スバル ヴィヴィオ

ユーザー評価: 3.88

スバル

ヴィヴィオ

ヴィヴィオの買取情報を調べる

平成唯一無二の4シーターオープン軽自動車! - ヴィヴィオ

マイカー

平成唯一無二の4シーターオープン軽自動車!

イイね!
走行性能
NAモデルはハイギアなのも手伝って燃費そのものはいいがかなり遅い。交差点横断や坂道の交差点の発進などでは余裕を持って進入しないと危険。
ウチの固体は足回りとかに手を入れてあるみたいだが、かなり旋回性能や踏ん張りが強く、運転しててすごく楽しい。
この年代の軽自動車としては100km/h巡航でもエンジンがブン回ってない(4000回転ちょい
なので高速でも気が楽。この年代の3AT車は100km/hも出そうものなら6000回転近く回ってて気持ち悪くなる。
乗り心地
アシが変わっているからか乗り心地はいくらかハード。
オープン時は気持ちがいいが、
クローズにするとどうしてもルーフのキシミがきになってしまう。
燃費
リッター20km/L近く走るので燃費はかなりいい方だろう。その分やはりスピードは遅い。
積載性
トランクルームはあるが大きくはない。ルーフ収納スペースでもあるので、ルーフを置いちゃうと荷物はほとんど詰めなくなる。後部座席を荷物置きと考えればまぁ積めるくらい。基本積載するクルマではない。
故障経験
やはりECVT関連には不具合が出てくる。
たまに走行中にクラッチが切れたような現象が起こったりした。
満足している点
まずは軽自動車なのに頑張れば4人が乗れるオープンカーであること。コレに尽きる。シートもリクライニング出来るので人乗せずとも重宝する。そして何といっても希少性。なじみが無いクルマだからどこへ行ってもネタにされる。
NAのECVTはかなりハイギアで運転が余裕もてて燃費もいい。
不満な点
純正とはいえ内装が奇抜カラーなのが好みが分かれる。クローズ時はルーフのキシミ音がかなり耳障りになる。もはや雨漏りは標準装備。これはオープンカーの定めじゃ。
ECVTは修理が困難になりつつあり、今後長く維持するのはかなり難儀になるところが心細いところ。
MTならばまだまだ大丈夫だろう。
とにかく希少で部品も出ないので、維持修理には苦労をする。
総評
タダのオープンではないので、ルーフ残してリアだけ降ろすなど、色んな楽しみ方が出来て、爽快なドライブが可能で人も乗れる希少な存在。
一味ちがったクルマに乗りたい人にはオススメしたいが、維持管理や好みが分かれるところも含めると個人的には超オススメだけど☆3つとした。
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/1059398/blog/39513053/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース