スズキ フロンテ

ユーザー評価: 2.41

スズキ

フロンテ

フロンテの買取情報を調べる

クルマレビュー - フロンテ

  • マイカー
    スズキ フロンテ
    • ぼんのすけちゃん

    • スズキ / フロンテ
      不明 (1969年)
      • レビュー日:2021年4月15日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能1
    • 乗り心地2
    • 積載性2
    • 燃費3
    • 価格4
    満足している点
    当時360ccで良い音だしてました
    不満な点
    たまに友達と4人で走るとスピードが出なかった
    総評
    小さかった 360CCですよ
    デザイン
    4
    黄色が似合ってた5
    走行性能
    1
    乗り心地
    2
    積載性
    2
    リヤエンジンで殆ど積んだ記憶が無い
    燃費
    3
    価格
    4
  • マイカー
    • ガンエー

    • スズキ / フロンテ
      不明 (1984年)
      • レビュー日:2019年12月16日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能3
    • 乗り心地2
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格1
    満足している点
    ・80年代特有の直線基調なデザイン
    ・アナログ感満載な作り
    ・燃費が良い
    ・エンジンルーム内がスカスカなので整備しやすい
    ・旧規格の軽自動車ながら大人4人が普通に乗れる
    不満な点
    ・パワーが無い
    ・4MTなのでもう1速欲しい(FEとFGグレードは5MT仕様)
    総評
    現行の軽自動車と比べてしまうと内装の作りや装備がかなり貧相で旧規格のためボディサイズも小さいですが、これが軽自動車本来の姿であるべきだと私は思います。
    排気量543ccのエンジンでも狭い日本国内を走らせるには十分な性能です。
    電子制御されまくっている現代の車と違ってアナログな作りなので無駄な故障が無くエンジンルームもスカスカで手を入れやすいのでとても愛着の湧く車です。
    毎日通勤の足として活躍してくれています。
    デザイン
    4
    今の車には無い角張ったデザインと規格物の角目ヘッドライトの顔つきが個人的には好きです。
    内装ではメーター左側にあるエアコン操作スイッチ類が少し独特な形状なのも気に入ってます。
    走行性能
    3
    搭載されるパワーユニットは水冷直列3気筒F5A型SOHC2バルブのエンジンで、543ccの排気量から出力は31馬力と今の基準から見ればかなり非力な数値ではありますが、低〜高回転までパワーの出方が割とフラットな感じなので癖がなく扱いやすいエンジンです。
    加速性能に関しては正直物足りなさはあるものの、慣れてしまえば街中では特に気になりません。
    ただ高速道路での走行となると4MTなのもあり常にエンジン唸りまくりです。
    操作性に関してはボディサイズが小さいので取り回しはかなり楽で、車重も570kgと軽いのでパワステが無くても女性でも十分に扱えます。
    乗り心地
    2
    経年劣化もあると思いますが足回りはかなり柔らかめです。
    リアがリーフスプリングなので道が悪いと跳ねます。
    静粛性に関しては外板のボディパネルが薄く、内装も鉄板剥き出しで内張りもペラペラなので全体的にチープな作りなのもありほぼ皆無です。
    その為ボディ剛性も低いので軋み音もあっちゃこっちゃからギシギシと鳴り響きます。
    エンジンからの振動はあまり気になりませんが、走行中は道路の状況によってはガタガタと振動が来ます。
    足回りのブッシュやエンジン&ミッションのマウント類を交換すれば幾分かは快適になるかもしれません。
    積載性
    3
    同年代のアルトが4ナンバーのバンなのに対し、フロンテは5ナンバーの乗用モデルなので後部座席を倒さない限り荷室は狭いです。
    幅はスーパーの買い物カゴを横向きに置いて約2.5個分、奥行きも買い物カゴ横向きが限界です。
    普段のちょっとした買い物の荷物くらいであれば問題なく積めます。
    長物や高さのある物に関しては後部座席を倒せばスペースが広がるのである程度大きな物でも積み込む事は可能です。
    燃費
    4
    街乗りではリッター約13km前後、高速道路は殆ど使わないので未計測です。
    地元は交通量と信号の数が多く、ストップ&ゴーを多用するので地域によってはもっと燃費は伸びるかと思います。
    少なくとも以前乗っていたラパンSSよりも燃費は良いです。(全く同じ使い方でリッター約10kmほどしか走りませんでした)
    この年代の車でこれだけ走ってくれればまずまずでしょう。
    価格
    1
    車としての価値は全く無いので下取りに出しても恐らく価格はつかないものと思われます。
    故障経験
    ・オルタネーターからの異音(リビルド品に交換)
    ・バックランプ不点灯(バックランプスイッチ不良→新品に交換)
    ・走行中ノッキング&アイドリング中エンジンストール(ポイントの寿命→新品に交換)
    ・アイドリング中にエンジンストール(キャブクリーナー吹いて清掃)
    ・エアコンの風が突然出なくなる(ファンスイッチ不良→新品に交換)
  • 過去所有
    • 諸星 ダン

    • スズキ / フロンテ
      FS-G (1980年)
      • レビュー日:2019年9月23日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    新車で購入しました。エアコンは付けていました。ちゃんと4人がのれました。リヤシートは2分割で倒すことが出来ました。
    不満な点
    ミッションは4速でした。リヤゲートではなくウインドウだけが開くタイプでした。
    総評
    もとは白でしたが黒に塗装して当時流行っていたダミーのエアースクープを付けていました。この車もまたドアミラーは違反でした。良くも悪くも昔の軽自動車でした。
    走行性能
    無評価
    高速ではメーターを振り切って走れました。
    乗り心地
    無評価
    今では考えられない?後ろは板バネでしたが乗心地も良くいい車でした。
  • マイカー
    • デイ式2st

    • スズキ / フロンテ
      GT-W (1971年)
      • レビュー日:2019年3月25日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・かわいい
    ・とにかく車体が小さい。狭い道や駐車場でもなんとか取り回しがきく
    ・かわいい
    ・見た目通り軽い車体。小少軽短美を体現し、その恩恵にあずかることができる。タイヤは減らないしバイパス巡行も苦しくない
    ・かわいい
    ・RRだから加速時にトラクションがかかりやすい
    ・かわいい

    ・かわいい
    不満な点
    ・低速トルクが細い。アイドルでは発進できない
    ・4速しかない癖にMT
    ・エアコンがない
    ・1速と2速が離れすぎている
    ・逆に4速が近すぎる
    ・オーバーヒートしそうになると勝手にヒーターがつく
    総評
    サブロクトップクラスの走行性能と引き換えに、夏の車内を地獄に変えるデュアルラジエターシステムを搭載した極端なサブロク。フロンテクーペばかりが有名で、実際に部品取りとして消えていった個体も多いだろうが、こいつ単体でも十分面白いしかわいい。
    走行性能
    無評価
    最高出力37ps/6500rpm 最大トルク4.2kgm/4500rpm
    低速トルクはとにかく貧相。おまけに4速しかないからエンジンは回りすぎたりあっという間に失速したりする。3500rpm辺りから急激にトルクが立ち上がり、4500rpmからのトルクバンドに入ると軽四輪ながら背もたれに体を押し付けられるほどの加速を味わうことができる。
    乗り心地
    無評価
    車体が軽いのでめちゃくちゃ跳ね上がる。ギアチェンジもクラッチ操作に気を使わないと簡単にショックが来る。CVT慣れしたヒトにはきつそう。
    積載性
    無評価
    皆無。現代車と比較した場合、フロントトランクルームの奥行きと幅は立派なものの、とにかく高さがなく、2泊用キャリーバッグや箱買いした2Lペットボトルなどいろんなものが入らない。しかも基本的にその半分をスペアタイヤが占有している。どうしようもないが、もともと人じゃないものを積むような車ではない。
    燃費
    無評価
    バイパスなら16km/Lでるが、加減速の悪影響に弱く、湖西市街地(道が入り組んでおり、アップダウンが激しい)だと9.8km/Lぐらい。インジェクター化したい。
    故障経験
    ・純正の機械式燃料ポンプが故障して不動になったのでレッカー車のお世話に。東京海上日動の保険は1月に1回レッカー移動が無料なので旧車乗りはぜひ加入しよう。
    ・エンジンマウントが死んでいる個体多数。エンジンの振動が車体にじかに響くのでいろいろよくない。
    ・しかし安易にエンジンマウントを交換すると今度はシフトレバーのセンターが狂い、変速時に引っかかりやすくなる不具合が発生する。ちゃんと調整してもらうこと(2敗)
  • マイカー
    スズキ フロンテ
    • 改良型サイ黒ンSS

    • スズキ / フロンテ
      フロンテ360(LC10) (1967年)
      • レビュー日:2018年10月5日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    大学生の頃に二輪から2万円か3万のか忘れましたを購入してレストアに30万ほどかけ乗りました。 当時はハイソカーブームバブル景気の最中で色々な車種が多種多様に有りました。 フロンテも手放さず、冬眠中です。
    太陽の道ナポリ~ミラノ間を激走して区間平均120kmだったか?など、記録を樹立しました。
    僕もカーマガジンにものりましたし、当時、ノスヒロにも、資料をお貸しした事もありました。
    不満な点
    昭和の車に不満は御座いません。
    総評
    とにかく部品が少ない事と、空冷3気筒エンジンは風を受けにくい真ん中のシリンダーが要注意。

前へ123次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース