スバル アルシオーネ

ユーザー評価: 3.64

スバル

アルシオーネ

アルシオーネの買取情報を調べる

アルシオーネ2.7VX - アルシオーネ

 
イイね!  
cx-7

アルシオーネ2.7VX

cx-7 [質問者] 2008/12/10 22:22

はじめての書き込みですね。誰も書き込みがないのでさびしいので書き込みします。
私が乗っていたのは平成7年からの5年間。パールホワイトの2.7VXでした。車重が軽いのに2.7リッター太いトルクで戦闘力抜群でした。おそらく50mのスタートダッシュだけならポルシェに負けなかったでしょう。低回転でのピックアップのよさと4WDのトラクションでもう鞭打ち症になるくらいでした。(首に疲れが溜まってよく寝違えをしていました)この時代にエアサスでしたね~。但し硬くて跳ねまくっていました。オートレベライザーが付いていましたから光軸調整なんて必要ありませんし、姿勢は常に一定。ダートの山道だってハイ車高にすればぜんぜん平気でまた別のカッコよさがありました。2chのABSは対角セレクトロー方式で左右の低い路面摩擦の方を基準に制御するので雪のテカテカ路面ではスケートのように全く止まりませんで怖かったです(笑)オートクルーズも標準装備で、CDが0.29、4速ロックアップした状態ではわずが1900RPM程度で100km巡航できました。また直進安定性が極めて高く安心感がありました。インテリアで最も特筆すべきはハンドルの左右にあったウィング型のサテライトスイッチ群でした。ハンドルから手を離さずに指先だけで、ライト、ワイパーなど15個ぐらいの機能が制御できました。このころの車には珍しくテレスコピック機能も標準で、チルト機能ではメーター全体がハンドルと一緒に上下しました。人間工学、マンマシーンインターフェースを研究した設計者の情熱が伺えました。
エンジンとATアクティブトルク制御、ABS、などと関連制御したはじめての車ではなかったでしょうか。特筆すべきはモーター駆動式のパワーステアリングポンプで、操舵圧は車速と完全に円滑に制御され、矢のような高速安定感をもたらしていました。設計思想が崇高すぎて、残念ながら一般人には全く理解されませんでしたが、私はこの車を見た瞬間からビンゴでした。ビビビでした。このようなスタイリングの車が今の時代の最新総武で発売されれば和製カウンタックになるのではないでしょうか?いや~いい車でした。

過去ログへの回答はできません。

新着順古い順

愛車に関する疑問点を質問してみよう!

投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

  • 茨城県

    s-style主催 4H10 ...

    車種:トヨタ 全モデル , ホンダ 全モデル , スバル 全モデル , スズキ 全モデル , ダイハツ 全モデル

ニュース