スバル エクシーガ クロスオーバー7

ユーザー評価: 4.74

スバル

エクシーガ クロスオーバー7

エクシーガ クロスオーバー7の買取情報を調べる

家族+αで郊外に出かける際の最適解 - エクシーガ クロスオーバー7

マイカー

家族+αで郊外に出かける際の最適解

スバル エクシーガ クロスオーバー7

おすすめ度: 5

満足している点
>家族4人+αが乗れる。
ルーフボックスをつけることで、家族4人+義両親二人を乗せてスキーに行ける。その際に、頭上と屋根との適度な距離があり、シアターレイアウトのため、各人に窮屈さがあまりなく快適。

>家族4人+キャンプ道具がかなり積める。
ルーフボックスをつけると、キャンプ道具は相当積めます。

>前席のシートヒーターが冬場にありがたい。

>フルタイム4WD、ワイパーヒーター、サイドミラーヒーター、リアウィンドウヒーターが標準装備されており、スキー場への往復には本当に頼りになる。

>173馬力あるため、速くはないがそこそこ走れる。

>サイドエアバックも標準装備
不満な点
>ルーフレールの耐荷重が50キロしかない。
ルーフキャリアやルーフボックスの分を除くと、30キロ強程度しか積むことができません。見かけ倒しです。30キロしかないとそれなりに積載するものを調整する必要があります。ちなみにフォレスターやXVは耐加重75キロです。

>アイサイトがVer.2で、サイドブレーキが電子でない。
渋滞中のドライバーの負担を大きく軽減するアイサイトですが、サイドブレーキが電子でないため、停止後3秒でアイサイトが解除され、その後はブレーキペダルを踏む必要があります。同じくver.2でもサイドブレーキが電子の場合には、停止してもアイサイトが解除されず、ブレーキペダルを踏む必要がないため、ここは大きな違いを感じました。
総評
走行性能がそれなりで7人が乗れる車は、当時CO7とマツダのCX-8の二択という状況でしたが、マツダがデザインに振り切っているためか、もともとBR9の乗っていたためか、CX-8の室内の窮屈さ(AピラーもDピラーも寝かせてあり、頭上及び荷室に空間が私のイメージよりも少なく)を感じ、CO7にしました。
そこそこ走って、そこそこ快適、中途半端とも言えますがいいとこ取りのいい車です。
デザイン
4
欧州車やマツダ車のように走行性能やデザインにふっている車ではありませんので、真横から見るとずんぐりむっくりという印象です。デザインだけで選ぶならこの車は選びません。しかしながら、前後のフォルムは落ち着いており、当初奇抜なデザインと敬遠していたタンカラー(暗めのオレンジ?)に他車とは違う個性があり、全体としては満足しております。
走行性能
5
車重が1600キロに対して173馬力であるため、決して加速がいい車ではありませんので、高速道路の追越し車線に入る時は後続との車間距離に注意する必要がありますが、巡行に関しては、それなりの速度まで問題なく対応します。
また、キャンプ場周辺の悪路や、スキー場周辺の雪の坂道も難なくこなします。
乗り心地
4
BR9にあったランバーサポートがありませんが、ちょうどいいホールド感で満足しています。また、急カーブではロールは感じるものの、狙ったラインの上をしっかり走ってくれるので、安心して走れます。
静粛性や振動に関しては、特に何も感じないので普通だと思います。
積載性
4
リアゲートが地面に対して垂直に近い角度で立ち上がっているため、カタログ値のデータよりも多くの荷物を積めることができます(Dピラーが寝ている車は背もたれより上の部分に殆ど荷物が積めない。)。
ルーフレールが標準装備されていることから、ルーフボックスを装備する時も設置の位置がフレキシブルで、バランスの取れた位置にセットすることができます。ルーフボックスを追加するとミニバンの容量と同等程度になりますが、小分けのスペースだと空間効率が落ちるため、やはりミニバンの積載量には少し届かないといった印象です。
燃費
2
燃費は、最近の車にしてはよくありません。
信号が多い街中のみだと6キロ、100キロ走行で13キロ、120キロ走行で11キロといったところです。
価格
5
ちょうど受注終了のタイミングであったため、新車を購入することはできませんでしたが、北海道のレンタカー落ち(北海道では冬にレンタカーの利用者は少ないから夏が過ぎれば売るらしい。)の中古車(半年利用、1.5万キロ)を本体価格240万で手に入れることができました。
故障経験
なし。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース