三菱 レグナム

ユーザー評価: 3.46

三菱

レグナム

レグナムの買取情報を調べる

欲しい人は入手困難になる前に… - レグナム

マイカー

欲しい人は入手困難になる前に…

おすすめ度: 2

満足している点
プレステージ スポーツワゴンの謳い文句にふさわしく、広々とした室内空間と不足を感じない走行性能が魅力。

90年代三菱のハイテク技術 INVECS-Ⅱ、AYC ASC TCL(タイプSのみ)を搭載。

意のままに操る車というよりは
安全に スタイリッシュに走る というキャラクターが非常に自分好みでした。

ヨーロピアンな横長ヘッドライトユニットと張り出した大型バンパースポイラーは男のロマンで溢れています(笑)

中低速でのパワー重視のV6ツインターボは
他のハイパワー車では味わえない踏んだ瞬間から離陸するような豪快な加速と、街中で重い巨体をスイスイ走らせれるスペックを持っています。

不満な点
横置きエンジン、マルチリンクサス故に最小回転半径が大きく狭い駐車場や小道は苦手というか、走れません(笑)

ラゲッジスペースは当時出ていたステーションワゴンたちの中でダントツ積載可能容量が少ないです。

生産から20年を超す三菱車ですので、廃盤部品も多数存在。毎日ヤ○オクとにらめっこ、他車との共用部品無いか調査する日々を過ごす羽目になりますw
お世話になるショップやディーラーもちょっと頭を捻らないといけないかもです。
総評
個人的には欲しかった1台なので大変満足しています。

弄らずノーマルで乗っても、グランドツーリングカーとして長距離を疲れ知らずで退屈せずドライブできますし、スルメのように毎日新しい発見のできる面白いクルマです。

また、これをベースに弄るとなった時も
選択肢こそ当時より少ないですが、未だに新品でパーツを供給しているパーツメーカーさんもありますし
定番のヨーロピアンメイク、スポコン系から
弄り方次第ではアメリカンカスタム、レーシー、最近流行りのスタンスまで幅広くカスタムできるのも魅力です。

ただ良くも悪くも20年超なのでオススメはできませんけどネ(笑)
デザイン
5
逆スラントノーズ
筋肉質なボディライン
後期型の特権であるスタイリッシュなコーナリングランプ付きフォグユニット

外観だけでも見ごたえある車です。

ガンダムルックな外観は賛美両論かと思われますが(笑) ネットでは未だにカッコいいと評判みたいです。
走行性能
4
ツーリングカー的なキャラクターなので、スポーツカーのような走りはできませんが
1.5tのボディをグイグイ引っ張るパワーは十分あります。

それに反してブレーキの容量不足なのが難点でもありますが…ブラジルまでブレーキ踏み抜けば止まります。

学習機能の付いたATとの組み合わせも面白いもので、タイプSに設定されてるMTモデルより自分はATモデルをオススメしたいです。
乗り心地
3
ノーマルでもシャープで、ちょっとした山坂道もスイスイ走れる非常に良い足回りです。

静粛性は高い訳ではないですが、フラットな乗り心地で特に高速ツーリングでは疲れ知らずで片道500km程運転できちゃったり…レカロシートすら要らないなってびっくりでした。
積載性
3
前述した通り、リアサスもマルチリンクなので荷室までタイヤハウスがせり出しており、1人用の布団類積んだだけでフル積載状態になります(笑)

その替わり、ラゲッジの床下やサイドポケットなど小物を入れるスペースが意外とあるので1人旅行の場合は十分物を積み込めます。
燃費
3
市街地燃費は7~8km/L強。
高速、長距離燃費は9~11km/L。

首都圏のような信号の多い場合はもっと下回るかもです。
車の状態や運転の仕方よりけりですが、自分の中では良いほうかと思っています。
価格
2
現在国産絶版車のプレミア価格による上昇の流れを少なからず受けていて、状態の良い物だと120万~↑となっています。

10年ちょっと前までは30万とかで選び放題だったらしいですが()

欲しい人は入手困難になる前に…
故障経験
10万キロ少し走ってますがこれといって大きな故障はありません。

しかし、前もって予防として交換してるパーツは多々あり、年数相応の劣化部品の交換は必ずあると思います。

また使用状況次第ではタービン、ミッションの故障、デフオイルやエンジンオイルの漏れ等トラブルも見受けられるのである程度の修理資金や補修部品確保は覚悟しましょう。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース