メルセデス・ベンツ SLK

ユーザー評価: 4.11

メルセデス・ベンツ

SLK

SLKの買取情報を調べる

メルセデスが創ったロードスター。 - SLK

マイカー

メルセデスが創ったロードスター。

イイね!
  • Koln

  • メルセデス・ベンツ / SLK
    SLK230コンプレッサー_RHD(AT_2.3) (2000年)
  • おすすめ度:
    乗車人数:2人
  • レビュー日:2018/10/23
    使用目的:その他
走行性能
尖った性能だけに特化した性格ではありませんが、実はスポーツ性能も優秀です。

クセとして、前後重量配分が少し前寄りですので、スポーツ走行の時はその部分を考慮してドライビングする必要性を感じます。
弱アンダーな性格のSLKに対して、車が喜ぶ運転を心がけて手綱を捌いた時、何も足さない何も引かないレベルのハンドリングで、コーナーを何事も無かったかのように穏やかにスルスルとクリアしてくれます。

仮に限界を超えた際、グリップ⇒ドリフト→スピンへ移行するモーションが穏やかで、いざと言う時でもドライバーに余裕を与えてくれる懐の深さからは、まるでSLKが「これしきの入力は大丈夫ですよ、安心して攻めてください」と話しかけてくれるように錯覚する程です。

エンジンは特徴がない事が特徴ですが、優秀なお助けユニットであるスーパーチャージャーの味付けが素晴らしく、ターボラグが無く、アクセルを踏む足に連動して車がグイッと前に進んでくれます。
これだけトルクフルなのにレスポンスの良い矛盾は、高い喜びを与えてくれます。

結論としまして、優等生で優しい雰囲気なのに、実はしっかり者、ロールキャベツ男子のような個性です。
乗り心地
乗り心地は、欧州のツーシータースポーツの中では良い部類です。
ただし、メルセデスの中ではスポーツカー的味付けで固めの脚です。
しなやかさの中にコシと粘りが有り、必要な情報は静かに確かにドライバーへと伝えてくれます。

メルセデスの中では小ぶりな車体ですので、小さなボートで大波に揺られる挙動は出てしまいますが、しなやかなスプリングと適度に引き締まったダンパーで、タイヤの路面追従性が良く、このコンパクトなサイズではメルセデスのフラットライドな走りを十分に達成していると感じます。
燃費
燃費は街乗りで7~8、高速で12ぐらいです。
積載性
期待する車ではありませんが、室内は心地よい狭さです。
トランクの広さは十分で、横幅がありベビーカーがギリギリ入ります。

故障経験
パーツレビューに乗せただけ、壊れました・・。
ある程度の維持費はかかりますが、それだけの価値はあると思います。
満足している点
ここでは、私がR170型SLKを愛車としている理由を、個人的な尺度から語らせて頂きます。

フェラーリの官能的なエンジン、ポルシェの素晴らしいブレーキ、S2000のクイックなハンドリング等、各分野の魅力溢れる車達は沢山あると日々感じています。
しかしながらSLKは、輝く部分は無くとも、欠点や弱点が無く、非常にバランスが取れたツーシーターオープンであり、外車にハマってからの私のネオ・スタンダード的基準となりえる存在だからこそ、気持ちが離れず乗り続けていられるのだろうと思います。

また、車体全体から醸し出される可憐さ、優雅さ、育ちの良さ、安心感は、私だけがSLKに感じているであろう好きな部分です。

そして最も満足している部分は、長い歴史に裏付けされたメルセデスの技術力からくる、余裕の雰囲気。
こればかりは、にわか仕込みで達成できるほど自動車造りは甘くないでしょうし、膨大な時間をかけてノウハウを蓄積してきたからこそなしえるであろう事は、私にもSLKのシートやハンドルを通じて確かに感じる事ができます。
不満な点
メルセデスらしくエンジンは黒子に徹する縁の下の力持ち的キャラクターで、高回転まで回ったり、官能的な音を奏でるユニットではありません。

車重が1380キロとこのクラスにしては重いですので、ボディ剛性や安定性が高いのですが、その代償として軽快感がスポイルされております。

また、ハンドリングは鷹揚な性格で弱アンダーに仕立てられており安定性は抜群ですが、クイックなハンドリングや固い脚周りが好きと言う方からしたら、コンフォートで大人しい性格に感じると思います。
総評
スポーツ・ラグジュアリー・コンパクト、尖った部分に秀でた車ではなく、万能型の車です。
路面がフラットのドライのサーキットでコンマ1秒を稼いだり、ブレーキングGやコーナリングGがどれだけ出たか等の偏った性能では無く、どのような状況でもきちんと走り、車格以上の重厚感に加え快適性が高い車に仕立て上げられています。
その正体は、スポーツ性とコンフォート性を高い次元でバランスし、飽きないデザインや、長く乗ってもアラが見つからない程の完成度の高さ、言い換えれば普遍性と完成度こそが、この車の味わいだと感じます。

世界的にヒットしたマツダロードスターを受けて、メルセデスが自分たちの思想を元に表現したツーシーターカブリオレ、それがSLKです。
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/2635224/blog/42100010/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

イベント・キャンペーン

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 静岡県

    Team SLK 4th T ...

    車種:メルセデス・ベンツ SLK , メルセデス・ベンツ SLC , AMG SLK

ニュース