三菱 エテルナサバ

ユーザー評価: 4.5

三菱

エテルナサバ

エテルナサバの買取情報を調べる

クルマレビュー - エテルナサバ

  • マイカー
    三菱 エテルナサバ
    • 三菱 / エテルナサバ
      1.8 LX ディーゼルターボ (1989年)
      • レビュー日:2008年2月2日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア4
    • インテリア3
    • 装備3
    • 走行性能4
    満足している点
    ディーゼル車なので燃費が良かった。満タン給油して1000km走行したことがある。平均燃費は17km位でした。
    シートが柔らかかったので座り心地が良かった。
    クラッチがソフトでギアもスコスコ入り運転がしやすい、スポーツカーだったら峠道がなお楽しかったと思う。
    不満な点
    ディーゼル車だということ。振動・騒音がひどい(ガソリン車に乗り換えた時エンジンがかかっていないと思ってセルをまわしたことが数回ある)
    黒煙を吐いて後ろの車が迷惑そう。
    ABSがなかったので1度物損事故をおこしてしまった。
    総評
    今の時代では走れない車
    10年前に就職した時親父からもらった車でした。当時はまだ排ガス規制もなくディーゼル車が多数走っていました。ギャランの兄弟車とあってスタイルはリアのテールランプが違うだけでほぼ一緒です。もらった時すでに10年が経過し、20万kmを超えていましたが、故障はダイナモが壊れたこと位です。1年だけしか乗らず24万kmまで走行し車を買い換えましたがまだまだ走れたと思います。現在軽油は120~130円しますが、当時は近所のスタンド(フルサービス)で50円だったので燃料代に困ったことはありませんでした。
  • その他
    三菱 エテルナサバ
    • DRIVING SMILE

    • 三菱 / エテルナサバ
      iO(MT_1.8) (1992年)
      • レビュー日:2003年5月21日

    おすすめ度: 3

    • エクステリア4
    • インテリア4
    • 装備4
    • 走行性能3
    満足している点
    最高の美点はエンジンのトルクフルさだと思います。
    低速ではまず1800~2300回転にトルクの山があり、町での巡航にはこちらの回転域を使うことになりますがスムーズに加速します。3000回転からは一番元気なゾーンへ。3速では思いのままに加速でき、現在のオートマ2000ccクラスの車であれば、私の場合は5MTですのでむしろ速いと思います。遅いと感じたことはありません。中速域の力強さは三菱らしい特色ですね。ランエボもそうですが。
    室内も広く、大人4人でゆったりしています。インパネの古臭さや安っぽさもなく、シンプルで使い勝手の良いものです。各方向への視界も開けておりBMWにも似たトール型の良さを感じます。
    ちなみに私は前後輪を外したMTBを後部座席に突っ込んでいます。セダンでもMTBは入れられるんです。
    不満な点
    ファミリカーとしてセッテイングされているのか、そのままでは非常に足回りが柔らかすぎ、ロールもかなりでていて、走行安定性も阻害しており、エンジンとアンバランスな印象が拭えませんでした。
    そこでカヤバ製のギャラン用ダンパーに交換したところ、高速コーナーでの横方向への踏ん張りはかなり高まり、トラクションが余裕を持ってかけられるようになりワインディングでの走行性能は飛躍的に高まりました。
    少し車重もあります。軽快感はあまりありません。安定感という感じでしょうか。絶対的なコーナーリングスピードはあまり高くありません。
    シートについても、もう少し横方向へのホールド性を持たせて欲しかった。生産されていた時代にそんな視点を重視する傾向はあまりなかったのでしょうが。
    総評
    父から譲り受けてもうすぐ10万kmの走行距離になり、経年変化も出てきてはいます。MTはギヤ鳴りなども発生しており、気持ちよさをスポイルし始めてきました。
    ただ、エンジンについてはまったく良い状態のままです。アーシングを施したので低速の谷はなくなり、思いのままに加速できます。
    たまに見る同型車はグレーが多くの割合を占めていますが、私が今乗っているブルーは全然古臭く見えませんよ。おそらくターボ車で50万しないはずですから、相当安いと思います。
    この車は私にMTミッションの楽しさと車をコントロールする面白さを教えてくれました。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース