三菱 ランサーエボリューションIII

ユーザー評価: 4.25

三菱

ランサーエボリューションIII

ランサーエボリューションIIIの買取情報を調べる

クルマレビュー - ランサーエボリューションIII

  • マイカー
    三菱 ランサーエボリューションIII
    • rallycat11

    • 三菱 / ランサーエボリューションIII
      GSR (1995年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/02/20
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      コンパクトで乗りやすい

      不満な点

      バッテリーが弱い

      総評

      総合的に使いやすい

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • にゃー会長

    • 三菱 / ランサーエボリューションIII
      GSR (1995年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/07/18
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      加速が素晴らしいの一言に尽きる。某サイトではフルタイム4WDという記載があるが、ビスカス式だったような気がする。だとすれば普段はFF車みたいなもんで4WDをフルに効かせるには相当な腕が要る・・・が俺は乗っててよくわからなかった。

      オフロード、特に冬場のドリフト性能が本当に素晴らしく、自分の腕がめちゃくちゃ良くなったのではないかと思うほど、思いのままに操れる。というか扱いやすい。サイドブレーキは確か4輪同時に効くのと弱いのとで、それを活用したターンは期待できない。パッドなどを強化品に変えてようやくロックできるそうな。余談だが特に紫外線などの経年劣化でサイドブレーキレバーがボロッボロになりやすい。カバーを掛けて保護してあげたいところだ。

      最小回転半径は5.5mで、特に小回りが利かないと感じることもない。オプションのサンルーフは、あったらあったで便利なんだろうがその分車重は重くなる。

      FMラジオに切り替える際、車体後部についているアンテナが自動的に伸びる。そのラジオを聴いている状態でエンジンを切ると、自動で格納される。おおー!となんか感動してしまう。ラジオにする度にニョっと伸びてくるので鬱陶しい場合もあるかもしれないが。FMトランスミッターなどで音楽を聴くのならずっとアンテナは伸びていることになるだろう。ショート化もできるらしいが。

      ニャンサーの場合、5ZIGENのProRacerというチタンマフラーが入っていたので純正マフラーに関してはわからない。騒音はそこそこ、というか車に関心がない層に関してはうるさい以外の何物でもないだろう。
      また、ARCのブローオフバルブ、K&Nのキノコ型エアクリーナーも入っていたので吸気音やら何やらいろんな動作音がしていた。

      タペット音が割と耳障りだがこれは三菱特有みたいなもんで一度、日産のPCVバルブクリーナー(巷では効果があるとの話)を試しに入れたが大して変わらんかったので諦めた。

      最高速は220Km/h位まで出るのを確認したが、その時に純正熱価7番プラグの頭を吹っ飛ばしてダメにしたことがある。純正状態ではどうか知らんが、念のため夏場くらいは熱価8番まで引き上げたほうがいいと思う。

      【ウォータースプレー】
      インタークーラーにウォッシャー液を噴射して、気化熱で冷却させるスイッチがついている。タンクは共用なので面白がって乱用しているとすぐにウォッシャー液がなくなる。これ、けっこう効果が高いらしい。しかしスイッチがサイドブレーキのあたりに付いていて、ちょっと使いにくい。移設してハンドルボタンにすると捗るぞ。

      乗り心地

      ニャンサーではオーリンズのショックが入っていたので純正状態は不明。車高は落としていない。
      パンピーが乗れば硬さを感じるだろうが、旋回時にもフラつかないし乗り心地はそんなに悪くないのではないかと。

      【レカロについて】
      純正シートでRECARO SR-3(形状が同じなのでSR-2だったような気もするが)がついてくるが、素材が元々デリケートめなのと古くなってくるのもあって非常に傷みやすい。特に運転席側はサイドサポートが傷んで骨が出ているのはザラで、下手すると生地を突き破ることもある。車内でパーツの取り付け作業などをする時でも塩梅悪いのでたまにサポートに座ってしまいがちで、それがまたいけないのだが、ついやってしまう。このへんの保護・補強はやっておくと安心。

      また、ドライバーの座高によってはベルトホール部分に頭が当たってすげえ痛いので、保護パッドをつけておくと捗る。なかったらクッション材を加工して付けるといい。市販レカロとは違い、リクライニングダイヤルは片側のみに付いていた、はず。

      乗り降りがお世辞にもしやすいとは言えないため、腰痛持ちは覚悟しておこう。レカロだからと言っても、別に長距離でも疲れない・腰が痛くならないといった感じは無かった。ただホールド性は流石にしっかりしている。

      【純正オーディオ】
      三菱らしくDIATONEのスピーカーが付いているが純正デッキのラウドネスをONにして、BASSやMIDをちょっと弄れば迫力の重低音を効かせられる。AUXボタンが付いているがあれはダミーだ、騙されるな。

      10枚式CDチェンジャーはヤレてくると、10枚フルに入れるとたまに入れ替え時詰まったりしてCDが傷モノにされてしまう。5枚くらいに留めておいたほうが安心。

      燃費

      遠乗りで頑張ればリッター13km程度までなら伸びる。街乗りで7~、ひどい時は3kmまで落ち込む。

      積載性

      150cm程度のスノーボードはトランクルームにはギリギリ入るかどうか、ってところ。素直に車内、助手席シートを寝かせてタテ積みしたほうがいいかもしれない。
      とはいえ必要十分な積載性を持っているのでこの辺りに不満を持つことはないと思う。っていうか一応スポーツカーなので十分過ぎるだろう。1ドア冷蔵庫程度なら後部座席に積むこともできる。

      【車中泊】
      不可能ではない。後部座席に脚を曲げて身体を縮めれば寝れる。レカロシートが前席に鎮座しているため、そっち側のスペースは期待できない。それか、前席でシート倒して寝るかだ。

      故障経験

      ・3速のシンクロが死んだ
      1~3速のシンクロが比較的死にやすいらしい。スポーツ走行で5→3に飛ばしダウンなんかやってるとダメージも蓄積しやすいそうな。よくやっちゃったわ。ダブルクラッチを習得するキッカケにもなったが、加速時はまだいいとして減速時はどうしてもギア鳴りがする。

      この場合、三菱のサイレントシャフトを止めるだのの理屈は置いといて。減速時、クラッチを切ったまま4→3に入れるところを一旦2速、つまり4→2に入れてから3速に入れる。この間、クラッチは繋がない。3速に入れ直した時に初めてクラッチを繋ぐ。こうすることでギア鳴りを防げた。おかげで他のMT車に乗ってもそのクセがしばらく抜けなかったわけだが。

      ・エアコンコンプレッサーが死んだ
      なんちゃってRS化の始まりである。直してる余裕なんかなかった。

      ・フロントリップの脱落しかけ
      油断こいて縁石に乗り上げるとこうなる。余談だがリップ脱着の際、ボルトが劣化しすぎてまさかの全滅(折れた)だったので加工してタイラップ固定式に切り替えた。

      ・EGオイルレベルゲージ抜けた
      走行中に抜けてエンジンルームとフロントガラスがオイルまみれに。ちょうどパワステタンクに軍手を被せていたが、そっちかよ。高年式になるとパッキンというかそういうゴムの類が劣化してくるので、早めに交換すると吉。

      ・プラグコード劣化
      熱に弱いらしく、マメな人は最低でも2年周期で交換するらしい(純正品)。三菱ディーラーの神がかった糞対応で危うくクルマをダメにするところまで行った。発見できればの話だが、応急処置として暗闇でボンネット開けてエンジン始動するとスパークが見えることがあるらしい。その箇所に絶縁テープを巻くと改善するんだとか。俺の場合、そういう問題ではなかったらしいが。

      ・ルーフのサビ
      ランサー特有の持病という話も聞いた記憶がある。ルーフにポツポツと割かし均等に気泡が現れたら発症開始。ほっといて走れなくなるわけではないが、この辺は板金屋さんにお願いする他ないだろう。雨漏りはそうそうしない。

      満足している点

      【エクステリア】
      ゴッテゴテのエアロパーツで武装した外観は、およそ純正市販車両とは思えないほどで360度どこから眺めても本当にカッコイイ。誰かが言っていた「お空を飛んじゃいそうなリアスポ」というのは褒め言葉として受け取っておこう。飛びそうな加速するから。
      最近の車はどいつもこいつも目が吊り上がって攻撃的だが、エボ3は比較的穏やかな目をしている。が、Fバンパーの開口部がデカいので威圧感は十分だ。

      故に煽られたりする事も無くはないが、逆に怖がられてるのか道を譲られる事もしばしば。別に飛ばす気はなく低速巡航したくて走っていても、前方車が気を使ってウィンカーを出してくれることがある。そして、逆に譲ってやったりすると驚かれることもあった。俺はヨロヨロのおばあちゃまにも譲ったがその時は驚愕された。エボ乗りならば英国紳士のようにスマートかつ広い心を持って運転しよう。いやこいつ日本車だけどな。

      フロントリップは脚回りの状態にもよるが縁石スロープの侵入・脱出時で擦りやすい。どちらかというとバックでの脱出時に擦りやすいので、その際はかなりゆっくりとクルマを動かすと擦りにくい。豪雪地帯で使用する場合はリップを外しておいたほうが無難。

      【加速性】
      低速ギアでパワーバンドに入った瞬間、シートに身体が押し付けられる感覚は今でも忘れない。初めて体感するときは誰もが驚愕し、恐怖さえ覚えるだろう。慣れてしまうと、その感覚がもう病みつきになって仕方がなくなる。胸のすく、すきすぎて何もなくなってしまうんじゃないかと思える程だ。

      【5ナンバー】
      第一世代エボというかエボⅣまでそうだが、5ナンバー車である。車体も軽くコンパクト。たまに「ランエボは第二世代からだよね!」なんて抜かす奴がいるが、その際は「うるせえピザ!!ワイらが居るから今のお前らがあんねんやぞ!!」などと反論してやろう。年上には敬いの意を持つべきなのだから。

      【シフトフィール】
      やや大げさにガッコンと入る。つまりストロークは比較的長め。弄ればショートシフトに出来るだろうが、硬すぎずユルすぎず、個人的にはこの感じが一番好みだ。ちゃんとギアが入っている実感がある。スポーツ走行時、シフトチェンジをミスると5速に入れる際ギア鳴りしてしまうことがある。ひと呼吸置くというか、落ち着いて操作しよう。

      【外気温表示機能】
      純正でこんな機能がついている。ワンボタンで外気温を表示できる。通勤時に見ておいて、出社時に「今日暑かったスねえ、○℃ありましたよ」なんて会話がスムーズにできる。しかしそれが行き過ぎると「アイツは何故か外気温を的確に言い当てる奴」という謎のレッテルを貼られるに違いない。便利な機能だが、低温アラートは正直邪魔である。

      不満な点

      正直俺としてはこの車に不満点なぞ一切無いのだが、敢えて欠点を挙げるなら・・・

      【冬場の街乗り燃費】
      夏場は乗り方によってリッター10kmを超えることも可能だが、なんでか冬はかなり悪い。リッター3km台の時は青ざめた。これじゃFDと同じやんけ。

      【クラッチフルード】
      リザーバータンクはフルードを変えても変えてもすぐに真っ黒になる。根本的な解決をしない限りどうしようもないが、別に死にゃしない。

      【ヘッドライト】
      この頃のランサー自体が暗い作りになっているとかなんとか。純正球なんかでは夜間常にハイビームにしたいくらい暗い。お金があるならHID化してもいいと思う。

      【ホイール・タイヤ】
      某サイトでは何故か5穴と書いてるが実際は4穴だ。ピッチが114.3であり、社外アルミを探すのには苦労するかもしれない。純正15インチだが、外観と走行性能のバランス的に16インチに上げるのが一番いい、ような気がする。
      その場合、適合サイズの205/45R16は選択肢が限られるので注意・・・でも今はアジアンタイヤも普及してるしそんなに苦労しないのかも。ちなみに205/55にすると外径が変わるため純正スピードメーター上で読み3~5km/hほどの誤差が生じるが乗り心地は良くなって安定もする。見た目もいい感じ。


      【ブレーキ】
      第一世代エボがエボではないと言われる最大の理由。Ⅲに進化して馬力が270psまで向上しても、そのパワーを受け止める程のブレーキはついていない。チューニングする場合はブレーキ関連を重点的にやるとバランスが取れる。そしてタッチがすごく悪い。弱いんだ。これに慣れてから他の車、例えば普通のファミリーカー等に乗り換えるとブレーキの効きの良さに驚いてしまうだろう。

      【外気温アラート】
      便利な外気温表示機能だが、外気温が氷点下まで下がると自動でアラート音が鳴る。いちおう凍結警告になっているのだが、冬に入ったばかりの季節では外気温がプラスマイナスを行ったり来たりしやすく、その場合頻繁にアラート音を聞く羽目になる。「うっさい!知っとるわ!」となること請け合い。

      【任意保険料について】
      俺の場合大したことなかったが、やはりスポーツカーという性格上、保険料は比較的高くつく傾向にある。また、ランエボは盗難率も高く、最終的にスカイラインGT-Rと同レベルの高額な保険料になることもままあるようだ。購入を控えていて心配な人は保険屋さんに要相談。

      総評

      一応ドノーマル状態を知らないので、ニャンサーとしてのレビューという意味も持たせている。ショックと吸排気のライトチューンだけだが。たぶんそんなに変わらないだろう。

      個人的に思い出が溢れかえっているので、総評としてうまく纏めきる事ができない。まあ、もともと纏まりのないレビューばかり書いてるんだけど・・・

      もう二度とこんなロマンの詰まったクルマは世に出てこないだろう。本当に素晴らしい車なのは確かだが、やはり維持し続ける、乗り続けるにはそれなりの覚悟はいる。古くなってきているし尚の事。

      タマ数も年々減ってきているしそこらへんでフラッと見つけられる車種でもない。あったとしてもドノーマルの優良個体なんてほぼ存在せず、何かしら弄ってあるものがほとんどだ。状態とかそういったものを念入りに確認して、覚悟がついたなら乗るべきだと思う。好きで選んだのであるならば、エボ3はきっと良きパートナーとなってくれるに違いない。

      今時第一世代エボが走っていること自体珍しくなってしまったので、時折そういうのが好きな人から話しかけられる事もあったりする。そういった繋がりやキッカケをも、このクルマは与えてくれるかも知れない。このクルマのために、MT免許を取る価値は十分にある、と思う。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    三菱 ランサーエボリューションIII
    • 阿部ねーヨ

    • 三菱 / ランサーエボリューションIII
      RS (1995年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/05/10
      使用目的:仕事
    • 走行性能

      曲がるまがる(笑)
      クロスミッションで車重も軽いから、首都高で911ターボを追っかけまわせるw

      乗り心地

      乗り心地はスポーツカー並みですねw

      燃費

      燃費は悪くなかった。
      リッター10は行く。

      積載性

      皆無ですな。

      故障経験

      バンパーなどの部品が無いから、ただでさえ車高の低いこの車は、バンパーが壊れると大変。

      満足している点

      機械式デフでノートラブル。
      圧縮比の高いエンジンで軽快に走り回ります。
      オイルクーラーついてるし、ほんと競技車って感じw

      不満な点

      部品が無い、シフトの痛みが激しい

      総評

      もう三菱にはこんな車を作るお金は無いのが悲しいかな・・・。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    • あいばーん

    • 三菱 / ランサーエボリューションIII
      GSR (1995年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/03/25
      使用目的:その他
    • 走行性能

      かつて車のチームを結成していた頃に友達が満を期してEP71スターレットから乗り換えで新車で購入し、時々運転させてもらっていました。

      2Lの4G63エンジン(270PS)+フルタイム4WDは当時としてはR32GT-Rとタメを張れる性能で、クロスレシオミッションと相まって一気に100Km以上に加速できる瞬発力は強力でした。

      乗り心地

      ランエボ専用のサスと専用RECAROシートの影響でそこそこ乗り心地は良かったですが、タイヤをインチアップしてハイグリップタイヤにしたらサスが負けるセッティングになり、更にHKSのフルスペック車高調になってからは走り一辺倒な足になり、4ドアであって4ドアにあらずな乗り心地に・・・(汗)

      燃費

      ターボをあまり使わずにドライブすると7~8Km、ぶん回すと4~5Km辺りでした。

      積載性

      元が4ドアセダンであるためにトランクがやや広めなので、キャンプ等に行く時にかなり便利でした(笑)

      故障経験

      友達が次々にいじって行くのは良かったのですが、強化クラッチにクラッチレリーズが悲鳴を上げてピボットが折れました(汗)
      ・・・私が運転している時で良かったのか悪かったのか・・・(汗)

      満足している点

      2Lでフルタイム4WDなので、どこからでも鋭い加速をしてくれました。
      後輪駆動ばかり乗っていた私がスポーツ4WDの基礎や乗り方を教えてくれた車でもあります。

      不満な点

      1~3速がクロスレシオになっているため、街中だとギヤチェンジが少々億劫になります(汗)
      それと攻めるわけでもないのに、とにかくこの車の後ろにスポーツカーが来ると6割の確率でパッシング+煽りが始まります(汗)
      特にライバルのGC・GD系インプレッサが来た時は・・・(以下想像ry

      総評

      「絶対的な速さならランエボ」とはどこかで聞いた言葉ですが、私にとってスポーツ4WDの乗り方を教えてくれた思い出深い車です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    三菱 ランサーエボリューションIII
    • ホワイトランサー

    • 三菱 / ランサーエボリューションIII
      GSR (1995年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2014/01/08
    • 満足している点

      まず走行性能は凄く良いです 軽量ボディに4WD ターボ ターボは2500回転位からかかりすぐに60キロが出ます
      スポーツセダンにしては燃費がよろしいです。平均 町乗りで10キロ位

      不満な点

      夏場はすぐにファンが回る

      総評

      不満はほとんどありません。すばらしい車です。 外観よし 内装よし 走行性能よし これ以上 良い車は無いと自分は思います。

    満足している点不満な点総評

前へ12次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter