スバル レオーネツーリングワゴン

ユーザー評価: 4.33

スバル

レオーネツーリングワゴン

レオーネツーリングワゴンの買取情報を調べる

クルマレビュー - レオーネツーリングワゴン

  • 過去所有
    スバル レオーネツーリングワゴン
    • uso800miso800

    • スバル / レオーネツーリングワゴン
      GT/II_ツーリングワゴン_4WD(AT_1.8) (1987年)
      • レビュー日:2021年3月7日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン2
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格1
    満足している点
    現在で言うSUVのパイオニア的存在。
    現在のSUVの様に”雰囲気だけSUV”ではなく、大抵の悪路は走破できる”実用的なSUV”。
    しかも当時では珍しいエアサスだったので、悪路でも快適に走行できる。
    エンジンもそれに合わせて中低速で効くターボ仕様で、実用性重視。
    とにかく「踏破する」事にかけては、クロカン並。
    不満な点
    設計が古いので仕方が無いが、普通の1DINカーステレオが付けられない。
    ホイールのPCDが140㎜。純正以外には履けるホイールが無い。
    1800㏄のOHCターボなので、高回転の伸びは無いので、高速道路等で免許を心配する必要は無い。
    また、レオーネと言えば、エンジンルームにスペアタイヤが有り、劣化が気になるし、最後まで違和感があった。
    レオーネのエンジンは、クランクベアリングが3つ?だったので、ストップ&ゴーが多い日本では耐久性が今一つだったが、北米辺りだと問題なかったらしい。
    総評
    設計が古いにもかかわらず、車として性能はかなりの物。スバルの技術力の凄さが判る。
    ただ、コンシューマ製品としては、デザインや訴求力が弱いのが難点。売り方が下手。
    やはり、飛行機屋を引きずっている様だった。
    もし、当時のトヨタがレオーネを造ったら、カリブ以上に売れたかも?
    デザイン
    2
    良く言えばカリーナ。
    しかし車体色が白だったので、どこからどう見ても商用車にしか見えない。
    あまりにも映えないので、写真が一枚も無い事に気づく。
    友人に「会社の車?」って聞かれて凹んだ事も・・
    ただ、このデザイン、個人的には結構好きなんだけどなぁ。
    走行性能
    4
    道具としての性能は他メーカーを凌ぐ。
    エンジン出力は実用域重視だし、ステアリングの切れ角も「もう少し」が頼もしい。
    エアサスで車高も変えられるので、悪路でも怖いもの知らず。
    特に北米ではSUVとして認識されているらしい。
    車体の剛性感も不安に感じたことは無い。
    車高を落とせば、ある程度はハイペースで走る事も可能。
    乗り心地
    4
    エアサスなので、乗り心地は良い。
    他のSUVやRV車だと、ギャップがあると減速して”ノッシノッシ”と走るが、この車は”ストスト”と快適に走る。

    積載性
    5
    ツーリングワゴンではあるが、基本的に商用バンなので、悪いはずがない。
    また、ラゲッジの床下収納もスバルが最初。
    燃費
    3
    ターボ車なので、それ程良くないが、現在のターボ程悪くない。
    価格
    1
    外見は商用車だが、購入価格は高級セダン。
    売却は捨て値。
    故障経験
    故障する前に飛び出しに合い全損。
    保険屋さんの査定も安かった・・・・
  • マイカー
    • LeoneRXII

    • スバル / レオーネツーリングワゴン
      ST_ツーリングワゴン_4WD(AT_1.8) (1987年)
      • レビュー日:2020年4月20日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    スクエアなボディデザインはスッキリした印象で、荷室の広さにも貢献、 車室中程から立ち上がる特徴的なツーリングルーフにより後席の頭上空間を拡大し、スキー場における車内での着替えし易さをもたらしました。

    夏の海辺ではパートタイム4WDを活かして砂浜へ入り、日の出鑑賞が出来ました。 スキー場へも4WDで安心。

    更に、真似して砂場に入ってスタックしたスペシャリティーカーや中央分離帯に乗り上げてしまったAE86を牽引し救出する力強さも秘めていました。
    不満な点
    車重に対した非力なEA82 NAエンジン
    高速で燃費に不利な3速AT
    腰痛持ちに辛い運転席シート
    カットオフ・ラインが出ないH6ハロゲンバルブ
    交換出来ない異形ヘッドライト
    エステート・バンの標準角形4灯式ヘッドライトへ換装して、CIBIEのハロゲン・ヘッドライトを装着したいと思っていたが、その前に廃車になりました。
    総評
    レオーネ 15周年記念特別仕様車 Touring Wagon 1.8ST Quindici
    (Quindiciはイタリア語の15)

    現代に復活して欲しいコンセプトのステーションワゴン
    スクエアなデザインのステーションワゴンは最高。
    デザイン
    無評価
    ツーリング・ルーフを備えたボクシーな外観はスマートで好感が持てます。 窓も広く後方視界も良好。
    サッシュレスドアと相まって開放感と見切りが良いです。
    このツーリング・ルーフの恩恵で後席のヘッドルームはタップリあり、スキー場では室内で着替えをするのにとても楽でした。
    ホイール・キャップは専用の星形デザインでお気に入りです。 が、後にMAIAにも使われてチョッと凹みました(笑)

    インパネは助手席側が広いトレーになっていて、大型ドリンクホルダーを付けて角形紙パック飲料も置けて便利。

    装備は、特別仕様車のため標準のSTに対してパワーウィンドー、集中ドアロック、T形3スポークステアリングなど快適装備。
    私は、OPでパワーアンテナを装備しました。

    現在、フロント側からの写真(RECTA H4が付いてる)を捜索中。
    走行性能
    無評価
    総重量1.5t超の車体にOHCのEA82ノンターボは厳しいです。
    エンジンパワーを考えると3ATは仕方なしかな、ODがあっても勾配で直ぐにシフトダウンしそう。
    4WDシステムはシフトノブのスイッチにて任意のタイミングで切替えられるパートタイムですが、MP-Tにより乾燥路でもタイトコーナー・ブレーキング現象は起こらずフルタイム4WDのように走行出来ます。 私は、殆ど4WDモードで使っていました。

    操作系は、この後期モデルからライトとワイパーが一般的なタイプへ変更されて直感的に扱えます。

    ハザードスイッチがインパネ右端のクラスター・パネル下へ移設されて特大サイズでサンキュー・ハザードが大変しやすくなりました。


    メーターイルミ色もグリーンへ戻されて気に入りました。
    乗り心地
    無評価
    油圧ハイトコントロール付きのコイルバネ式セミトレのリアサス、フロントストラットサスペンションは、適度な乗り心地とロードクリアランスを確保。 突然現れた工事中未舗装へ減速無しで突っ込んだ時も腹打ちせずに抜けてくれました。

    エンジンは、スバルサウンドが大人しくなり、やや寂しいかな。 高速走行では、3ATのデメリットで五月蝿め。
    積載性
    無評価
    スクエアなボディと長い全長の恩恵で、後席を倒すと大人が2人寝れます。
    荷物は当時バイトしてた百貨店 寝具売り場で扱っていた寝具一式(2組)を詰めた箱をすっぽり積む事が出来ました。 時々、配達要員に使われてました。
    燃費
    無評価
    通常で8km/L代、郊外で10kmLをやっと超える。
    トルク不足を、発進時のアクセルベタ踏みでカバーしてたので良くはないです。
    故障経験
    納車時からリア・ウォッシャーの出が悪く、ディーラーへ診てもらったが原因不明とのこと。まさかと思いリアゲートのグロメットを外してウォッシャーホースを確認したところ、ホースがねじれて抵抗になっていました。明らかに車両組立工程での作業ミスです。見つけられなかったメカニックにガッカリ。
    購入時からオイル・フィラーパイプの根元やガスケットからオイル滲み。
    ヒーターホースが破裂して冷却水漏れで、エンジン焼き付き寸前を某オイル添加剤で九死に一生を得ました。
    10万km超えてからですが、エンジンのシリンダー側へのオイル漏れ。
    更に、14万km辺りから、ATのクラッチ滑りと、4WD切替不良。 ATは、発進時のフル加速や追越しでキックダウンを頻繁にやった報いです。
    最終的には、リアサスを縁石へ当ててしまい、アクスルごと歪めてしまって修理不能と判定されました。
  • 仕事用
    スバル レオーネツーリングワゴン
    • サクD

    • スバル / レオーネツーリングワゴン
      ST/II_ツーリングワゴン_4WD(AT_1.8) (1987年)
      • レビュー日:2019年2月11日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:仕事

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    バンよりかなりグレードアップ
    不満な点
    無かった
    総評
    当時の4WDではデザイン、性能でも最高だった
    燃費
    無評価
    リッター8km位だった
  • マイカー
    • rereoji

    • スバル / レオーネツーリングワゴン
      GT/II_ツーリングワゴン_4WD(AT_1.8) (1987年)
      • レビュー日:2019年1月14日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    当時は社員でしたので、一番上のグレードを。
    エアサスは、どんだけ積んでもお尻が沈まず、姿勢が変わらないのが良かったかも。
    満載状態でエンジン切ってから荷物を下ろすと、極端なしり上がりになったなぁ。
    不満な点
    内装は安っぽかったし、スイッチ類は、メータクラスター横のプッシュボタンだらけだった気がする。
    そして、とにかく曲がらないし、結構前方の角は判るのだが、見切りが悪かったなぁ。
    フェンダーマーカーってついてたんだっけ?
    自分でつけたのかなぁ。
    総評
    とにかくフロントヘビーで、曲がらないドアンダーの車でしたね。
    エアサスの独特の感覚もふわふわした感じで、今一つ慣れなかったけど。
    車の出来としては悪くはないが、ABレオーネに比べれば、まだ曲がった方かな。
    この頃のスバル車は、エンジン&ミッションの上にスペアタイヤが収納されているという、エンジン高の低さを利用しており、ボンネットを開けると驚きの世界でしたね。

    ※そういえば、この型のAAレオーネの当時の運輸省への型式認定時に、書類より車が軽くできすぎて、バンパー裏に鉛を貼って問題になったことがあったような気がします。昨今の現場の品質問題は、この頃からあったのか??
    走行性能
    無評価
    車高を上げて未舗装の林道へ分け入るなどには重宝してた気がします。
    乗り心地
    無評価
    エアサスが独特で、まあなんというか・・・
    記憶が薄れてて覚えてません。
    積載性
    無評価
    会社の寮の催しに、会社から借りた用具を満載しても、お尻が沈まないというのは便利でした。
    テントの足を大量に積んだ気がします。
    燃費
    無評価
    このころは気にしてなかった。
    でも1.8リッターターボのATで4WDなので、そんなに良くはなかったはず。
    故障経験
    都内の環八で、タイミングベルトが切れて最も内側の車線で動かなくなったことがありますな。
    EA82エンジンはスバル初のOHCエンジンで、片バンクずつタイミングベルトが別々だったので、何とか片側の2気筒が息を吹き返し、何とか路肩までは移動できました。
    直列エンジンだったら、タイミングベルト切れだと、エンジンにそれなりのダメージがあるはずだが、そこは水平対向なので、あまり重症にはならず。

    ま、その前に林道で正面から国有林一本なぎ倒してますけど。(苦笑)
  • マイカー
    スバル レオーネツーリングワゴン
    • スバル / レオーネツーリングワゴン
      不明 (1986年)
      • レビュー日:2014年11月26日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備5
    • 走行性能5
    不満な点
    燃費。リッター10は最低でも出したい。
    総評
    欠点はありますが、満足しています。次は同型のマニュアル車も制作してみたいです!
    デザイン
    直線を組み合わせたフォルムはこの年代のクルマにしか出せない洗練されたデザインです。
    走行性能
    マニュアル車の平均11〜13キロに対して、3速オートマということもありリッター5〜8キロを行ったり来たりは厳しい。。。(´・ω・`)
    乗り心地
    旧い車なのでサスペンションに若干の不安あり。いずれサスも入れ替えます。
    使い勝手
    3速オートマの加速の悪さが難点。それ以外はベストと言えるほど満足です。

前へ123次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース