マツダ トリビュート

ユーザー評価: 4.02

マツダ

トリビュート

トリビュートの買取情報を調べる

クルマレビュー - トリビュート

  • 過去所有
    マツダ トリビュート
    • hiro2000mg

    • マツダ / トリビュート
      GL-X_Lパッケージ_4WD(AT_3.0) (2001年)
      • レビュー日:2021年3月12日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地3
    • 積載性
    • 燃費2
    • 価格3
    満足している点
    V6、3リッターのパワフルな走りは
    とても爽快でした。
    不満な点
    室内の質感は・・・
    オプションの木目調パネルを付けたら
    ツルツルピカピカでさらに・・・(笑)
    総評
    室内、荷室共に広く
    パワフルな走りもとても良かったです。
    燃費はかなり・・・でしたが
    乗るたびに、テンションがあがる、そんな車でした。
    デザイン
    4
    外観
     オプションのフルエアロを付けていました。
     かたまり感があり、とてもかっこよかった
     です。
    内装
     インパネ等に高級感は皆無でしたが
     本革シートはお気に入りでした。
    走行性能
    4
    パワー、トルク、ハンドリング共に
    すごく気持ちよい車でした。
    乗り心地
    3
    静粛性はありませんが、悪くは無かったです。
    燃費
    2
    街乗りでは、リッター6km位しか走りませんでした(笑)
    価格
    3
    購入時は、大きなエンジンなのにとてもコスパは良かったです。
    100000キロ乗っての買い替えだった為
    下取りは・・・でした。
  • 過去所有
    • とりとり太郎

    • マツダ / トリビュート
      GL-X_Lパッケージ_4WD(AT_3.0) (2001年)
      • レビュー日:2020年8月9日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    フォード製3000ccのエンジンで、当時のSUVとしては車格よりパワーあり。高速走行でも車線合流・追い越し等で余裕があり。
    クイックなハンドリングとキャパのある足回り、ハンドリングに関して、マツダさんはSUVにまでスポーツ走行を想定しているのでは?と思うくらいにクイック。(走りやすかったですヨ!)
    長距離乗っても疲れないシート。実用車としては本当に十分な性能。3000ccエンジンなのに、良心的価格。
    不満な点
    不満ではないですが、実用クルマとして内装は、必要十分という感じ。人によってはチープと感じるかも。
    燃費は良くない。AT4速との組み合わせではこんな感じ?
    総評
    RAV4やCR-Vが先鞭をつけたオンロードSUVのカテゴリで、エクストレイルとほぼ同時期に発売、失礼を承知でいうと、もっと評価されて売れてもよかったクルマではないかなと、個人的に思ってます。(当時トリビュートリンク、とかキャンペーンやってましたね....。)

    ダルマさんMPVと同じエンジンユニットなのですが、当時はどうやらファミリー向けMPVの方がニーズが高く、市街地では相当に見かけたのを記憶してます。トリ乗りとしてはちょっと寂しかったなー。

    このトリビュート、今では中古車すら見つけるのは難しいですが、自分には本当に使い勝手の良い実用的な車で、本当にいろんなところへ連れて行ってくれました。20万キロ走行を機に、同世代のエスケープに乗り換えています。
    走行性能
    無評価
    【ハンドリング】
    マツダさん、SUVまでハンドリングをスポーツ化している?と疑問が付くほどクイック。
    長く乗っている間に、普通の乗用車のようにほんの少し「アソビ」がでて、ちょうど良いかな?と思ってたら、下回りでネジが1本落ちて緩んでたとか。修理したら再びクイックになりました。

    【エンジンパワー】
    今でも実用上で不足はない(むしろ十分)です。
    むしろアクセルの踏み始めでの出足が強く、コントロールに気を遣います。(これはエスケープも同じです)
    乗り心地
    無評価
    【サスペンション】
    兄弟車のエスケープと比べてオンロード向けで固め?
    直前まで乗っていたユーノスプレッソと比べるとサスはとても懐深く、正直を言うとカーブの多い峠道などではトリビュートの方が扱いやすく、オーバーでもアンダーでもなく非常に素直に曲がっていくのに驚きました。車体荷重移動を意識して運転できるようになったのは良い思い出。※ユーノスプレッソはこちらもV6だったこともあり、とてもフロントヘビーな車で、今にして思うと正直「曲がりにくい」車でした。マツダスピードとかサスを交換してみればよかったなー。

    【シート】
    前車がクーペタイプだったこともあり、SUVでの長距離運転がこれほど楽なものか、と感動したものです。
    これはおそらくシートの影響も大きかったかと。凝った作りではありませんが、シート座面の厚さ・硬さが適度で、長く座っていても疲れない良いシートでした。
    ※クーペに乗るのに気合と若さが必要かな、長距離では腰に来ますよね。

    【タイヤ】
    タイヤの空気圧でもかなり影響受けました。(235/70R16 太目?) マツダは多チャンネル期の頃、車格に対して幅大きめのタイヤをはかせていたという印象があり、ロードノイズはとても大きく、高速走行ではかなりうるさいかと。
    積載性
    無評価
    そこはSUV。そこそこ詰められます。キャンプ等では十分。営業車としても後部座席を倒して相当に荷物を積んで運べました。
    小さいバイクもこの通り。
    燃費
    無評価
    エンジンパワーに余裕があったので、普段からそんなに吹かす事もなかったかな。とは言いながらも、やっぱりお世辞にもよくありません、市街地4~6km/l、高速9km/lが上出来かな。
    ハイブリッドですらない当時のSUVに燃費を期待するのはイクナイ。
    故障経験
    最後にオルタネータだったかもしれません。
  • マイカー
    マツダ トリビュート
    • EBA

    • マツダ / トリビュート
      LX_4WD(AT_2.3) (2003年)
      • レビュー日:2019年11月9日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・視界が広く運転しやすく、長距離運転が楽。
    ・排気量2.3リットルで、まあまあ、思い通りに走る。
    ・格安な車なので、惜しげなく、自分で(出来るものは)修理、装備の工事を行うことができる。
    ・タイミングベルトは金属チェーンなので、10万キロでも交換不要。
    ・14年間、雨ざらし保管で、ワックスは年1回位だけど、塗装は全く問題が出ていない。塗装が良い。
    ・愛着が出てきている。
    不満な点
    ・14年前、ランクル80(4200ccディーゼル)の後、トリビュートを買ったが、トリビュートの方が燃費が高く(悪く)なった。
    ・最近(2015年~)の同クラスのSUVは、トリビュートより、50%ぐらい燃費が安い(良い)。(50%距離が増える)
    ・最近、修理箇所が増えてきた。(トヨタの車は故障が少ないとよく耳にする?うらやましい。)
    総評
    ・今は、あまり距離を乗らない(年5000キロぐらい)。
    ・10万キロ前後で故障が増えてきた。
    ・同クラスの車を更新するには、200~300万円の出費になるため、(高額でないなら)修理しながら、もう暫く乗ろうと考えている。
    走行性能
    無評価
    ・排気量2.3リットルで、まあまあ、思い通りに走る。
    乗り心地
    無評価
    ・SUVのためか、サスは硬め。高速道路を走ると、ちょうど良い。
    ・前輪の振動が、ハンドルに伝わって着て、あまり気分が良くない。(2017年92000キロでショックアブソーバーを全部交換したが変化なし)
    積載性
    無評価
    ・趣味の魚釣りの道具の積載や、68歳で定年退職した後、野菜作り関係の資材を積載するのに、適している。充分積載できる。
    燃費
    無評価
    ・平均、リッター8~9キロ位か。
    ・燃費計を付け測定した結果、高速道路のみの平均は、リッター17~18キロ走ることが分かったので、我慢しようかなと思った。
    故障経験
    ●下記のリコール修理があり、無償交換。
     ①パワーステアリングポンプのプーリー交換(2006年事前修理)
     ②アクセルを踏み込み時に引っ掛かかる(スロットルボディ交換)(2011年事後修理)
     ③ファンコントロールモジュール交換(2013年事前修理)
    ●下記の発生都度の修理あり(オイル、タイヤ、バッテリー、ゴムブッシュ、ブーツ等の交換は除く)
     ①ブーツ切れのため、左右フロントスタビライザーコントロールリンク交換(2011年51500キロ)
     ②フロント・リア ブレーキホース交換(2012年58000キロ)
     ③エンジン不調のため、インテークエアホース交換(2015年78000キロ)
     ④スパークプラグ全交換(2015年81000キロ)
     ⑤フロント・リア ショックアブソーバ交換(2017年92000キロ)
     ⑥暗くなったため、ヘッドライトバルブ交換(2017年92000キロ)
     ⑦フロントブレーキパッド交換(2017年92000キロ)
     ⑧スタビ・コントロールリンク交換(2017年92000キロ)
     ⑨ホイールシリンダー アッセンブリー交換(2017年92000キロ)
     ➉リアドアキー掛らず、ロックコントローラー交換(2018年104000キロ)
     ⑪エンジンルームから、カラカラ音あり、オルタネータドライブベルト&テンショナー交換(2019年111000キロ)
  • その他
    マツダ トリビュート
    • frau

    • マツダ / トリビュート
      • レビュー日:2014年12月26日

    おすすめ度: 2

    • エクステリア3
    • インテリア2
    • 装備2
    • 走行性能3
    満足している点
    価格が安いうえに値引きも大きかった。欲しかったV6のSUVにしては十分に買い得。パワフルで評判だった3000。センターデフロック付きで走破性が高め(ただしリアLSDが付けれないとスタックの可能性が)。
    不満な点
    エンジンはV6にしてはフィールが荒っぽい(人によっては美点)。直4・2000はローパワーで不評だった。狭い林道だとボデーサイズが大きすぎる。
    総評
    <2005年式5ドア3000LX・4AT>
     林道走行メインとして新車を検討。V6ガソリン。プロシード・マービーの後継になるのかな。
  • マイカー
    マツダ トリビュート
    • ケイツー

    • マツダ / トリビュート
      FB-X_4WD(AT_2.3) (2003年)
      • レビュー日:2014年5月23日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア4
    • インテリア4
    • 装備4
    • 走行性能4
    満足している点
    仕事にも使えて(ある程度、荷物も積めて)、高速も、山道も、街中も、雪道もストレス無く走れる。
    車高が低すぎず、高すぎず、乗り降りも楽です。
    後ろ姿が、すっきりしていて良い。
    ウォークスルーのスペースにゴミ箱が置ける。
    不満な点
    純正のルーフレールがしょぼい。また取付位置が後ろ過ぎて積みにくい。
    取り外して、アフターパーツをもっと前の方に付けました。これで長尺物も積めます。
    総評
    過去のユーザーレビューを参考にして、マイチェン後の2.3Lを買いました。まさに隠れた名車ですね。
    100点の所は無いけれど、使い易い車です。
    9年落ち、4万キロのを買いましたが、長く乗りたいと思います。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース