路地曲がる度におしりが押し出されるようなにゅーんてなんとも不思議な感覚

      故障経験

      しばらく乗らないでからエンジンかけるとぶっ壊れたよーなカタタタタタタタて叩き音が出てマツダに聞いたらオイル回れば収まりますてゆわれそのとーり収まったこと

      満足している点

      マイナーすぎて当時ガソリンスタンドで「ガソリン車ですか?」て聞かれたこと

      不満な点

      高速でベタ踏みしてマジェスタに負けたこと

      総評

      いまでも通用するハンバーガーの様なアザラシの様な炊飯ジャーの様な丸っこいデザインが素敵な車でした(^。^)y-.。o○

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    • じゃんだらりん

    • マツダ / センティア
      25_LIMITED(AT_2.5) (1991年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2015/04/24
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      デザイン。エクステリアだけでなくインテリアの質感も良かった。

      シートは本革でなくモケットみたいなモノだが、座り心地は上々。サスペンションがイイ仕事をしてたのか、乗り心地は、凄く柔らかいの一言。後部席からの苦情もほぼ無。

      不満な点

      ・高速道の走行時、ハンドルが妙な動きを見せた。直進安定性が悪い訳ではないが、フィーリング的にイマイチ。4WS付でなければ、また違った印象だったかも。

      ・パワーウインドのモーターが高確率で壊れる。(特にリア2枚)

      ・ドアの内張りが壊れやすい。というか剥がれ易い。凝った曲線が多かったから建付けが難しかった?

      ・92年式だったので、カップの置き場に困った。

      総評

      このデザインで、”4ドア・クーペ”と言われがちだが、前車のJフェリーと違い、こちらにはオトナ4人が普通に乗れた分、まっとうなセダンと思える。(クーペに近いのはJフェリーの方と言える。)

      本当は、この後に、あの幻の”ユーノス1000”が控えていたので、センティアは4ドア・クーペ的な扱いでも良かったんでしょうが。

      4WS付で、小回りが異様なほど効き、狭い道しかない近所での足としてもつかえたが、屋根が低い分、乗り降りが腰曲げる形になるのが避けられず、広々としたクルマ(現在のMPV)に乗り換えることになった。

      現在のマツダの状況だと、再びFRの高級セダンを造る可能性は低そうだし、仮に実現しても、従来のガソリンエンジンを搭載する姿とは限らないので、クラシックな(?)マツダのセダンを味わえる最後の一台と言えるかもしれませんね。








    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    マツダ センティア
    • fuuta0628

    • マツダ / センティア
      ROYAL_CLASSIC_4WS(AT) (1997年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2014/11/26
    • 満足している点

      ボディデザイン(先代とは全く違う)
      希少性
      4WS

      不満な点

      あきらかに先代HDの方がお金を掛けて設計されていると思う。(モデルチェンジしてもエンジンは先代と同じだし…ミレーニアの方が立派かも。)
      純正ナビ・本革シート・途中でマツダのCIが変わった。
      ドリンクホルダーがオプション。

      総評

      マツダのフラッグシップセダン!
      マツダが元気の無い時代に誕生したフラッグシップセダンでしたが、ボディ以外はほぼ先代と変わらない機構だったので故障は少なかったような。本革シートは若干質が良くないかも。ロイヤルクラシックはDOHCエンジン(エクスクルーシブも)とリアの空調とリアシートが動きます。本革シートはオプションです。

    満足している点不満な点総評
  • その他
    マツダ センティア
    • じゅにち

    • マツダ / センティア
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/12/21
    • 満足している点

      他の車にはないデザイン。

      不満な点

      とにかく壊れる。部品が高い。

      総評

      学生時代の10年前に乗っていました。
      さすがに最近はみかけなくなりましたね。

      大好きだったデザイン。
      大嫌いだった故障。。

      でも、結局大好きだから。。

      淡い恋の思い出です。

      いつか会いたい。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • カンジィ

    • マツダ / センティア
      EXCLUSIVE(AT_3.0) (1991年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/03/21
    • 満足している点

      ・今見ても色褪せぬ流麗なデザイン
      ・3ナンバー専用ボディで室内広々(後席頭上空間は除く)
      ・4900mmを超えるボディで最小回転半径4.9m(4WS装着車)

      不満な点

      ・故障が多い
      ・内張りが割れやすい
      ・欠品部品が出てきた

      総評

      HCルーチェの後継車として登場したHD系センティア/MS-9。平成3年~平成7年(ms-9は平成5年まで)とこちらも初期モデルは裕に20年越え選手。普段使いユーザーには年月が経ち過ぎていておススメ出来ない。だが、和製ジャガーとも謳われたその端整なスタイルは今見ても色褪せることは無い。
      上級グレードにはハイレフコート塗装、12スピーカーオーディオ、オーストリアシュミットフェルドバッハ社製本革シート、本木目パネル等の豪華装備。オプションでソーラーベンチレーションシステム(現行プリウスでも採用)といった時代に先駆けた装備も魅力的だった。(現存車は殆ど無い)
      この車種に拘りのあるユーザーしか選ぶことはないだろうが、所有するとその満足度は非常に高い。

    満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース