日産 バネットラルゴコーチ

ユーザー評価: 2.11

日産

バネットラルゴコーチ

バネットラルゴコーチの買取情報を調べる

クルマレビュー - バネットラルゴコーチ

  • 過去所有
    • ガレージかっちん

    • 日産 / バネットラルゴコーチ
      ウミボウズⅢ (1986年)
      • レビュー日:2020年6月26日
      • 乗車人数:8人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    1989~1991年所有
    日産・バネットラルゴ・4WD・2.0DTウミボウズ
    主要諸元
    全長(参考)4360、全幅1690、全高1980mm 車重(参考)1760kg
    エンジン形式 LD20T・Ⅱ直列4気筒OHCディーゼルターボ
    79ps/4400rpm 17kgm/2400rpm
    日産の関連会社「オーテックジャパン」が架装しているクルマでした。
    ノーマルからの変更点は外装色(専用3色)フロントガード、シビエフォグライト、専用シート表皮等でした。
    スキーに友達と行くのに便利で重宝しましたね。
    スタッドレスタイヤが出始めで雪道が楽しくなりました。
    不満な点
    パワー不足かな
    総評
    特別仕様車(オーテック製)で目立ったね
    4WDもロック機構付きで駆動力は良かった
    走行性能
    無評価
    キャブオーバータイプで2000㏄ディーゼル
    パワー不足でしたがゆっくり走っていれば問題なし
    乗り心地
    無評価
    前席以外は良い
    積載性
    無評価
    十分な広さ
    燃費
    無評価
    まあまあかな
    故障経験
    特に無
  • マイカー
    日産 バネットラルゴコーチ
    • 再生屋

    • 日産 / バネットラルゴコーチ
      スーパーサル-ンパノラマルーフ(MT_2.0_8人乗) (1986年)
      • レビュー日:2017年4月2日
      • 乗車人数:8人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 2

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    フラットなエンジン特性
    開放的なパノラマルーフ
    操作性
    不満な点
    電気系統が弱い?
    足が柔らかすぎ
    オイル漏れのオンパレード
    パワー不足
    整備性
    総評
    基本的におおらかでとても乗りやすい車です。
    年代的なものでしょうけれどもパワー不足は否めません。(普通に乗る分には問題ないです。)
    故障が目立ちますが、それは経年劣化的なものが大きいような気がしています。
    もう走っている車両はあまり見かけませんね。
    走行性能
    無評価
    街乗りから高速までオールラウンドに対応してくれます。
    低速重視のエンジンなので伸びは今一つですが下から比較的前に出てくれます。
    乗り心地
    無評価
    足は柔らかめ。ピッチングが結構あります。
    静粛性については普通です。(軋み音がする)
    振動も特に気になるものはないです。
    積載性
    無評価
    サードシートは畳めるのでそこそこ。
    でもあまり大きい荷物は無理。
    燃費
    無評価
    街乗り7km/L
    高速12km/Lぐらいかな。
    故障経験
    パワステリターンホースオイル漏れ
    ラックブーツ&タイロッドエンドブーツ破れ
    エンジン本体オイル漏れ
    タイヤバースト(自分の落ち度ですが)
    ラジカセ故障
    エアコン(サーモアンプ)故障
    ルームランプ絶縁不良
    ウェザーストリップ脱落
    パワーウィンドウ脱落
    ボディ廻り錆
    今現在でこのぐらい?
  • マイカー
    日産 バネットラルゴコーチ
    • もっちん。

    • 日産 / バネットラルゴコーチ
      スーパークルージングパノラマルーフ 4WD MT (1989年)
      • レビュー日:2016年4月14日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    自分に車のいろんなことを教えてくれた。

    色んなところが壊れるけどその分知識と技術と道具が増えましたw

    今の車もとても便利でよくできてるけど、やっぱりこの時代の「データに頼らず人間の感性で作った感」溢れる雰囲気がいい。というか好き。

    「車は壊れるもの」という感覚を得た。

    車が壊れても動じない何かを手に入れることができた。

    この車で修理したのと同じ修理をボンネットついてる車でやると死ぬほど楽に感じる。

    温冷蔵庫ついてて冷やせるし温められる。

    氷も作れるしお湯も沸かせる(使ったことない)。

    電動カーテンなんだか楽しい。







    そして女性受けが意外といいww

    不満な点
    整備性悪い。とにかく整備性が悪い。もう慣れたけど。

    普通のボンネットの車ならボンネットをガコッと開けるだけで終わる作業がこの車では30分くらいかけて運転席のシートやサイドブレーキレバー、そして15本くらいのボルトを外してカバーを外さなくてはいけない。

    オイル交換などの軽作業はそんなことしなくても大丈夫になってます。さすがにw

    運転席のシート位置がステアリングの真正面に来ていない。これはホントどうなのよって思う。

    運転席に座るとステアリングが少し左にあるんですよこの車。気にすると気になります。けど何をやっても直らなかったのであきらめました。なにか事情があったのかもですけど、やはりステアリングは体の中心に来てほしい…。

    てかどんな事情があろうとそうして欲しかった。

    総評
    決して悪い車ではない。むしろいい。最近の車には無いものいっぱい詰まってる。

    でもまぁところどころに作りこみの甘さっていうかそういうの感じる。それもまたご愛敬。

    自分でもこの車が本当に好きなのかどうか最近麻痺してよくわからないけど壊れたら誰にも求められていない使命感で直してる自分がいる。

    正直前の車のレビューで「2台乗ればもういいかな」的な事言ってるくせに3台目逝っちゃってるから拗らせて頭おかしくなったんだと思います。



    部品もなくなってきて今から手を出すのはおすすめしないけど、自分で根性で直す気があるなら楽しい車。

    実用的ですしね。

    おすすめはできないけど乗りたきゃ覚悟の上でどーぞって感じw

    自分は一生もので大事にしていく覚悟で頑張っております。


    走行性能
    無評価
    エンジンはシングルカムではあるが一応1.8Lのガソリンターボ。

    この時代のワンボックスとしては珍しく今の流れにもついていけるレベルに走ります。
    2WDのサンルーフレスモデルは軽くて衝撃的な加速性能でした。

    自分のは四駆のフレームボディで重量ハンデがきつく、ふつーの加速です。

    この時代のワンボックスでいまの時代の「普通」の加速についていけるだけでも満足してます。

    操作性は、正直慣れかなと…。オーディオとかすごい遠いけどまぁ慣れでしょうねぇ。

    収納スペースはほぼ皆無です。グローブボックスも車検証とか取説入れたらほぼ満員です。

    運転に不必要なものは置かせないスタイルです。
    乗り心地
    無評価
    こういう車はフロント関してはタイヤの上に座るという構造上限界があると思いますが、まぁ、良くはないですw

    突き上げなどはもう仕方ないところだと思いますね。

    でも後部座席は割と快適です。自分の車はエンジン一度ばらしてガスケット類フル交換と掃除とバルブクリアランス調整して、かなり静かになりました。

    エンジンルームの蓋の裏にエーモンの静音計画を張ったのもあり、高速乗っても静かです。

    振動はこれも構造上エンジンまでの距離が近いのと、MTはアイドリング低くて割と振動します。

    前はアイドル調整で少し上げてましたが、車検時に排ガスがギリだったので、今は規定値に戻して常にブロアファン回してアイドルアップさせてます。
    積載性
    無評価
    量はめちゃ載ります。

    でも床が高いので載せにくいです。
    2WDのほうがその面は有利でしょうね。

    四駆は床は高いしスペアタイヤが車内にあるので荷室が嵩上げされてしまい、結構デッドスペース多いように感じます。

    2WDはスペアが車外につりさげてあるので荷室が広いですね。スペアタイヤは外なので劣化しますが。
    燃費
    無評価
    悪いって思われますけど自分のは割といいです。

    MTなのが効いてるみたい。ATはかなり燃費悪いようです。

    この車ではそんなに飛ばさないようにしてるのもありますが、形が形なので空気抵抗がもろに影響します。

    自分調べで高速巡行80~90キロくらいが一番燃費いいですね。

    11km/L台くらいは行きます。

    それ以上は下り坂で燃料カットなどを駆使しても、どう頑張っても12にはたどり着けないので、純正状態ではこのくらいが限界のようです。

    まぁ十分ですけどw

    故障経験
    微速時にフロントハブから異音(キュキュキューーーーって音) → ハブシール

    エアコンつけるとしばらくしてリレーがカチカチカチカチ!! → サーモアンプ

    ヘッドライト点灯しない → スイッチの端子接触不良

    走行中にエアコン、ブロアファン停止 → サーモアンプ故障でカチカチしてたリレーを無視して使い続けたところ、リレーが火花で焼けて固着し、同時にマグネットクラッチもリークしてヒューズぶっ飛び。リレーはともかくマグネットクラッチはたまたま???

    マグネットクラッチ交換しエアコン復活、高速渋滞中突然「キュウウウアアアアアアアアアアア!!!」って異音が発生しアイドリング不安定になりクラッチ切ったらそのままエンジン停止。エアコンOFFで再始動 →  コンプレッサー本体ベアリングロック

    車から降りると甘い香り → ヒーターホースからクーラント漏れ

    スノボ行く途中のコンビニでアイドリングしてたらオイルポンプ空転音がかすかに聞こえた。 →
    オイルゲージ見たらオイル空っぽ。警告灯点灯前に奇跡的に気付いた。後ろのクランクシールから鬼のように漏れ漏れ

    徐々にクーラントが減っていく… → ラジエーターパンク

    エアコン効かない → ガス漏れ

    運転席足元、ペダルの奥のパネルの塗装がしわしわのべろんべろんに → ブレーキマスター及びクラッチマスターからフルード漏れ

    雨降った後にリアゲート開けると車内にぽたぽた水が… → リアウィンドウHゴム劣化で雨漏り

    パノラマルーフ全開後、閉める際にフロント側のチルトするウィンドウが下がらなくなる。→コントロールユニット半田割れ

    移植したデジパネの蛍光管表示部がすべて消える → 基盤の半田割れ

    オートエアコンの温度調整はどう考えてもヒーター位置なのに冷たい風が → エアミックスドアアクチュエーター作動不良







  • マイカー
    • ミラルゴ@ぴーかんコルサ

    • 日産 / バネットラルゴコーチ
      スーパーサル-ン(MT_2.0ディーゼル_8人乗) (1986年)
      • レビュー日:2015年11月5日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    バネットラルゴと言う車の存在そのもの、以上!
    不満な点
    持病と弱点が多い事。
    メンテナンス性の極悪さ。
    コストを掛けるべき所と削るべき所を全力で間違えている。
    欠品がボチボチ増えてきていること。
    総評
    現車は1992年登録の後期4WDですw
    後期はコストカッターモデルですが、削る部分を間違えているし、逆にコスト掛けている所もありますがやっぱり間違えt(ry

    欠点、弱点、癖、美点、長所、不満な点も何もかもひっくるめてこの車だと思います。
    ラルゴから乗り換えたいと思う車が全く無いと言うのが答えですが、質問ある?

    個人的には☆5ですが、周囲におすすめはしませんw
    走行性能
    無評価
    走りの面では正直、LD20Tと言う2000ccディーゼルターボでは車重が重すぎて動力不足。
    出足は我慢大会、高速走行はある意味罰ゲーム?
    60~90㌔での巡航と3速での加速は意外に伸びて快感w
    ターボレンジでは意外に豪快な走りが楽しめますwww
    エアコンを使うと死にます(ぇ

    操縦性とシャシー性能は素晴らしいの一言。ロールとピッチングは相応ですが、総合バランスが絶妙で癖になります。
    その気になればちょっとコーナーを攻めることも可w
    但し横風には注意(白目

    取り回しは5ナンバー+直線基調のキャブオーバーならではの強みで、思い切ってイケちゃいます。
    乗り心地
    無評価
    前述の通り、ロールとピッチングは相応。
    やや柔らかい?もののサス自体の設定は絶妙で、飛び跳ねるような不安感や不快な底突き感は抑えられています。
    キャブオーバーならではの特徴が強いのでそこは好みの問題かと。

    静粛性と振動騒音は誉められません。
    常にエンジンの振動と音が車体に響いてきますし、風切りの音もかなりあります。
    高速走行ではうるさくて会話も音楽も大変です。
    積載性
    無評価
    4WDは高床式なのですが、むしろ積載性を悪くしています。
    載せるのに持ち上げないといけないし、高さが稼げないのが残念。載せるにはちょいと工夫が必要やも。

    …でも強引にタンス運んだりしていました(爆
    燃費
    無評価
    ディーゼル車としてはあんまり良くないような?ですが、2トン近い車重+キャブオーバーボディ+フルタイム4WDと考えれば妥当かと。
    ただもう少し伸びてもいいような(小声
    故障経験
    今の所、購入後に修理した所は…
    ・エアコンのサーモアンプ
    コレはラルゴ共通の曲者で、クーラーが入ったり切れたりを繰り返してリレーが悲鳴を上げます。
    イってしまうとコンプレッサーのマグネットクラッチが壊れる原因に…?

    ・クラッチマスターシリンダー
    購入2年後にオイル漏れが発覚して新品に替えました。ブレーキマスターは未だ触っていません。

    ラルゴはやたらと故障事例が多いですが、共通して冷却系統と負荷の掛け方に気を付けるべし!
    オーバーヒートした車両の話はよく聞きます。
    幸い僕のラルゴはほとんどノントラブルですが、早めの修理+注意して運行の2点を守っています。
  • その他
    日産 バネットラルゴコーチ
    • もっちん。

    • 日産 / バネットラルゴコーチ
      クルージングサル-ン(MT_1.8_8人乗) (1992年)
      • レビュー日:2009年9月2日

    おすすめ度:

    • エクステリア4
    • インテリア4
    • 装備4
    • 走行性能3
    満足している点
    選択肢が無かったので「クルージングサルーン」になってますが、自分のは「スーパークルージング パノラマルーフ」というグレードです。


    とりあえず広い。でもってワンボックス唯一のガソリンターボエンジンでホワイトメーターでF5速のアホナ部分が好きw
    巨大なサンルーフ。デフロック機能つき4WDがまた面白い。
    意外と山を攻めて走れる。
    シートをフルフラットにして布団敷いて寝ると、家並みに体力が回復する。
    純正ペダルでもヒール&トーが可能。
    後期ガソリンターボ車のアメリカンなフロントマスク。
    最近あまり見かけなくなった。
    不満な点
    コンソールに携帯を置いておくと、いつの間にか温まってる。
    高速でカッとんだり、夏場の昼間に渋滞にはまると水温がグングン上昇。

    ドアトリムを剥がすとガムテープが出てくる。
    2速と3速のギヤ比が離れすぎてて急勾配だとシフトに難儀する。
    さすがに2台目となると、「この車はもういいかな」って思わせてくれる。
    リヤのテールが「ラルゴですよ~」。
    オーディオ交換にビスを10本以上外す必要がある。
    エンジンルームの全体を見ようと思うと運転席を外してサイドブレーキレバー外して13本のビスで留まっている鉄板を外す必要がある。
    一人で乗ってると寂しさを感じる。
    シートがペラペラ。
    スライドドアを勢い良くしめると「パイーン!」って言う。
    車体剛性が低すぎてサンルーフからギシギシ。
    気持ちよくなるくらいどんどん壊れるw

    総評
    今現在自分で乗ってる分には、この車で日産が嫌いになるとかそういうことはまったく無いですし、この時代の日産車大好きですが、他人にオススメはできないです。見事に壊れますのでww

前へ12次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース