ローバー 800シリーズ セダン

ユーザー評価: 4.1

ローバー

800シリーズ セダン

800シリーズ セダンの買取情報を調べる

クルマレビュー - 800シリーズ セダン

  • マイカー
    ローバー 800シリーズ セダン
    • ローバー / 800シリーズ セダン
      不明 (1992年)
      • レビュー日:2013年5月1日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備5
    • 走行性能5
    不満な点
    残念ながらメーカーそのものが無くなり、部品の供給が心配な事ですね。
    ホンダ製の部品と微妙に違うので加工しながら取付たりと一苦労です。
    総評
    乗っている人を見かけない希少車で実用的なので大変満足しています。
    このようなこの車以外に欲しい車が全く見当たらないので、困っています。
    4人分のゴルフバッグがちゃんと乗るスタイリッシュなセダンがあれば考えても良いんですけど・・・
    デザイン
    本物のウオールナットを使ったインテリアは英国車そのもの。
    5ドアハッチバックはスポーティーな外観かつ実用的。
    走行性能
    当時のホンダ製2700㏄は高回転型エンジンなので低速トルクが薄く回せば良く走るという感じです。
    しかし回せばさすがホンダエンジン。滑らかでのびやかな加速です。
    乗り心地
    電動コノリーレザーシートの乗り心地は長距離移動も疲れ知らず。
    使い勝手
    大人4人分のゴルフバッグと荷物を積んで、大人4人でゴルフに行くことができる。今となっては貴重なセダンです。
    後部座席の足元もゆったり。
    5ドアハッチバックはスポーティーかつ実用的。後部座席を倒すと奥行2mを超す巨大な荷室に早変わり。
    ステーションワゴンに引けを取らない収納量を誇ります。
  • マイカー
    ローバー 800シリーズ セダン
    • ローバー / 800シリーズ セダン
      827スターリング(AT) (1990年)
      • レビュー日:2011年8月9日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備3
    • 走行性能4
    満足している点
    1.外装。スマートな外装。特に初期型のノングリルのツートンはかっこよかった
    2.内装。革シートとウッドパネルは高級感がありました。サンルーフも標準でしたし
    3.走り。さすがV6エンジン。安定してました。高速も余裕で走ってましたね
    不満な点
    1.電装系の弱さ。総評の通りです。
    2.よく解らない機能がついている。クルーズコントロールとか使わないでしょって感じでした
    3.サンルーフがピタッと来ない。閉まるの次に連続してチルト(少し開く)なので、ピタッと来る位置は何と目測でした。雨の日に心配でしたね。
    総評
    見た目高級外車
    実際にはフロントグリルのない初期型スターリングを中古で購入、7年ほど乗りました。シャシーとエンジンはホンダ製ということで走りはしっかりしていました。またスタイルの良さと内装の豪華さに「外車だよ」って感じがあり、その割りに中古車は安かったです。
    また浅野ゆう子がCMやってたわりにほとんど知られてなかったので所有に愛着が持てました。
    電装系が弱くエンジンが掛かってもエアコンが動かなかったり、バッテリーが上がったりしてました。修理代が外車の為割高でメンテは大変でした。
  • マイカー
    ローバー 800シリーズ セダン
    • ローバー / 800シリーズ セダン
      827SLi(AT) (1993年)
      • レビュー日:2009年8月13日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備5
    • 走行性能3
    満足している点
    1、さすがイギリス車、革、ウッドのてんこ盛り!
    2、V6エンジンは静かで必要にして十分な加速、パワーで文句なし(さすがホンダエンジン)
    3、ギア比が高速向きで100キロからの加速はなかなかのもの、ちなみにリミッターは無い模様!
    4、街でまずすれ違わない
    5、燃費良好最低でも6キロは走りました、高速ですと10キロいきます。
    6、なんといってもスタイル抜群、デカイバンパーが特にお気に入りでした
    不満な点
    1、部品が高い!!P/Wスイッチ1つ6万円なり、おまけにイギリスからの空輸で納期も2週間!!
    2、電装品がちょっと、、、パワーシート、P/W、クルコン、テールランプがお馬鹿さん。
    3、もうちょっと効いても良いブレーキ、高速100キロ程度からのブレーキで死にそうになりました
    4、下回り、よく錆びます(涙)昔みたいに錆び止め塗装おすすめします。
    5、内装のあちこち浮きます、特にメーター上はドラえもんポケットみたいに口をあけてます。
    6、キーレスがイマイチ、セキュリティーも一緒なんで何度も回りに迷惑をかけることに、、。
    総評
    スタイル抜群!でも、、壊れます
    愛車にしておりましたのは、レジェンドに搭載されていた2.7のタイプでしたが、エンジン、ミッションについてはノントラブルでした。しかし電装系が弱く、ひどい目に合わされました。雨の高速の料金所で窓を開けると閉まらず雨の日窓全開で高速を走った事もありました(笑)愛車は前期モデルでしたので、後期の825SLIを購入しようかと思ったんですが、知り合いの方々から止められたので、、。なんでも後期モデルはエンジンが逝くらしく上の写真の黒オイルキャップはエンジンブロックが弱いらしく載せ替えになると聞いております。(当時ローバーで90万!)購入するなら、対策が施された黄色オイルキャップが良いと、、、。まぁキャップだけ替えたらわからないんですけどね、、。いずれにしても、ある程度車に知識があって、尚且つ我慢と広い心と経済的余裕がないとお勧めできません。話題作りでしたらもってこいの車だと思いますが。
  • マイカー
    ローバー 800シリーズ セダン
    • ローバー / 800シリーズ セダン
      827Si(AT) (1990年)
      • レビュー日:2007年7月30日

    おすすめ度: 3

    • エクステリア4
    • インテリア5
    • 装備3
    • 走行性能3
    満足している点
    ・なんといっても内装。我が家の827siは内装が本皮ではなかったが、国産車によくあるウッド調ではなく、本物のウッドと質のいいモケットシートで雰囲気十分。国産車のチャラチャラした内装やドイツ車の機械的な内装と違い、これだけでも価値があった。
    ・車のデザインも直線基調で落ち着いた雰囲気。我が家のは紺色だった為、特に落ち着いて見えた。
    ・ドイツ車みたいに威張ってないこと。
    ・トルク感は薄かったが、ホンダエンジン(V6・2.7L)だった為、電気モーターみたいな吹き上がり。
    ・ジャガーほど気取らず、国産車感覚で乗れたこと。
    不満な点
    ・当時のホンダ車と同じでボディ剛性という言葉がなかった。
    ・コーナーでのサスペンションストロークの無さ。最後までしっくりこなかった。
    ・メーターパネルの色。赤いメーター照明は落ち着いた内装にそぐわない。
    ・販売ディーラーの対応の悪さ。これには閉口。売った後の事は知らんぷりで、トラブルには誠意を持って対応しない。外車なのである程度のトラブルは覚悟していますが、ディーラーがまずい対応をしていては外車ユーザーが育ちません。だから日本でマイナーな輸入車がマイナーのままになってしまうのです。クルマはいいのにディーラーがね・・・というのはやはりマズイですよね。
    総評
    雰囲気は良かった
    以前、父親が乗っていました。ホンダと資本提携していた頃のローバーで、中身は初代ホンダレジェンドという生い立ちでした。当時の国産車と比べると価格、サイズ等からクラウン、セドリックが競合という事になりますが、雰囲気は断然ローバーでした。しかし、ホンダと共同開発という割には電装品等はローバー自製だったらしく、トラブルが多かったのが残念でした。コンピューター、パワーウインドー落ち、エアコン、ラジエターファン等トラブル続出で手放しましたが、それさえなければもっと乗っていた事でしょう。せっかくホンダと共同開発したのにつまらないトラブルが多すぎました。
  • マイカー
    ローバー 800シリーズ セダン
    • ローバー / 800シリーズ セダン
      825SLi(AT) (1996年)
      • レビュー日:2006年11月6日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア4
    • インテリア5
    • 装備4
    • 走行性能5
    総評
    ダイアナカー
    最高にセキュリティの効いた一台です。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース