スバル レガシィ アウトバック

ユーザー評価: 4.33

スバル

レガシィ アウトバック

レガシィ アウトバックの買取情報を調べる

落ち着きのあるカッコよさを備えた一台 - レガシィ アウトバック

マイカー

落ち着きのあるカッコよさを備えた一台

イイね!
スバル レガシィ アウトバック
走行性能
●急な加減速をしない運転のため、特にパワーに不足を感じたことはありません。峠道を走ったりもしましたが、低速からの加速にもたつきを感じることもありませんでした。前の愛車が1500ccだったので、さすが2500ccだなと思います。
●カーブでの挙動にブレがなく、外側に引っ張られるような感じがありません。ハンドルに合わせてクイッと曲がってくれます。
●最小回転半径5.5mという車格に似合わぬ小回り性を備えます。勿論、狭い路地は苦手ですが交差点や駐車場、ヘアピンカーブなどで威力を発揮します。運転席からの視認性の良さと相まって、後退駐車は楽です。
●アイサイトによるオートクルーズコントロールにより、高速道路を走るのも楽になりました。前を走る車がいないときは設定速度で走りますが、前の車に追い付いてくると速度を落とすため、アイサイトが前車を捉えるときか、捉える前に前もって追い越し車線に車線変更しておけば速度を落とすことなく、ACCで高速道路を巡航できます。
乗り心地
●静粛性は高いです。巡航していると、エンジン音が目立ちません。
●スタブレックスライドを装備していないベースグレードですが、乗り心地に不満はありません。シートの高さや腰の位置を調整できるためか、ゆったりと体重をシートが受け止め、路面からの衝撃を和らげてくれます。
燃費
●燃費は通勤や買い物では約10km/L、一般道のドライブで約13~14km/Lといったところです。
●定速巡航を心がければ、高速道路では15km/Lを超す燃費になると思います。マルチインフォメーションディスプレイの燃費計が17km/L近くまでいったことがありました。
●オートクルーズコントロールにすると、自分で加減速を行って運転するより燃費が伸びます。
積載性
●リアシートを倒すとフラットになるので、広い室内空間と相まって十分な積載量があります。
●車中泊も可能ですが、段差はないものの僅かに傾斜があり完全なフラットにはなりませんでした(寝るのに支障はないですが)。
完全なフラットじゃなきゃ嫌だ!という方は少し工夫が必要だと思います。
満足している点
●車体サイズの割に視界が良く、車幅感覚を掴みやすい
●前面のシャープなカッコよさ。フロントグリルが個人的に特にお気に入り。
●普段乗りに十分なパワーがある。ゆったりとしたドライブに適した車で、瞬発力というよりも持久力に秀でている感じがする。瞬間的な速さを売りにした短距離ランナーではなく、長距離走を得意とするマラソンランナーのような感じ。
●リアシートを倒すとフラットになり、傾斜も少ない(気にならないレベルと思う)。車中泊においては、室内高はお察しのとおりですが、長さは大人が寝るのに申し分ありません。
●前後席ともに、足元がゆったりしている。
●全車速に対応した、実用的なオートクルーズコントロール。
●他の人と車種やカラーがカブりにくい。
●遮音性が高く、車内での会話や音楽を楽しむのに良い。
不満な点
●デザイン重視のためか、収納が少ない。
●日本の公道で1,840㎜の車幅を持つメリットは?入り口が狭い個人の住宅も多数あるので、気を使う車幅となりそうです。この車幅がネックになって、持ちたくても持てない人もいるのでは。
●リミテッドのタイヤが18インチ固定で、ファブリックシートが選べないこと。車の用途を考えると革シート(憧れはあります)を選べなかった自分としては、そこが心残り。
●純正ナビが高いこと(約25万円)。社外ナビにするとバックカメラなどの機能が使えなくなるとのことで、止む無く純正ナビを付けました。
総評
優雅な走りが楽しめながらも、アウトドアなどのアクティビティにも向いた、大人のカッコよさを備えた一台だと思います。
乗り込んでエンジンをかけるときが待ち遠しくなりました。
内装・外装ともに気に入っており、どこに連れていっても恥じることはないでしょう。
この車となら、一度行ったことのある場所でも、また違った景色を見せてくれると思います。
静粛性も高いし、良いクルマとはこういうのをいうのかなと素人ながらに感じつつ乗っています。
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/3049236/blog/42138753/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース