MV AGUSTA ブルターレ800ドラッグスター

ユーザー評価: 5

MV AGUSTA

ブルターレ800ドラッグスター

ブルターレ800ドラッグスターの買取情報を調べる

クルマレビュー - ブルターレ800ドラッグスター

  • マイカー
    • 灯火

    • MV AGUSTA / ブルターレ800ドラッグスター
      ブルターレ800ドラッグスター (2015年)
      • レビュー日:2020年10月17日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地3
    • 積載性1
    • 燃費2
    • 価格2
    満足している点
    MVアグスタと聞くと高級バイクメーカーの印象が強いけれども、現状は弱小メーカーの一つ。
    ただし尖った面も強く何と言ってもデザインと走行性能。
    エンジンを使いまわしと聞くと悪印象もあると思うけれども、逆もありけり。
    アグスタは基本のエンジン設計はそのまま各車種に搭載しているので、デチューン等されていれど3気筒ならF3系、4気筒ならF4系のエンジンが搭載されているのでどのバイクに乗ってもイタ車の官能的でSS並のハイスペックエンジンを体感できるということ。
    モデルによってはほぼそのまま移植したようなものもあるので本当に過激です。
    最近ではドゥカティのV4搭載ネイキッドが出ましたが、国産ネイキッドではそんなスペックのネイキッドなんてなかなか無いのではないでしょうか。

    特にデザイン面では所有欲を満たしてくれます。
    同じバイクとすれ違ったことがありませんし、悲しきかな道の駅などではオジサンにモテモテです。
    不満な点
    シートが硬く前後が狭いので長距離は不向き。
    ネイキッドスタイルのストリートファイターですがポジションは割と前傾なのでまったり流したり下り道をダラダラ走るのは辛い。
    標準でハイスロなので慣れるまでは極低速での扱いはギクシャクして気を使うかも。

    国内にも正規代理店やRB等の並行輸入店があるけれども部品供給には不満ありです。
    数百円のボルト一本の取り寄せで数ヶ月待ちました。国内在庫があればすぐに届きますのでイタリアの適当さを日本人顧客の感覚に合わせられない代理店の怠慢とも言えます。
    総評
    走る宝石と言われるMVアグスタのラインナップの中の一台で、数ある市販ストリートファイターの中でも格好良さと綺麗さをハイレベルでまとめ上げたようなデザイン。

    エンジンフィーリング等も流石イタリア車と言うべきで官能的。

    特筆すべき点も沢山ありますがしかし、総合点ではやっぱり国産バイクが一番。
    デザイン
    5
    「motorcycle Art」まさにこれ。
    眺めているだけでも楽しいです。
    道の駅やバイク用品店に停めて戻ってきたら自分のバイクの周りに人が集まっててスーパーカーのオーナーになった気分を味わえます。
    走行性能
    5
    まず、フルパワー化前提のバイクだと言うこと。
    国内仕様では諸事情で排気系や最高回転数で色々と抑えられていて本領が発揮できません。
    ここからやん!って回転数でリミッターをかけられぶった切られています。
    因みに正規輸入車両であれば納車時に無料でフルパワー化可能とのことです。

    同じ気筒数でも他社3気筒とはエンジンのキャラクターが全く異なります。
    典型的な低速ドッカンモリモリではなく、4気筒寄りの3気筒といった感じで、低速ではゴリゴリ、中回転から高回転ではファーーーーン!と軽く吹け上がってくれます。
    その咆哮も独特でまさしくブルターレ(獰猛)な野獣のようなエキゾースト。
    3気筒にしてはトルクが薄く感じることもありますが、低回転でもノッキングを起こす事がないのは流石でしょうか。
    空ぶかしでのレスポンスは凄まじく、過去所有していたCBR1000RR(07逆車)と比較しても普通車とスーパーカーくらいの違いがあります。
    「フォーン!フォーン!」ではなく、「ファン!ファン!」といった感じ。
    ただし標準でハイスロなので、極低速での取り扱いは慣れが必要かも。
    どうしても気になるならパワーモードの設定を自分好みにすると良いでしょう。
    反面、ハイスロなので全開時の握り直しが必要無くなるのと、減速時にスロットルを戻しきれずに突っ込みそうになるヒヤリからは開放されました。

    車体の剛性感は適度で扱いやすいです。
    その反面、リヤサスペンションは標準設定では柔らかく、ストロークの動きが激しいので走りや体重に合わせてプリロードやダンパーの設定をしてあげると良いです。

    タイヤは標準で200サイズですが、街乗りではそこまで必要ないと思いますし、切り返し時の重ささえ感じさせられます。
    タイヤ交換時は見た目や見栄を気にせず190サイズに落とすと街乗りでのキビキビ感を味わえますのでおすすめです。

    因みに、飛ばす人はステアリングダンパーは必須ですよ。
    特定条件ですが高速の継ぎ目や轍でハンドルがブリブリと踊って死を感じられます。
    乗り心地
    3
    厚が薄いシートはお尻にダメージを蓄積し、狭いシートはポジションを後ろにずらせないので高速長距離には向きません。
    例えるならレーサーのスポンジシート(笑
    CBR1000RRに乗っていた頃に他車のシートがソファのように思えていましたが、このバイクに乗るとCBR1000RRでさえソファだと思えます。

    ネイキッドスタイルのストリートファイターですが、ハンドルポジションが割と前傾になっていますので街乗りは少々辛いです。

    ただし、車両の持ち合わせた加速性能に対してそれらの要素はスリルを感じさせてくれます。
    全開加速では伏せて、お尻は後ろに。それをさせてくれない構造なんだから体感での加速感は凄まじいです。

    慣れるとどうとでもなりますけど(笑
    積載性
    1
    何も積めません。
    小さすぎるリアシートは人間ですら乗るのを嫌がります。
    シート下スペースは書類を入れるとシートが閉まりにくくなるレベルです。

    リュックもしくはタンクバッグは必須です。
    燃費
    2
    800ccとしては悪い燃費。
    13km/l程度で、例を挙げるとスズキの隼が平均18km/lです。
    CBR1000RRですら17Km/l。

    その上ネイキッドモデルなのに燃料計をケチって警告灯しか付いていないのでツーリングではSS気分。
    マスツーでは仲間の迷惑にならないように早めの給油をしましょう。
    価格
    2
    一時買いやすい価格で出して、最近また値上げしているアグスタですが、当時は走る宝石を手に入れやすい非常に買いやすい価格でした。

    中古でも流通数が少ないのとブランドから外車としては中古でも高値で取引されていますので、欲しい方は早めに購入を検討した方がいいかも。
    故障経験
    バッテリーあがりのトラブルこそありましたが、意外なことに購入から致命的な故障は経験していません。洗車時に気付くと外装等のボルトが無くなっている事がありますが外車オーナーならあるある範疇。

    ただし、他のアグスタオーナーさんのお話を聞くとトラブルや警告灯はめっちゃあるあるだそうで、個体にもよるのかもしれません。

    だとしても、意外と壊れません。
  • マイカー
    • 灯火

    • MV AGUSTA / ブルターレ800ドラッグスター
      ブルターレ800ドラッグスター (2014年)
      • レビュー日:2018年6月23日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    何と言っても見た目。
    「これ本当に二人乗りなの?」と思ってしまう程デザインにステータス全振りのタンデムシートや本国仕様3本出しマフラー。
    低速では乗りやすくも、回すと牙をむくエンジン。決して速さだけではないエンジンフィーリングと音は本当にワクワクさせてくれる魅力がある。
    エンジンレスポンスが良く、空ぶかしでも「ファーン!!ファーン!!」ではなく「ファンッ!!ファンッ!!」とやる気にさせてくれるような音。

    車重もとても軽く、乾燥重量で167kg。125PS。250~400ccと同等の車重で取り回しが楽なのはもちろん、軽いがゆえの加速感、コーナーリング性能は本当に秀逸。

    一度でもリッターバイクを知った人ならトルクのありがたみを知っているでしょうが、軽さがあればそんなもの気にならなくなるのです。
    不満な点
    サスはよく動くが、シートが固い上に特殊なシート形状のお陰で乗車ポジションがほぼ固定される点。跳ねる跳ねる。お尻が痛い…。
    ハンドル切れ角が少なく、小回りは苦手。

    見た目重視で作りこまれているからこそ、利便性は皆無。書類すらまともに入らないシート下。
    シート上もタンデムは落ちるのを覚悟していないと乗れない。積載なんて考えられているわけがない。

    上記している点は、国産スーパースポーツよりも酷いですよ(笑
    総評
    良いように言ってしまえば、フェラーリやランボルギーニに乗るようなもので、乗り手に訴えかける官能的フィーリングと見た目最重視。乗り心地や利便性は二の次。
    なのである程度…というよりはざっくりと割り切って乗るべきバイク。

    ただし、乗ってみると分かる楽しさ。愉しさ。
    国産車は良くも悪くもフラットで万人向け。国産じゃこんなバイク発売できないだろうな。と本当に思えるくらいの魅力があります。
    ただし、その魅力も実際に乗ってみないと分からないでしょう…。
    走行性能
    無評価
    コンピュータ、マフラーでフルパワー化済みです。極低速ではゴリゴリとした振動を伴い、回すにつれて牙を剥くエンジンですが、軽い上にパワーがあるので正直言ってリッターSSを所有していた自分でも怖いと思ってしまう程の加速感です。
    リッターSSやメガスポが押し出されるような加速感と表現するならば、ブルターレは蹴飛ばされるような加速感と言えます。

    レッドゾーンまできっちりとパワー感を伴って吹け上がるのは国産ストファイではありえない。
    10RではなくNinja1000のエンジンをZ1000に積みました。
    ではなく、F3のエンジンをブルターレに積みました。なのだから。

    前のバイク(CBR1000RR)が電子制御ステアリングダンパー付きだったこともあり、高速道路の轍が怖くなりました。ステアリングダンパーって良い仕事してたんですね…。
    因みにオプションですがアナログなステアリングダンパーはメーカーで用意してくれています。

    排気音はアイドリング~低回転ではメカノイズが混じった低音寄りの音。
    回すにつれてメカノイズが消え、高音と低音が混じったような乾いたエキゾースト音に変化します。

    ヤマハのMT-09のようにストリートファイターを意識しているのか、吊るしのスポーツモードではスロットルレスポンスが良すぎ、極度のハイスロにしたようなフィーリングで扱いにくい。
    自分好みに設定を変えられるカスタムモードというものが用意されているので、それでスロットルレスポンスを弱めるといい感じです。

    同社F3と共通部分が多いのか、SS並かそれ以上にハンドルの切れ角が狭いので慣れないうちは思い切ってハンドルを切ったらロックして焦るといったシチュエーションが多々あるかも…。

    リアタイヤが太いので倒し込みが少し重い。
    が、慣れてしまえば軽い車重を生かしてヒラヒラと軽快なコーナーリングを堪能できます。

    絶対的な性能はSSほどではないにしろ、走るのが好きな人ならハマると思います。
    乗り心地
    無評価
    乗車ポジションは身長165cmの自分で両足つま先立ち、片足だと土踏まず程度だが、車重が軽いのであまり気にならない。
    それなりの前傾なので、前傾姿勢に慣れていないと下道の長距離は辛いかも。

    わざわざMVのロゴまで入っているステップだが、作りが悪くて滑る…。滑り止め加工の入ったものに変えたいところ。

    平坦な道での起伏では気にならないが、大きめの凸凹ではお尻が浮くくらいの衝撃が。
    サスは固めなもののちゃんと動いている感はあるので、恐らくシートの固さが影響しているんだと思われる。
    積載性
    無評価
    積載性?なにそれ?

    どうしても積載が欲しい貴方にはSW-MOTECHというメーカーからいいタンクバッグが発売されてますよ。
    タンクバッグが嫌ならリュックでも背負いましょうか。

    ドラッグスターじゃないブルターレはシートがもう少し広いのでこの車種に積載性を求めるなら無印を買いましょう。
    燃費
    無評価
    13~15Km/l。
    その上、燃料計なんて付いてないです(´・ω・`)
    SSじゃないんだから燃料計まで割り切らないでほしかった…。
    故障経験
    納車されてからまだ間もないので大きな故障は無いが、マフラーのボルトが振動で一本行方不明になりました。

    故障に関してはイタリア車なのでこの先、色々と経験していくと思います(笑
  • マイカー
    • ~定春~

    • MV AGUSTA / ブルターレ800ドラッグスター
      RR (2014年)
      • レビュー日:2018年5月21日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    パワー。
    某大手メーカーの◯-TECの様な加速感。たまりません。

    コンパクト。
    ショートホイールベースなのでヒラヒラと曲がれる。

    デザイン。
    ストリートファイターをメーカーが出した様なデザインで、秀逸。
    ばっさりと切ったシートはリアタイヤより短い←これ重要。
    この車両の後に他のメーカーも同じ様なストリートファイター系を出して来た様な気がする(笑)

    装備。
    トラコン、スリッパークラッチ、オートシフター(上下)、ABS、マップ切り替え等最新電子デバイスやらなんやら盛りだくさん。
    スピードリミッターまで設定出来る。
    でも慣らしの間位しか使わなかったなぁ〜(笑)
    不満な点
    乗り心地。
    硬め。即サーキットに行ける様なレベル。
    国内にはそんな人居ないと思う(笑)
    要調整。

    部品精度。
    昔のヨーロッパ車とは違う(良い方・笑)と思うのだが、既にオイルパンの接合面からオイルの滲みがある(走行距離3000キロ位で・笑)

    クォリティー。
    かなり拘っている部分も見られるが、ふとした所が???となる様なレベルだったりする。
    RCグレードになると更に拘っているらしいのだが・・・

    3気筒エンジン。
    独特のガシャガシャ音がする。これがアグスタだ!と言う方も多いが、私はあまり好きでは無い。

    九州ディーラー。
    っと言うかメーカーとしての安心感。
    親会社(メーカー)も何度も潰れている。国内まで撤退とは。
    今後のメンテどうしよう?と考えてしまう。
    総評
    不満な点をはるかに超えてくる満足感。
    アグスタ自体所有する喜びを与えてくれる走る宝石感(笑)
    「何に乗ってるんですか?」
    「アグスタです」
    ???

    と言うやり取りを何度もしている。
    ここ以外で乗っている人を知らない(笑)
    積載性
    無評価
    ほぼ0。
    ETCですらシート裏を加工して装着。
    何も積めないので加工した。
    故障経験
    セルモーターのピックアップセンサー不良。
    エンジンが、かかりにくくなる。(リコール)


    その他は故障無し。
    まぁ、乗らないからといえはなななかか、ヨーロッパ車としてはかなり良い方だと思う。
  • マイカー
    MV AGUSTA ブルターレ800ドラッグスター
    • Takayuki@

    • MV AGUSTA / ブルターレ800ドラッグスター
      ブルターレ800ドラッグスター (2014年)
      • レビュー日:2017年11月29日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    パワフルなエンジンとコーナーリング、奇抜なデザインの外観でかなり目立ちます。
    不満な点
    積載性ナシ、パーツ高い、修理費高い、アクが強いと、つるしの状態で乗るのは大変です。などいろいろあります。
    総評
    不満点の方が多いですが、帳消し出来るくらい魅力のあるバイクです。とにかくカッコいい!
    走行性能
    無評価
    納車後、すぐにサスペンションの仕様変更とタイヤ交換しましたので、現在面白いくらいに曲がるようになりました。車体の軽さもあり取り回しはかなり良いです。
    乗り心地
    無評価
    サスペンションの仕様変更でかなり柔らかくなり扱いやすくなりましたが、全体的に固めです。リアスプリングを変更すると良くなるかと思います。
    積載性
    無評価
    ありません(泣)
    燃費
    無評価
    ツーリングで平均13キロ程度で満タン約200キロ走ります。高速走行で170キロになりますので、かなり悪くなります。
    故障経験
    ミラーのネジ折損でミラーがプラプラに。ナンバー灯球切れ、ラジエターキャップ破損、いずれも部品代が国産の3倍から4倍です。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース