三菱 ギャラン

ユーザー評価: 3.72

三菱

ギャラン

ギャランの買取情報を調べる

クルマレビュー - ギャラン

  • マイカー
    三菱 ギャラン
    • てつし

    • 三菱 / ギャラン
      AMG (1989年)
      • レビュー日:2021年7月11日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能3
    • 乗り心地3
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    昨今の車両に比べ、車が軽いことで動きが軽快に感じます。 
    不満な点
    古い車で、当時としてはクラス最高級部類なのですが、昨今の車と比べるのが可哀そうかな
    総評
    部品供給に難がありますが、海外からの取り寄せで何とか性能維持できており、年齢相応に個性的な車と乗って走ってと楽しめています。
    デザイン
    5
    今の車に無い個性的なデザイン AMG社監修
    走行性能
    3
    イケイケで走る車でもなく、年齢相応の危険度の無いパワー感です。 抜け気味のショックが改善されれば、もっと楽しく走れそうです。
    乗り心地
    3
    抜け気味のショックでやわらかめの乗り心地で、普通に走るには快適、高速道路ではちょっぴり危険 静粛性や振動は都度改善しており、年式としては極めて快適です。
    積載性
    無評価
    特にレジャーに使うわけでないので、何とも言えませんが ドライブ中の特産品などの買物では不満無し
    燃費
    無評価
    この当時の車なので燃費は...
    価格
    無評価
    評価対象外とします。
    故障経験
    エアコンのレトロフィットでR12→R134aに変わり、冷えが多少緩慢になりましたね。 
    ヒーターホースや関連のホース類の劣化があり、純正部品の供給が無いことから今後要検討
  • その他
    • Farinaちゃん

    • 三菱 / ギャラン
      AMG (1989年)
      • レビュー日:2021年4月18日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 3

    • デザイン3
    • 走行性能5
    • 乗り心地3
    • 積載性3
    • 燃費
    • 価格1
    満足している点
    EGは4気筒DOHC16バルブの4G63型であるが、VR-4で採用されたターボではなくNA仕様となっている。しかし、ポート経の拡大やピストンの変更、可変吸気管の採用、触媒排気抵抗の低減や、プレミアムガソリン仕様化等の変更が施されており、出力はノーマルの140馬力から170馬力まで引き上げられており、トルクバンドも広げられている。このエンジンを製造するにあたり、先ずベースEGをAMG本社に送り、そのEGをAMG側でチューンした『指標エンジン』を基に、三菱で再度組み直す方式が採られており、AMGが手を加えたといえる内容となっている。
    不満な点
    DINデッキの位置
    ナビの視認性がヤバいと思う
    総評
    バブルの絶頂期に販売されたギャランAMGの販売台数は、約1,400台と全くもって芳しくなかった。これは、当時のパワー主義の時代にNAのFFというこのクルマのキャラクターが国内では全く支持されなかったことが大きいであろう。しかし、AMGが目指した「気持ちよくふけあがり、当時のターボでは不可能であった広いトルクバンド・それらを感じられるEGや排気音」、「ロングドライブに適した運動性能(セダンとしてノーズダイブやFFとしての特性を消すのではなくいなす味付けや、軽くてクイックなハンドリング)」、「上質な空間」などを考えると、運転を楽しむことについては欧州に一日の長があることを思い知らされる。
    このクルマを想うと、ツアラー車が少なく・支持されない日本が少し寂しくも感じる。(信号のないロングドライブを楽しめる環境が、国内では少ないこともあると思うが…)また現在では、メルセデスの傘下となり、マッスルなEGばかりを作っているAMGが、EGサウンドを大切していることが知れ、ツアラーとして日本にはない基準で考えられている事が伺える。チューンとは、馬力を上げるだけではないことを教えれくれる良い手本である。

    「良いクルマとはどのようなものか?」の基準を、ツアラーとして考えさせられる価値あるクルマである。
    デザイン
    3
    AMGらしくヤニこい(ガラ悪い)感じが素晴らしい。きれいに纏まっていると思う。
    走行性能
    5
    『指標エンジン』では、ロッカーアーム・バルブの軽量化(削り込み)、チタン合金リテーナーなどの採用により、慣性重量を約10%ほど軽減させて高回転時のカムシャフトへの追従性を上げている。このことにより、高回転域における連続使用での耐久性や、フリクションロスの低減による軽いふけ上がりが追及されている。

    足回りでは、フロント部のブレーキを2Podキャリパーに変更、ステアリングのレスポンスの改善、ガス入りショックなどが変更されている。このことにより高速やコーナーでの操作性が向上されている。

    ギャランでは、VR-4などの240馬力を発生させる2Lターボエンジン+フルタイム四駆も存在しているが、AMGではFFのNAを採用している。4WDによる重量増加を嫌い、EGは高回転域を改善、運転では操作時のレスポンスやブレーキを改善していることからも、パフォーマンスよりツアラーとしての機能を追求していたことが伺える。
    乗り心地
    3
    足廻りは、ピッチなどを抑え込むのではなく往なしていく感じだったらしい。つまり、ピッチやロールはそれなりに発生するが反応が素直なのだろう。
    積載性
    3
    普通の5人乗りセダン。しかもFFなので予想を裏切ることはないだろう。
    価格
    1
    当時ではVR-4とほぼ同価格の280万だったらしい。これでは支持されにくいだろう。
  • マイカー
    三菱 ギャラン
    • トミーギャラン

    • 三菱 / ギャラン
      VR-4_4WD(MT_2.5) (1996年)
      • レビュー日:2021年4月15日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性2
    • 燃費2
    • 価格2
    満足している点
    フルタイム四駆のV6 TWIN TURBO 直線番長!!
    希少 5MT 設定の サンルーフ仕様
    不満な点
    維持費が、高い、部品供給が厳しくなった
    総評
    こんな、イケメン希少車、もうありません
    デザイン
    5
    ガンダム見たい、メーターは当時の最先端、ハイコンメーター
    走行性能
    5
    パワーは最高!、ブレーキショボい、安定の四駆
    乗り心地
    4
    車高調なので、硬めです
    積載性
    2
    今の車に比べたら、狭いです
    燃費
    2
    ハイオク仕様で、経済的じゃ有りません。
    価格
    2
    スポーツセダンの中では、低価格
  • マイカー
    • YS1986

    • 三菱 / ギャラン
      VR-4_4WD(MT_2.5) (1996年)
      • レビュー日:2021年3月30日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格4
    満足している点
    流石はV6 2.5L ツインターボ。大きくなった車体でも軽々と走らせる。マフラー等変えなかったので、エンジン音は高級車並みの静かさ。前期型は当時のセルシオを思わせるメーターで高級感があったし、私が乗った個体には標準でカーナビも付いていた。スポーツさより高級さが際立っているが、サーキットでも十分楽しむことが出来た。ちなみに、メーター内にAYCの動作状況を示す3段階のインジケータがあったが、サーキットでも2までしか作動しなかった。3まで作動したのは雪道でスリップしそうになった時のみ。
    不満な点
    これを不満と言うか?疑問だが、やはり、ボディが大きく重たい。結果、サーキットでのタイヤへの負担が大きかった。また、私が乗った個体にはサンルーフがついていたのだが、これも原因だと思うが、サーキットを走りまわって手放すとき、少々ボディが歪んでいた感じがある。後は特に不満を感じた点はなかった。…2.5Lにより税金が高くなること位?
    総評
    サーキットも楽しめるし、実用性の高いセダン。2.5Lという排気量のため、税金が少々高くなるが、今どき大排気量の車が多いので、気にならない方が多いかも。現存する個体が少ないが、普通のセダンでは物足りず、少し刺激が強いセダンを求める方には持ってこいの車だと思う。
    デザイン
    4
    E30系ギャランの出来が良すぎたこともあり、このモデルではフロントが逆スラントになっていたりとE30系を彷彿させるデザインだったが、上記の通り高級感を出すためか、E30系程の冒険はされていない。見た目は普通のセダン。
    走行性能
    5
    走りという分野ではランエボがあるし、流石にランエボには敵わなかったが、あの大きな車体であそこまで走ることが出来るので☆5とした。VR-4の名前を冠する車としては合格点だと思う。
    乗り心地
    5
    ランエボ程尖った車ではないので、走るための要素はあったが、足回りは固くもなく、柔らかくもなく丁度良い感じ。ノーマルサスでサーキットを走っても不安感はなかった。最後はテインのレグナム用車高調を入れたが、それでも、そこまで固かった印象はない。
    積載性
    5
    あれだけ大きなボディなので、トランクはランエボより一回り大きいので☆5。現在乗っているフィットに比べれば、ボデイ形状も異なるが、積載性は落ちるが、セダンとしては十分と感じたので☆5。
    燃費
    3
    実は、燃費は全く覚えていない。ただ、ランエボと比べてそこまで悪いと言った印象はまるでなかった。2.5Lではあるが、そして、ツインターボでもあるが、3~4km/lと言う事もなかったし…。曖昧なので☆3とした。
    価格
    4
    このEC5Aが出た当時のランエボは4(CN9A)だったのだが、価格は見事にバッティングしていた記憶あり。ランエボより若干劣るとはいえ、ほぼ同性能の高級?セダンをこの価格で買えたのはお買い得だったのでは?という気持ちで☆4。
    故障経験
    故障は全くなかったが、上記の通り、最後はドアを閉めた時に前後のドアで上端に差が生まれるほど、ボディがよじれていた可能性アリ。
  • その他
    • ちくわ侍

    • 三菱 / ギャラン
      VR-4 RS 後期 (1990年)
      • レビュー日:2021年3月19日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 4

    • デザイン1
    • 走行性能5
    • 乗り心地3
    • 積載性3
    • 燃費2
    • 価格1
    満足している点
    三菱のギャランと言えば、「おっさんカー」として有名。「安い!!ダサい!!強い!!」の3拍子だったが、この「VR-4シリーズ」は「おっさんの皮をかぶった狼」と言う化け物カーであった。

    特に私が過去に乗った事のあるこの「ギャラン VR-4 RS(後期)」は4WD・4WS・240馬力のエンジンとスパルタンなチューニングをされているモデルだった。

    当時、喧嘩を売ってきたAE86などを湾岸でぶっちぎったとか、ぶっちぎらなかったとか・・・(笑)
    不満な点
    外装全般(笑)
    とにかくダサい!!
    総評
    最後期であるギャランVR-4・RSは5MTにのみ240馬力のシングルターボが設定されている。又、4WSが投入され、車重も50キロほど軽くなっている。

    乗ってみるとわかるスパルタンな感じ。ただ、足回りは柔らかく、限界まで攻めると4WSがかえって邪魔になる。

    エンジンはトルクの方が勝っている感じがする。トップスピードは大したことが無いが、加速は十分。

    しかし、よくこの車でラリーを戦っていたなーと言う感じである。
    デザイン
    1
    デザインは内装・外装ともに「くそダサい」(笑)
    走行性能
    5
    4ドアセダンに240馬力のエンジンを積んでいるのだから遅いはずはない。トルクも31kp/mあるので十分すぎる走行性能である。

    しかし、エンジンのパワーとシャーシのバランスがとても悪い。本気で走ろうと思うと結構な改造が必要である。特に足回りは徹底的にチューニングする必要がある。
    乗り心地
    3
    フルパワー時以外はある程度快適である。「おっさんカー」がベースなので(笑)
    積載性
    3
    トランクは結構広いです。長い物でも後部座席が倒れるので入ります。
    燃費
    2
    燃費はリッター7K台で走れたと思う。
    価格
    1
    とにかく人気が無かった・・・。
    故障経験
    この車に限っては故障と言う故障は無かった。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース