日産 スカイライン

ユーザー評価: 4.11

日産

スカイライン

スカイラインの買取情報を調べる

クルマレビュー - スカイライン

  • 家族所有
    日産 スカイライン
    • まいまいまげ

    • 日産 / スカイライン
      不明 (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/05/26
      使用目的:レジャー
    • 乗り心地

      後部座席・前と乗っていますが

      あまり後部座席を乗る車ではないとは思います。
      後ろは少し狭いです…

      運転するのはとにかく楽なのであの車でノンストップで兵庫県は簡単に行けますね☆

      燃費

      高速と下道でおおいにかわるでしょう。
      ドライブモードセレクターという機能で
      エコ・スタンダード・スポーツ・パーソナル・スノーとあります。
      スタンダードは普通
      エコは燃費重視ですがアクセルが重いです。加速もつらいです。
      スポーツは加速にすごく反応します!しかし燃費が下がりますね。
      パーソナルは設定を変えることで自分に合ったステアリング・車に変化できます(おすすめです!)
      スノーは加速が極限まで遅く電子系も効きませんので雪道に有効(4WDの場合常に四駆になります)

      故障経験

      ヒューズが飛びやすい
      (たくさん充電器などを付けていると飛びやすいです)

      満足している点

      やはり、ハイブリッド車ですので遠出には最適です!
      ガソリン満タンで800キロくらいはいけます!
      音が静かなところもいいですね!

      ステアリングがしっかりしていてアクティブレーンコントロールがあり軽くハンドルを握っているだけで疲れない遠出向けの車です!

      不満な点

      ハイブリッドなので高速道路が最適ですが下道はやはり信号機があるので燃費は伸ばせませんね…
      また電子がしっかりしているためいじれないところも難点です…

      総評

      ◇メリット
      ・音が静か
      ・ハイブリッドなので遠出向け(特に高速道路は止まらずに行けるので最適!!)
      ・ステアリングが優秀
      ・アクティブレーンコントロールがしっかりしているほう(設定も変えられる)なので軽くハンドル持つだけで疲れない

      ◇デメリット
      ・下道では(ハイブリッドなので)信号機が多いので燃費が伸ばせつらい
      ・車いじりはあまりできない車(車高少し下げるくらいなら)
      ・車が重いのでドリフト向けの車ではない

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    日産 スカイライン
    • gusuku68

    • 日産 / スカイライン
      不明 (1987年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/05/11
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      昭和のかくかくしたデザインが格好良い。

      不満な点

      格好良いから不満はない。

      総評

      旧車はかわいい。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    • 組立工

    • 日産 / スカイライン
      200GT-t タイプSP(AT_2.0) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/04/29
      使用目的:その他
    • 走行性能

      動力性能は申し分ありませんが、良くも悪くもエンジンは事務的に仕事をしているに過ぎません。

      個人的には、もう少し気持ちのいいエンジンを搭載しないとスカイラインを名乗るのは厳しいと思います。

      乗り心地

      乗り心地は少し硬めな感じです。

      燃費

      短時間の試乗につき不明。

      積載性

      トランクはこのクラスとしては普通だと思います。

      故障経験

      試乗車につき不明。

      満足している点

      高級車だけあって内装の質感は高いです。
      静粛性も高く、快適だと思います。

      不満な点

      スカイラインとして考えると高級になりすぎた感じが否めません。
      フーガとの位置関係が曖昧に感じますし、もう少しスポーティな感じを出して欲しいと感じました。

      総評

      ※感想はあくまでも個人的な感想です。
      オーナーの方には申し訳ないのですが・・・。


      フロントのオーナメントが示す通り、これはインフィニティブランドが本来の姿だと思いました。

      良く出来たクルマですが、スカイラインを名乗るには高級過ぎですし、スポーティさが足りていません。
      先代V36まではスポーティさを感じましたが、このV37にはそれがありません。
      スカイラインとしては上級移行しすぎではないかと思いました。

      高級車としては星3つ。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    日産 スカイライン
    • mabots

    • 日産 / スカイライン
      200GT-t(AT_2.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/04/28
      使用目的:その他
    • 満足している点

      重心が低く、横剛性があるためコーナリングでも不安を感じにくい。官能性は低いものの十分満足のいく加速性能。クーペスタイル風にまとまった 4 ドアで実用性と気品を両方備えている見た目。

      不満な点

      先代の VQ エンジンにあるようなクォーンっいった官能性は皆無で、回転数の上昇とともに、ゴーッという直 4 直噴ターボエンジンの音の音量が増大するだけで音色が変化したり味があったりするわけではない。よくいえば質実剛健ともいうが、先代のような胸のすく感を期待される場合は 350 を選択したほうがよいかもしれない。
      油圧制御となったステアリングフィールは電動制御よりも自然ではあるものの、ステアリングの戻りや中立付近の路面フィードバックには課題が残り、油圧制御ステアリングの中で必ずしも良いといえるわけではない。

      総評

      メルセデス・ベンツの 2L ターボエンジンを搭載した 200GT-t 、ステアリングは油圧制御となりハイブリッド版に採用される電子制御よりも自然という触れ込みであったので気になっていたが、試乗する機会があったため試乗。絶対的な加速性能や横方向の剛性感・低重心感等は優れているが、先代のスカイラインにあった官能性が失われており、商品としての味付けには統一感がなかった。車体価格も400万代突入ということで、BMW 3 シリーズ末期の値引きやインテリアの質感などを考慮すると、BMW 3 シリーズのほうが価格対満足感は優れているというのが正直な感想であった。言い換えれば、国産 2L ターボエンジン或いは 2.5L VQ エンジンで 290万 〜 300 万前半の商品価格戦略であれば十分検討の余地があると言える。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • vq37vhr

    • 日産 / スカイライン
      370GT タイプ SP(AT_3.7) (2010年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/04/24
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      オプションの4WAS(最大操舵角1度)は結構体感可能な嬉しい機能で峠のワインディングでもフロントの回頭が早い。

      燃費

      136,000km走って上下込みで7.63km/リットルくらい。

      積載性

      ソコソコ積めます。

      故障経験

      総走行90,000kmくらいで、フロント右のベアリングがご臨終でした。

      満足している点

      VQ37VHRエンジン吹け上がりはとてもスムーズなのにパワフル。

      不満な点

      燃費が・・orz。。

      総評

      同じグレード域の欧州車と比較しても破格のバーゲンプライス。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter