ユーザー評価: 3.64

サーブ

900 セダン

900 セダンの買取情報を調べる

北欧テイストにあふれる、美しきセダン。 私の乗っていたサーブ900ターボは、私にとって初めての輸入車でした。 東京に出てきて間もない頃、北欧デザインに - 900 セダン

マイカー

北欧テイストにあふれる、美しきセダン。

サーブ 900 セダン

おすすめ度: 4

満足している点
(1)何と言っても他の何者にも似ていない、独特の美しいデザイン。(900クーペもよかったけれど、私にとっては4ドアセダンの方が美しいと思いました)
(2)航空機を思わせるコクピット、質の良い革シートに包まれる座席、センターイグニッションなど、乗っていても特別な気持ちになれる室内。強力なシートヒーターなど、北欧ならではの配慮も気に入っていました。
(3)ターボ加給されて、カタログ数値が信じられないほどの加速をするエンジン。
(4)相当な高速でもびくともしない安定感。
(5)少しデザインとか機能美みたいなことにこだわりを持っている印象を周りの人が持ってくれること。
デザインが前面に出るのは確かですが、ちょっとした部分に気遣いやこだわりの多い車で、それを見つけたり感じたりするたびに、何とも言えない満足感に包まれる車でした。
不満な点
(1)ちょこちょこいろんなトラブルに見舞われ、かつ専門的な知識を持っていなくてはしっかり直せないために、ヤナセでとってもイヤな顔をされた。(当時のディーラーはヤナセでした)
(2)3段オートマチックの加速感と引き替えの、けっこうな燃費の悪さ。(確か6km/lくらいだった)
(3)修理部品がなかなか手に入らず、ちょっとした故障でもそれなりに時間がかかった。
(4)なぜか分からないけど、自動車保険の保険料が意外と高かった。(マイナーだから?)
総評
北欧テイストにあふれる、美しきセダン。
私の乗っていたサーブ900ターボは、私にとって初めての輸入車でした。
東京に出てきて間もない頃、北欧デザインに憧れて方々を探しまわり、ようやく見つけたライトブルーメタリックのサーブ。ブルーの革シート、お尻下がりのデザイン、フロントガラスがスパっと立って、航空機のようなコクピット。全てが私の求めていた車そのもので、一も二もなく飛びつきました。
(今思うと、お尻下がりのデザインを強く求めていたようで、比較したのはレパードJフェリーでした)
今では考えられない3段オートマチックで(近年の輸入車では、かのジャガーXJ-Sくらいでしょうか)、ターボのシューンという音とともに加速していくフィーリングは、さながら離陸しようと加速していく航空機のようで、その音が好きでよく高速道路を走りました。
屋根の内張が垂れて後部座席に乗った人は前が見えない状態になったり、ブレーキセンサーが壊れて街なかで急にブレーキが利かなくなったり(これは焦りました)、非常ランプが点きっぱなしになったり、何だかいろんなトラブルはありましたが、それを含めて本当に満足できる車でした。
数年後に手放してしまいましたが、サーブへの思いは冷めず、後に9-5エステートで再会することになります。
昨今のサーブは、かつての意匠を残してはいるものの、やや普通の乗用車然とした車になってしまいましたが、それでもなお他の車とは一線を画するキャラクターを持っています。ただ、サーブらしさを楽しみたければ、それなりにお金はかかるでしょうが、900時代のサーブを一度手に入れることをお勧めします。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース