モトグッツィ ルマン1000

ユーザー評価: 5

モトグッツィ

ルマン1000

ルマン1000の買取情報を調べる

クルマレビュー - ルマン1000

  • マイカー
    モトグッツィ ルマン1000
    • fujitetsu

    • モトグッツィ / ルマン1000
      不明 (1986年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/02/07
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      フライホイールの重い1000ccエンジン、峠ではガチャガチャシフターを触らず3速固定でだいたい事足りる。充分非常識な速度まで。他車よりは鈍臭いが、そんなこと気にする機種ではない。と思う。

      高速もそんなに速くない。けど、楽しい。

      乗り心地

      信号待ちでの270°クランクの振動はまるでマッサージ機。くすぐられる感覚。

      きつ過ぎず、楽すぎないポジション。

      燃費

      14km/lぐらい。

      セッティングを薄めに振ればちょっとは良くなるかもしれないけど、濃い目の感じが好きなのでOK。

      積載性

      シートを外せば工具とツーリングネットぐらいは収納可能。

      故障経験

      ステムベアリングにグリスが全くついてなかった。これに限らずイタリア車は出荷時ほんとちょびっとしかつけてない(のしかあたったことない)。ちゃんとつけて組むとホント良くなる。

      コイル?コンデンサ?レギュレータ?のどこかが原因と思われる失火。コイルはカワサキ純正、コンデンサは自作、レギュレータは中古良品でクリア。

      ファイナルケースのシールよりオイル漏れ。

      満足している点

      フロント16インチ。癖は強いが、慣れると18インチよりキビキビ走れる。VESPAっぽいハンドリング。巷で言われる乗りにくさは恐らくステムの整備不良。ちゃんとやればちゃんと動く。

      純正ブレンボマスター&キャリパー&パッドの無段階的タッチとインテグラルブレーキのコンビネーション。がーんとは効かないけど。ある意味アンチロックブレーキ。安心。

      サイドスタンドの短さは、止めた時の姿見を意識?やたら脚が長く見える設定。

      ちゃんとやればちゃんと決まる絶品のシフトタッチ。ちゃんとできてないときは、それなりに。教育的指導。

      270°クランクのリズム。

      いろいろ乗りましたが、こいつはなかなか飽きません。

      不満な点

      現在入手できる外品コンデンサがどうもひ弱なような気がする。パンクすると最悪。花火大会のごとく。

      総評

      古過ぎず、新し過ぎず。

      乗りやす過ぎず、乗りにく過ぎず。

      面白いバイクです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース