三菱 ギャランフォルティススポーツバック

ユーザー評価: 4.12

三菱

ギャランフォルティススポーツバック

ギャランフォルティススポーツバックの買取情報を調べる

クルマレビュー - ギャランフォルティススポーツバック

  • マイカー
    三菱 ギャランフォルティススポーツバック
    • メローイエロー@千葉

    • 三菱 / ギャランフォルティススポーツバック
      ラリーアート_4WD(SST_2.0) (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2018/09/06
      使用目的:その他
    • 走行性能

       出力としては1.6トンを軽く加速させるので十分。シングルスクロール故にターボラグもそれなりにあるが、それも味でしょう。
       曲がる方はAWC様様で、タイヤ限界を超えない限りかなり強引なステアでもグネグネ曲がります。ストロークたっぷりな純正足でもショートストロークな車高調でも往なすあたりは流石。また、グラベルやスノーモードに入れた時の巻き込み感のバランスというか、前後駆動比の調整の出来が良く、冬季悪路の走行でも安心感がありました。
       ブレーキに関しては残念ながら、不満点に記述の通り少し不足していると思います。スポーツ走行なんか毛ほども考えない、安全運転しかしないという方でもパニックブレーキの可能性を考え、可能ならアップグレードの検討を。

      乗り心地

       足回りはスポーティグレードならまぁこんなもんでしょう、という程度には硬め。対してシートが柔らかめなので私的には丁度いい釣合いかとは思いますが…

      燃費

      10・15で10.2km/lの車ですから…お察しください(゚∀゚)

      積載性

       スラントハッチ故に開口部に少し癖がある(後端ギリギリに大型の箱モノを置くとハッチが閉まらない)事を除けば、セダンベースなのも相まって長尺物もそこそこ載ります。
       リアバンパーフェーシアが出っ張ったデザインなので、ひっかけそうなのがちょっと怖い辺りはネックになるかな?不安ならスカッフプレートやカッティングシートの貼付を。

      故障経験

      ・ABSユニット回りのセンサー異常(ASSY保証交換)

      ・あまり気にならないレベルのリコール数回(系列車種が砂漠地帯で砂噛んだから予防交換になった補器ベルトとか、パッキン接着剤不備だからとガラスごと変えてもらっちゃったサンルーフなど)

      満足している点

      ・他車にないスタイリングとユーティリティの両立
       元々特徴的な逆スラント・ロングノーズの面構えに加え、スラントしたリアハッチ。セダンベースである事も相まって、数あるハッチバック車の中では一線を画していると思う。似たデザインだと往年のサーブとか、日産プリメーラUKとか?
       傾斜のきついハッチゆえに箱物で考えるとハッチの割に積載が少ないともいえるが、絶対的な積載容積は十二分にあるので普段使いで重宝。普段使いと遊びの両立ができるのは魅力。

      ・ランエボっぽい動力性能
       タービンこそ違えど、ベースがエボ10と同じエンジンにAYCを省いたAWCと前後ノンスリ。
       ブレーキ回りも含めてパーツ互換を見る限り、大体エボ5RS辺りと似た感じの「枯れたシステム」ではあるのだが、その分デジタルとアナログがちょうどいい具合に混ざってるので扱いやすい。
       SSTはVW系列のDSGに比べれば制御の面でちょっと大人しい(トルコンに近いフィーリング)ではあるが、各ギアでクラッチがしっかり噛んでるという物理的構造が、オートマでもしっかり踏めるという安心感に繋がる気がする。
       AWCも非常に優秀。過去にBEレガシイのオーソドックスな機械式4wdにも乗っていたが、あちらに比べると四駆故の癖が抑えられていてよく曲がる。一定Rを周回中にある程度ステアを入れた所で車体がくの字にでもなってるような、何とも言えない巻き込みの感覚を得つつグニュっと曲がるので面白いというか、ちょいと不思議というか(^^;

      不満な点

      ・動力・駆動系での『何でそこ省いた?』というエボ10との相違点
       タービンがシングルスクロールになってる。これはまぁ仕方ない。ツインスクロールは高コストだし、少し小型のタービンでトルク指向を中間重視に据えるという、ハッチのセダン比での重量増加に合致する調整だから納得だ。しかしその他で不満が残る。

       一つには冷却系。元々高発熱の四駆ターボパッケージなのに、エボ10についてるSSTクーラーが省かれている。高負荷かけなければいいでしょ?とでも言いたいのだろうか。実際、街乗りでも夏場は温度が厳しくなるレベルなのに。
       ASSYとしては該当部がメクラされてるだけなので後付けするかと思うと、代わりに鎮座している巨大ウォッシャータンクが邪魔になる。なんともはや。

       また、ブレーキも然り。エボとの差異をつけるためにブレンボなんざつかないというのは判るが、代わりについてるのが先に挙げたようにエボ5RSと同じ小径ローター。片やモースポベース車両で1.3トン切り、こちらは諸々ついてる1.6トンで明らかにプア。これは正直、街乗りでもパニック時のことを考えるとちょっと怖い。少しでも飛ばしたりスポーツ走行をする人は最低でもパッド交換、可能ならローター・キャリパーまで含めたシステム刷新をお勧めしたい所。

      ・SSTの制御の甘さとイマイチ不安の残る信頼性
       せっかくのツインクラッチなのだが、エボの方は乗った事がないのでともかく、フォルティスの制御はシフトショックを懸念してか、変速時(特に低速ギア)で半クラ時間を長めにとった滑るような制御が入る。なので、VWのDSGに比べるととりわけ早いシフトという訳でもなく、これならトルコンATでよかったんじゃない?と思う場面もちらほら。
       そういう制御のせいなのか、ミッション自体の信頼性も正直ちょっと疑問が残る。事実、エボの方でもクラッチ周りの故障が少なからず聞こえてくる中で、あちらよりスポーツ走行をする人が少なさそうな車種とはいえ前述の滑るような制御をしてる事や、SSTクーラーのカット等を考えると、長く距離を乗る事を視野に入れる場合ミッションの耐久性がネックになりかねない気がする。

      ・テレスコ機能のないステアリング
      ベースが200万円台前半からの車とはいえ、ランエボ譲りの諸々をつけるグレードなんだからここは妥協してほしくなかった…

      ・スマートキーの感度の悪さ
      細かいけど、結構気になる点なので。
      パンツや上着のポケットに入れてる時は問題ないんですが、セカンドバックに入れてるとドアノブに手をかけても反応したりしなかったり。
       またポケットでも、一緒に携帯やカードケースを入れてると感度がダウン。電池変えても変わらなかったので、こういうもんなんでしょうが…。

      総評

       他車にないデザインとパッケージングなので、ツボに嵌るならぜひお勧めしたい。ただラリーアートに関しては各項記述の癖も踏まえて、改善や細かな管理をした方がよいと思う。街乗りがメインで、たまに気張れる動力性能の高めな上級グレードとしてならディーラー整備で十分だし問題はないと思うが、そこから一歩踏み込んだスポーツ走行のベース車として捉える場合、『安価なランエボ』と思って買うと今一つ限界や信頼性が低く、そこを底上げしようと思うと維持も含め後々コストがなんだかんだで結構かかるので覚悟の程を。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    三菱 ギャランフォルティススポーツバック
    • 長門@CX4A

    • 三菱 / ギャランフォルティススポーツバック
      ラリーアート_4WD(SST_2.0) (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2018/08/26
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ノーマルモードでは普通のATっぽいですが、スポーツモードにするとMTまでとはいかないまでも思い通りに加速してくれます。

      乗り心地

      静粛性を重視するならいまいちです。
      後部座席のシートが柔らかくて座り易そう?長時間座ったこと無いですが。

      燃費

      まだ二日しか走っていないので何とも言えない。
      8km/Lくらい?

      積載性

      後部座席を倒せばフラットな部分がリア側から1500mm確保できるので荷物がたくさん載る。
      斜めに寝れば177cmの私だと足先が少し当たるくらいで横になれる。マットがあればなおよし。

      満足している点

      見た目がカッコイイ!
      積載能力が大きい(後部座席を倒すと約1500x1300mmのスペースが出来る)
      舗装路・悪路・雪道ごとにモード変更が出来る

      不満な点

      運転席から右後ろが見えにくい
      燃費はお察し(人による)

      総評

      ほぼ一目惚れで買ったようなものです。
      キャンプをするので積載能力基準で選び、その中でこの車の見た目が自分に一番ハマりました!


      後部座席を倒して斜めに寝れば車中泊もできる(私の身長は177cm位)ので、ここも良かったポイントです。

      燃費を気にしなければ今後も楽しく乗って行けると思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    三菱 ギャランフォルティススポーツバック
    • riki1212

    • 三菱 / ギャランフォルティススポーツバック
      不明 (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2018/06/26
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      好看

      不満な点

      総評

      滿意

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • フォルティー

    • 三菱 / ギャランフォルティススポーツバック
      ラリーアート_4WD(SST_2.0) (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/05/06
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      パワーが手に余り、出しきれていないのが現状です笑
      しっかりしてます!
      他の方々も言っていますが、小回りが凄く効きます。リアのオーバーハングも短いので、扱い安くて助かってます。
      その反面、宿命かもしれませんが轍などは弱い気がします…

      乗り心地

      ほどよい硬さですね。これ以上硬くすると、硬い!ってなりますけど、今ぐらいなら程よいです。
      静粛性は、それほど良くないです。しかし、それが個人的には好きです。エンジンの音や過吸器の音も聞こえます!
      その気にさせられますね笑

      積載性

      座席を倒すとスキー板なんかも余裕で入ります!
      家族4人の旅行ぐらいなら難なくこなせるのかなと思います。

      故障経験

      中古で購入してすぐに、ブレーキセンサーにトラブルが出て入院しました。ディーラ保証にて無料で対応してもらいました。

      満足している点

      見た目ですね!欧州車の様な優雅なデザインからのエボⅩの様な悪そうな顔。かっこいいです。
      また、パワーが段違いです。足をアクセルに乗せてるだけで、加速をするのでとても楽です。
      変速もびっくりするぐらいスムーズで、滑らかな変速をします。口コミでみられるギクシャク感も、アクセルワークでどうにでもなると思います

      不満な点

      分かってはいましたが、燃費が悪いです。エアコンをかけて渋滞に捕まるとリッター6キロ台です。でも、エボのエンジン積んでる訳だし、覚悟はできてました。

      総評

      今のところ大満足ですよ!正直、初めての車はコンパクトカーにしようかと思いましたが、2.0リッターターボ4WDハイオク仕様なんて、もう出ないんじゃないかと思います。
      燃費の観点で迷っている人は、燃費を気にしてたら軽自動車しか買えない!という思いで購入したらいいと思います笑
      また、品質や故障で踏み切れない人は、ディーラ系のお店で買われることをおすすめします。今の三菱さんは非常に丁寧な対応をしてくださいます。チャンスかもしれません。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    三菱 ギャランフォルティススポーツバック
    • 南風堂

    • 三菱 / ギャランフォルティススポーツバック
      ラリーアート_4WD(SST_2.0) (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/12/24
      使用目的:通勤通学
    • 燃費

      街乗りでリッター8

      通勤でリッター10

      レギュラーガソリンでも走れる

      積載性

      ・意外と荷物が入らないスポーツバッグ
      セダン430L、スポーツバック345L
      になっており荷物の出し入れはしやすいが、荷物はそんなに積めない。

      故障経験

      ACD(アクティブセンターデフ)故障
      ACDのハイドロリックポンプユニットの故障

      満足している点

      ・見た目です、今時カクカクしてあんな厳つい顔した車そうそう無いです。

      ・国内では殆ど採用されていないツインクラッチSSTトランスミッション搭載車に乗れる点。
      ホンダからi-DCD車が出るまではR35GT-Rかランエボ10かギャランフォルティス位にしかツインクラッチを搭載していなかったようです。
      ステップATやCVTとは全く違う運転フィーリングです変速スピードは物凄く早いです。

      ・加速性能、ランエボ10と基本的には同じエンジンを積んでるので(過給器が少し違う)踏めば鬼のような加速をする

      ・前後輪にLSDは付いている点
      ランエボと違いAYC付いていないが、フロントにはヘリカルLSD・リヤには機械式LSDが付いている

      ・ACDの出来の良さ、冬道を走ってると良く分かります。直進性・コーナリングは過去に乗ってた車のどれよりも優れていると感じます。

      ・保険料が安い、ラリーアートはランエボの括りではなく、ギャランの括りですので、車両保険入ってもそんなに高いと感じなかった。インテグラISに乗ってたときはタイプRと一緒だったからかなり高額でした。

      ・レギュラーガソリンでも問題なく走れるところ。。。転職してから通勤距離が往復40キロになってしまったのでレギュラーでも走ってくれるので助かります。
      画面の燃費計をみてると、通勤でリッター10キロ街乗りでリッター8キロ、過去最高でリッター13.9まで出したことあります。
      街乗りでもエコ運転を心がけたらリッター10は意外と難しくない?

      不満な点

      ・振動エンジンの回転数が上がるに連れて、アクセル・ブレーキペダルから小刻みな振動を感じます。三菱のディーラーに聞いてみたところ、三菱自動車側もこの件については関知しているが、走行する分には問題無いとの見解でした。
      原因は4B11エンジンにバランサーシャフトが入ってないのが原因かと思われる。

      あと乗っていても、アイドリング中とかにはシートから振動伝わって来ます。静音静粛性を求める人には向いてません

      ・不具合事例の多い、ツインクラッチSST
      ○ギアが偶数段または奇数段に入らなくなる不具合
      ○クラッチ滑り
      が多い事例みたいです
      初期の頃はASSY事交換だったようで工賃込みで100万以上の修理額になってたようですが。最近は改善されて一部に限り部品交換ができるようで、だいぶ修理費は抑えられてるみたいです。

      ・壊れやすいACDユニット
      三菱伝家の宝刀ACD(アクティブセンターデフ)ユニットが壊れやすいです10年持たずに壊れます。1度壊れて部品代・修理代込で20万の提示でした。ネットみてても壊れた報告は多いようです。



      ・ステアリングが妙に軽いのが気になります。もう少し重いほうが好み。
      あと、この価格帯なのにテレスコもチルト機構が付いていないのは不満を感じる。



      ・ウインカーの音が走行中は全く聞こえない点三菱のディーラーに言ってみたが、音量を大きくする事も音色を変えることも出来ないようです。ウインカー上げたらメーター内チラチラ見るようにしてます

      ・ギアがローギアードだと感じる点
      ランエボ10よりはハイギヤードらしいですが高速でギア6速で100キロ出すと2500rpmあたり結構うるさいですよ。6速はまだハイギヤードでも良いと思う

      ・結構な確率でリバースギアに入らない時がある。説明書にも対応方法が書いています。
      パーキングレンジに一度戻すか、そのままリバースのまま一呼吸おくとリバースに入ります仕様です異常ではありません。

      ・個体差があるがエンジンルームから聞こえるバタバタ音。
      納車された時、エンジン音とは別にバタバタと不快な音が。。。問い合わせて見たところSSTのクラッチがニュートラル状態の時ああいう音がするらしい。これも仕様で異常ではない

      総評

      ・決して快適性を求めて乗る車ではないです
      それに加えて、独特なフィーリングをもつツインクラッチSSTは乗り手を選ぶと思います。

      ・けど、240馬力35.0kgmの圧倒的なパワーを感じるとやっぱり癖になります。
      代車でコンパクトカー乗ってると、動力性能に大きく不満を感じるくらいに

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース