日産 プリメーラ

ユーザー評価: 4.12

日産

プリメーラ

プリメーラの買取情報を調べる

日産901活動の粋 - プリメーラ

過去所有

日産901活動の粋

イイね!
日産 プリメーラ
走行性能
 エンジンをぶん回しても受け止めるだけの余裕があるハンドリングがあり、私としては楽しい車でした。
 装備的にはサスの調整機構があったと記憶しているのですが、これを無くして今時の横滑り防止機構を備えると、価格的にも「プリメーラ」な車だと言えるのかなと考えています。
乗り心地
 開発された時期から30年経過していますが、今の車と遜色ないかも、と思います。
 もし、今の車と直接比較できればと思うのですが・・・。
燃費
 私の愛車は当たりだったのか、街乗りは10~11km/L、郊外or高速では13km/L以上は当たり前でした。
 私が乗っていたP10はタンクが60Lで、カタログ燃費は12.2/Lだったと記憶していますが、郊外or高速中心だと、満タン後650km前後まで走らないと残燃料警告灯が点灯せず、給油しても残燃料が10Lあるというのが当たり前でした。
 ちなみに、高速では「ぬあわ」巡航でこの結果だったので、現愛車のエクシーガには絶対無理な領域です。
積載性
 私が購入したグレードでは後席を倒してトランクと一体化できる機能が無かったので、積載性には難がありました。
 この機能があれば、プリメーラを手放す時期は変わっていたと思います。
故障経験
 気になった不具合はシートだけで、それ以外は車に由来する故障はありませんでした。
満足している点
 プリメーラが開発された時期の日産が掲げていた「901活動」を具現化していた車のオーナーになれたことです。
 とにかく、運転している限りにおいて、これほど面白い車はプリメーラ以外に巡り会ったことはありません。
 
不満な点
 不満な点を敢えて挙げるとシートの耐久性です。
 当時、私は90kgオーバーのデブで、このデブがシートに体重を預けると、その重みにシートが耐えかねて、シートの骨組みが折れてしまうというアクシデントがありました。
 プリメーラには8年半・14.7km乗りましたが、シートの骨組みが折れたのが2回もあったのは、唯一の残念な想い出です。
総評
 今まで私が所有してきた車の中では最高です。まさにプリメーラ(スペイン語で1等とのこと)です。
 コーナリング最高、乗り心地よし、当時の技術の範囲で燃費よし、エンジンをレッドゾーンまで回しても楽しい・・・と、1人乗りで使うなら非の打ち所が最も少ない車でした。
 もし、私がこの車を所有していた時期の末期に結婚していなければ、今でも大事にしていたと思います。
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/186135/blog/43273147/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース