スズキ カルタス

ユーザー評価: 3.61

スズキ

カルタス

カルタスの買取情報を調べる

クルマレビュー - カルタス

  • その他
    スズキ カルタス
    • S.O.E.

    • スズキ / カルタス
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2012/07/21
    • 満足している点

      カルタスGTIのエンジンは恐るべきシャープなレスポンスと、NAなのに暴力的な加速。

      ・同年代のシビックよりかなりボディ剛性がある。

      ・四輪独立サス

      ・標準装着のステンレスのエキマニ!

      不満な点

      免許と命が無くなりそうなところ。

      総評

      これより辛口シャープなノーマル市販車に乗ったことがありません。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    スズキ カルタス
    • ぴょんちゃん♪

    • スズキ / カルタス
      不明 (1990年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2011/08/20
    • 満足している点

      小回りがきくサイズ

      不満な点

      意外とボンネットが長く、脇道から合流する時に前が見ずらい。

      総評

      なかなか乗りやすかったと思います。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • やまぶ

    • スズキ / カルタス
      XG1.6 4WD (1990年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2010/08/07
    • 満足している点

      4WDで900kgジャストの軽いボディーに1.6L 100psのエンジンを搭載しているため普通の1500クラスの車に比べて、2割ぐらい余裕のある走りが出来ます。

      4WDはシンプルなビスカス方式ですが、雪道、未舗装路共にかなりの実力があります ハンドルをいっぱいに切ってもブレーキング現象は感じません。

      コンパクトな車体の割に室内は広く4人までならゆっくり乗れます。
      トランクの容量も大きい方だと思います。

      外観も空力に優れた、当時としてはバランスの良いスタイルです。

      今まで17年間毎日通勤買い物などに使っていますが大きなトラブルはありません。(定期交換部品以外に交換したのはフロントショック、マフラー、窓枠のゴムぐらいかな)

      遠出をすると16km/L以上走る燃費






      不満な点

      シフトフィーリングはあまり褒められません。
      素早いシフトは難しいです。

      さすがに最近の車に比べるとエンジン音、走行音共に大きいです。

      乗り心地も細かいショックが気になるカーブではふらつく等あまりよくありません

      4WDと言っても特に車高が高くはないので未舗装路や雪道の轍では気を遣います。


      室内の建て付けも、当時のライバル車と比べてよくありません

      ブレーキ性能も良い方ではありません。

      また小さな車なのに税金保険ともに高いです。

      総評

      2回目の投稿です

      当時の車としてはなかなか良くできています

      今でも近所の林道等に走りに出かけます。(全くのノーマルですよ)2速で100km迄引っ張れる実力があるので上り坂は大変気持ちの良い走りをしますが下りは全くだめ車です。
      まだまだ大変よく走りますが、見た目が少し悪くなったのと
      さすがに安全性や、乗り心地の点で人を乗せるのには気が引けるようになってきたので、買い換えも考えるようになりました。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    スズキ カルタス
    • スズキ / カルタス
      1.3 GT-i(MT) (1988年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2010/06/25
    • 満足している点

      ・エンジン! 当時のNA2リッター車までならそこそこ勝負できる。
      ・燃費がいい。峠道ガンガン走って帰ってきても10㌔/リットル切った事はなかった。
       加速も燃費も“車重が軽い事のメリット”を後に痛感(安全・快適装備満載の今の車では無理)
      ・お手軽スポーツ車。
      ・内装は自分的には良かったと思います。
      ・ステンのエキパイの音。スポーティでした。
      ・確か独立懸架(?)

      不満な点

      ・腰高。 シティに比べるとコーナーがやっぱり辛く、ズリズリと。
      ・ギア比。とっても泣き所です。
      ・ギアのシンクロが弱く、2台とも早々の磨耗があって、「ガリッ」を覚悟でギア入れてました。
      ・その時に設定が無く、重ステ!
      ・ホイールベースが短っ! その当時のアルトを隣に並べましたが、負けました。
      ・腰高でホイールベースが短いので挙動がトリッキーな事があり、「うわッ!」っていうシチュエーションもありました。
      いろいろ不満点もありましたが、またぜひ乗ってみたい車です。
      排ガス規制や安全基準等の都合で、今じゃとっても考えられない車ですが、スズキさん!頑張ってみませんか?

      総評

      スーパーカー
      20年近く前に乗ってました。
      当時は「ボーイズレーサー」なんてカテゴリーされてホンダのシティやらダイハツシャレード・トヨタのスターレットから1.6リッターのホットハッチまで、元気のいい小排気量車がいっぱいでした。
      カルタスは33Sと34SのGT-iと2台乗り継ぎました。なにしろ車重が今の軽並で、パワーは97馬力・110馬力! いやでもすっとぶ加速で、エンジンは4ストのバイク並によく回りました。他のDOHCじゃ回してもうるさいだけでしたが、レッドゾーン(8500くらいだったかな?)まで加速が持続します。6000回転からの加速はまさにバイク!でした。
      ただギア比が悪く、サーキットのN1では活躍したようですが、峠道やジムカーナ・ダートラでは1・2速の使い方が微妙だったですねぇ。
      他の方のお話にもありましたが、車としてのバランスではジムカーナやダートラではGA2シティが有利で溝をあけられてました。私もジムカーナでは奮闘してもタイムも見るとガッカリ(腕も違うでしょうが・・・) クラスは別ですが、韋駄天のスターレットターボはまた別物の加速でした。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • 満足している点

      ○価格が当時のライバルに比べてダントツに安いのにも拘らず、装備が充実していたこと。
       中古でも人気が無いためか、非常に安く買える。
      ○タウンスピードであれば、3ATでも十分燃費が良いこと。
      ○SOHCでもパワーは十分で、ラフに使っても音を上げなかったG13Bエンジン。
      ○グラマラスなリヤスタイル。
      ○現行車では考えられない、割と低めのドラポジ。

      不満な点

      ●タウンスピードでは問題なかったが、郊外&高速走行では役不足の3AT。
       タコがないので不明だが、かなりの高回転を強いられるので騒音&燃費は最悪なものに。
      ●この時期のスズキ車お決まりの、ボディ剛性の無さと安全装備が標準でないこと。
       私のクルマにはエアバッグやABSなんて付いていませんでした。
      ●ヴィッツよりも大きなボディに拘らず、後席の居住性(特に足元)は軽ボンバン並。
      ●私のクルマだけなのかは不明ですが、電気系統のトラブルが頻発し、笑えるものから泣くに泣けないものまであり、維持出来なくなってしまったこと。

      総評

       セカンドカーには価格の安さや乗り易さでもってこいのクルマだと思います。

       ただ、近距離をチョコチョコ乗る分には問題ないかと思いますが、郊外&高速走行が多い人にとっては3ATではかなり辛いです。
       必ず5MTを選ぶことをお勧めします。
       (CVTはトラブルが心配なので、お勧め出来ません)

    満足している点不満な点総評

前へ1234567次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース