スズキ セルボ・モード

ユーザー評価: 3.71

スズキ

セルボ・モード

セルボ・モードの買取情報を調べる

クルマレビュー - セルボ・モード

  • その他
    スズキ セルボ・モード
    • しげぞうワークス

    • スズキ / セルボ・モード
      SR-TURBO(MT_0.66) (1990年)
      • レビュー日:2021年4月29日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 5

    • デザイン3
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性2
    • 燃費4
    • 価格3
    満足している点
    パンチ力
    不満な点
    足回りの柔らかさ
    総評
    31年前の車両にしては、やはりパワーは凄いです。免許取り立ての大学生の時に4年間乗っていた思い出のある車です。
    デザイン
    3
    懐かしい
    走行性能
    5
    純正足回りは危険
    乗り心地
    4
    街乗りは最高
    積載性
    2
    一人ドライブでは問題なし
    燃費
    4
    割と悪い。アクセル踏み過ぎ💦
    価格
    3
    相場が上がってますね。
  • 過去所有
    • 千恵&ほのか

    • スズキ / セルボ・モード
      3ドア Mタイプ FF (1990年)
      • レビュー日:2021年4月19日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性1
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    50ナンバー専用モデル故に商用モデルから立ち上がった、先代車のアルトとの違いを痛感しました。
    最下位グレードでもACとPWにCSステレオが標準装備でした。
    惜しむらくはPSがオプション設定すら無かった点ですね。
    とは言え、30年前に¥70万円台でこれだけの仕様なら充分でしょう。

    走りに関しては…
    この時代特有の車両重量の軽さ(約600Kg半ば)で50Psのパワーでしたから街乗りには充分ですね。
    不満な点
    上質を謳う50ナンバー専用モデルなんだから…
    ¥70万円台の下位モデルにも+¥3万円位でPsを付けて欲しかったかな?
    総評
    先代車アルトと同じく…
    『せめて6~7年』は乗りたかったなぁ。
    (T_T)
    デザイン
    4
    全長×全幅×全高
    3295×1395×1390
    ~4WDは1410
    ホイールベース、2335
    室内長×室内幅×室内高
    1710×1205×1165
    車両重量
    620(2WD5MT)~700(3AT4WD)Kg
    走行性能
    4
    エンジン
    F6A-直3-SOHC-12V
    657cc
    キャブレター仕様
    52Ps/7000rpm(ネット)
    155/70R12(SとLは155/65R13)
    乗り心地
    4
    標準装備
    AC、CS+AM&FMステレオ(ドアSP)、PW
    バックドア&フューエルオプーナー
    フロント間欠ワイパー、リアワイパー&ウォッシャー
    カラード~バンパー&ドアミラー&ドアハンドル
    ガラスマウントアンテナ

    *ガラスマウントアンテナ
    リアガラスに設置されてます。
    流行?のマイクロアンテナやドルフィンアンテナ化はかなり困難でしょうね。
    積載性
    1
    オプション設定
    電動ミラー(格納無し)
    アナログ時計、空気清浄機
    アルミホイール
    ハイマウントストップランプ(LED)
    ステアリング&シフトレバー(モモ製)


    設定無し
    ABS、PS、集中ロック
    キーレス
    故障経験
    購入翌年の夏頃にバッテリー上がり発生。
  • マイカー
    スズキ セルボ・モード
    • ふぁるこん@CN22S

    • スズキ / セルボ・モード
      不明 (1995年)
      • レビュー日:2021年2月25日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 1

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地3
    • 積載性3
    • 燃費5
    • 価格
    総評
    日常の足に使うなら、十分な性能です。燃費もいいし。
    それ以上は期待してはいけません。
    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    積載性
    3
    燃費
    5
  • 過去所有
    スズキ セルボ・モード
    • diablo@ラブジュファン

    • スズキ / セルボ・モード
      不明 (1995年)
      • レビュー日:2020年11月7日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能3
    • 乗り心地2
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格
    満足している点
    4WDながらも燃費はいい
    不満な点
    当時の軽なりのクオリティ
    総評
    ボロボロの状態で来たので特になし
    デザイン
    無評価
    特になし
    走行性能
    3
    四駆のインジェクションモデルだったため雪道等でも信頼性は高かった
    乗り心地
    2
    当時の軽並みの乗り心地
    積載性
    3
    タイヤ4本がかろうじて積めたので不満はない
    燃費
    3
    平均11Km/L
    4WDだったからか若干悪い
    価格
    無評価
    20万ほどで購入
    下取り0
    故障経験
    排気温度警告灯付きっぱなし
  • マイカー
    • みっつーGK78A

    • スズキ / セルボ・モード
      SR-FOUR(MT_0.66) (1990年)
      • レビュー日:2019年11月26日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性4
    • 燃費5
    • 価格5
    満足している点
    旧規格の軽自動車なので狭い場所でも運転しやすい。
    4気筒エンジンなのでとてもスムーズな回転。
    F6Bエンジンは素晴らしい。
    パワーウィンドウがついている。
    不満な点
    クラッチのつながりかたがかなり唐突。これは社外品なのか純正品なのかわからない。
    1速のギア比がロー過ぎる。信号加速はかなり頑張らないと他の車についていくのは厳しい。しかし4速と5速のギア比が近すぎる。
    集中ドアロックがついていない。
    パワステがないので重い。
    総評
    古い車でF6Bという特殊なエンジンなので故障した場合かなり大変だと思う。
    しかし9000回転まで回るエンジンは魅力的。
    現在の軽自動車では実現不可能なロマンのあるくるま。まだまだ維持し続けます。
    サーキットでも楽しく走れます。
    デザイン
    5
    外装はアルトと全く別物で特別な高級車であることを示している。
    内装もとても豪華。12000RPMまで刻まれたタコメータはやる気を感じさせる。
    走行性能
    5
    パワーはない。
    パワステがないおかげで路面の情報が手に直接伝わりわかりやすい。
    高速でも安定している。
    足回りもブッシュをすべて交換した結果非常に滑らかな走りになった。古い車のブッシュ類は交換すると全く違う。
    乗り心地
    5
    乗り心地は良い。
    足回りはアルトワークスのものと同一らしいので少し固め。
    当時のスペシャル軽カーとしてスズキが作ったものなので内装はとても豪華。
    高速を軽く流す程度なら車内での会話も問題なくできる。
    後席のつくりも良く広々乗れると評判は良い。
    積載性
    4
    旧規格の軽自動車なのでそれなり。
    でもリアシートを倒せばまあ載る。
    レガシィのトランスミッションを運んだことも。
    燃費
    5
    渋滞にはまりながら一般道を50km往復を繰り返して14km/l程度。
    田舎道で渋滞することなく走ると18km/lを普通に超えていく。
    高速道路80km/h一定で走り20km/l超。
    高速では80km/hで4000rpm程度なのでトラックとゆっくり走るといい感じ。
    燃費は現代の車と比べても全く劣らない。とても優秀である。
    価格
    5
    安く入手することができたのでとても満足。
    故障経験
    マフラーが朽ち果てていた。
    スタビライザの取付ボルトが一本消失していた。
    車検は通したものの細かいところはいっぱい壊れている。
    インパクトでボルトを外したら車体側のねじ山がなめてしまった。
    冷媒がR12のエアコンが壊れているのは痛い。
    トランスミッションからのオイル漏れ、シンクロナイザーリングの消耗によりギアの入りが悪いなど年式相応である。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース