日産 ブルーバード

ユーザー評価: 3.81

日産

ブルーバード

ブルーバードの買取情報を調べる

特に大きな故障やトラブルもなく、初年度登録から12年、ぼくが所有してから9年、31万キロもの距離を駆け抜けてくれました。 基本に忠実につくられた定番 - ブルーバード

マイカー

特に大きな故障やトラブルもなく、初年度登録から1…

イイね!
満足している点
ボクシーでいてスタイリッシュな外観。
基本を忠実に押さえてあって、使いやすく手に馴染む内装と操作系。
大雪でもアイスバーンでも山道でも、とにかく行けれない場所はない、怖いものは何も無い、とさえ思えるアテーサ4WDの走破性と安心感。
低速トルクが太く、日常的に使いやすいSR20DEエンジン。
31万キロ走行しても機関系は絶好調、安心の耐久性。
ノーマル車の雰囲気をさらに引き立てて、オーナーのこだわりを表現するとともに満足感も増してくれる、純正オプションパーツ類。
不満な点
車重に対してエンジンが非力。上り坂や高速では少しパワー不足を感じる。
190psのSR20VEがアテーサと組み合わせられたらと思いました。
ATが電子制御でないので時々ギクシャクする。
燃費も悪いと言いきれないけど決して良くはない。
純正のスポーツチューンドサスペンションは乗り心地がけっこう固めなので、ゲストを乗せるときは気を使う。
バブル後の発売なので、コスト削減見え見えの内装はチョット・・・。まあライバル車も似たようなもんか。

車歴が長いので、とにかくイメージだけが先行して困る。
ブルーバードという名前を出すだけで、先入観でオジサン趣味(老人趣味)だと思われる。
総じて女子にはウケが良くないけど、そんなの関係ない。

逆に510世代の皆さんには「ターボないんだあ」とガッカリされる。

アフタパーツの少なさはわかっていたけど唖然としました。
反面、いろんなクルマのものが流用できたのでおもしろかった。
総評
特に大きな故障やトラブルもなく、初年度登録から12年、ぼくが所有してから9年、31万キロもの距離を駆け抜けてくれました。
基本に忠実につくられた定番のセダン、スタイル良し、走って良し、人を乗せて良し。そんな感じがします。

とにかくイメージ先行で毛嫌いされているフシがあるので、老人のクルマなどと思わずにもっと目を向けて欲しい。
おすすめポイント

ターゲット

ヤング向け、初心者向け

スタイル

スポーティ、個性的

ドライビング

スポーティ、運転が楽しい、運転しやすい

インテリア

ラゲッジルームが広い、安全装備が充実

エコ

燃費がよい
総合評価 エクステリア インテリア 装備 走行性能 おすすめ度
9.0 10 8 9 8 10

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース