スズキ GSX-S1000F ABS

ユーザー評価: 4.82

スズキ

GSX-S1000F ABS

GSX-S1000F ABSの買取情報を調べる

クルマレビュー - GSX-S1000F ABS

  • マイカー
    • 大型初心者ライダー♪

    • スズキ / GSX-S1000F ABS
      GSX S1000F (2017年)
      • レビュー日:2021年5月6日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン3
    • 走行性能5
    • 乗り心地3
    • 積載性1
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    148馬力というバケモンマシンを100万円で買うことができ、マフラー交換の必要性が全く無いほどの爆音純正マフラー。

    ・ロングストローク型K5型GSX-R1000エンジンをチューン
    ・新設計アルミフレーム
    ・モノブロック対向4ポッドラジアルマウントブレンボキャリパー
    ・KYB製フルアジャストブル倒立フォーク
    ・前後ABS
    ・5段階輝度調整可能フルLCD液晶
    ・レンサル製バーハンドル
    ・3段階+OFFトラクションコントロールシステム
    ・スリッパークラッチ(2017年式〜)
    と空前絶後な超絶豪華装備です。

    スイングアームはL6型GSX-R1000の物を使っており、足回りの見た目に関してもGOOD!
    角材のようなスイングアームはダサすぎですw
    不満な点
    前から見た時のスクーターのような見た目。
    あと、フルカウルなのにハンドルからミラーが出ているのも。
    前車がNinja400でカウルマウントだったので余計気になりました。

    あとは、メーター周りが少しプラスチッキーな感じが…。
    値段を考えれば許容出来ますが、本音を言うならもう少し上質なプラスチックを使ってほしかった。

    ですがそれくらいしか思いつかないのが素晴らしい!
    総評
    100万円でSSのような装備が付いており、馬力は148馬力、1速120km出すことも可能です。
    逆に考えれば公道のスタートダッシュで4輪に負けることは無いし、ちょっとした追い越しでも無理なくこなす事が出来る、意のままに走ることが可能です。

    ブレーキに関しても対向4ポッドのラジアルマウントキャリパー&ABSが付いているのでガッチリと効きます。

    値段以上の楽しさを与えてくれると思います!
    デザイン
    3
    前から見たらフロントの顔が気になる……が❕
    斜め前から見たらエンジン辺りが美しく、後方に掛けてカッコイイ!
    写真を撮るなら右斜め前からですね。
    走行性能
    5
    148馬力という鬼パワー、ガッチリ効くブレーキ、無理をしてもバイクが修正してくれるトラクションコントロールシステム。

    バーハンドルで前傾過ぎない楽々ポジション。
    ギア選択を間違っても後輪が暴れにくいスリッパークラッチ搭載。
    更にオプションでクイックシフター(UPのみ)を取り付ければ完璧です!
    乗り心地
    3
    前後サスペンションのメーカー設定では、皆さん仰るように硬い印象です。
    地面からの突き上げ感が若干強く感じます。

    GSX-S1000/Fのサスペンションは、
    【フロント】:プリロード・伸側減衰力・圧側減衰力
    調整可能なフルアジャスタブル
    【リア】:プリロード・伸側減衰力
    の調整が可能になっているので、自分の走りに合った調整が出来るのも良いですね。
    積載性
    1
    これはスポーツバイクにはもう当たり前になってますが、皆無と言って良いでしょう…
    タンデムシート下はETC、ドラレコ関係、車載道具、車検証を入れればほぼいっぱいになります。

    前車のツアラーNinja400と比べますが、タンデムバーも無ければ荷物フックも2箇所ほど(タンデムステップ根元)しかないので、積載は多少工夫する必要があります
    その点、Ninja400は荷物フックも4箇所付いており、しっかりとしたタンデムバーもあったので、まさに“ツアラー”でした。

    日帰りならウエストバッグ、1泊ツーリングならシートバッグを使い分けています。
    燃費
    4
    毎日の通勤ではストップ&ゴーが多いので燃費は良くありません。
    通勤での平均は14km/Lほどで、週末や泊まりでツーリングに出掛けた時は20km/Lを少し超えるか届かないかくらいですね…

    ですが、他のリッターバイクに比べれば良い方だと思います。
    ハイオクですが20km/L走るんですよ!
    価格
    5
    コスパ最強です。
    148馬力、しかもトラクションコントロール&前後ABSが付いて新車で100万円。
    他に同条件のバイクは存在しません❗

    ただ、売却では他のリッターバイクよりは安いと思います。(新車価格が破格値なので)
    しかし、乗り潰すと考えれば十分楽しめると思いますよ。
    故障経験
    現時点(2021/05/06)では無し。
  • マイカー
    • 碧いウサギ

    • スズキ / GSX-S1000F ABS
      GSX S1000F (2017年)
      • レビュー日:2021年4月8日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン3
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費5
    • 価格5
    満足している点
    ・車体構成などお金のかかる部分にSSの技術が
     随所に入っているので走る・曲がる・止まる
     についてはライバルより抜きんでています。
    ・ブレンボ・レンサルなどの一流メーカのパーツ
     が採用され所有感が高いです。
    ・車体重量215kgからくる取り回しの良さで
     気兼ねなくどこへでも出かけたくなるような
     バイクです。
    ・シート髙810mmは乗車したまま駐車時に
     バック等でき、不整地などでも安心感があります。
    ・ツーリングではリッター20キロを割らない
     高燃費で下道日帰り300キロ程度ならならほぼ
     無給油で帰着することが出来ます。
    ・バーハンドルにより前方視界も良好でセパハン
     と比較し疲労の度合いが全然違います。
    不満な点
    ・真正面からのスタイリング
    ・アンバランスなハンドルミラー
    ・防風性の低い純正スクリーン
    ・マスターシリンダーが別体式ではない
    ・チープな共通デザインのメーター
     (機能は問題なし)
    ・積載性が心もとない
     (最近のバイクはみな同じだが)
    ・パニア等ライバル車のNinja1000と比較し
     純正アクセサリ類が少ない。
    ・ハロゲン等、走行に関係ない部分については 
     コストダウンを感じる
    ・2輪、4輪問わずに何故か煽られてしまう
    (後方からのデザインが小排気量車に見えるのかも?)
    総評
    バイクのフレームや足回りが良く出来ているので
    ステージを選ばずとても楽しく走らせることが
    出来ます。 

    山道を含むツーリングには最適なバイクですが
    荷物満載でのキャンプツーリングにもユーザー
    の工夫次第で十分対応できます。

    基本性能は高いので積載性などで不満がある
    場合はユーザーで対応する必要がありますが
    アフターパーツで対応できます。
    デザイン
    3
    ライバルと比較し正面からは愛嬌のある小動物
    的なデザイン決してカッコイイの類では
    ありません。(小鳥系?)
    自分の一番好きなポイントは斜め後方からの
    シート・タンク・フレームにつながる筋肉質な
    ラインが最高に気に行ってます。
    走行性能
    5
    148ps/10.9kgfの本領発揮シーンは限定され
    ますがそれ以下の回転領域でも余裕のある
    パワー・トルク感で安心して走れます。 
    街中は5000rpm以下で事足り、そこから上の
    回転領域は快音とともに非日常的な加速を味わう
    ことが出来、日々のストレスを彼方に吹っ飛ばし
    てくれるような感じとなります
    乗り心地
    4
    初期設定のままではかなりの高荷重セッティング
    となっており段差等で大きく突き上げられます。
    イニシャルを抜く方向でセッティングすれば
    かなりの改善が見込まれます。
    積載性
    4
    ここ最近のバイクでは例にもれず積載性はほぼ
    ないことが前提に作られています。
    この辺りはアフターパーツ等で工夫が必要と
    なります。
    燃費
    5
    WMTCモードで19.1km/Lですが私の使用用途
    (郊外ツーリング)では20.0km/Lを割ることは
    ありません。
    パワーと燃費のバランスがこのクラスのバイクの
    中でかなり良いように感じます。
    ※決してパワーのないミドルクラスや2気筒等を
    比較対象にしているわけではありません。
    価格
    5
    乗り出し価格で107万円位でした。
    この様な装備のバイクは他メーカーが生産して
    いたらありえないとは思います。
    スズキの良心的な価格設定に満足しています。
    故障経験
    特にありません。
  • マイカー
    スズキ GSX-S1000F ABS
    • 通勤快速125cc

    • スズキ / GSX-S1000F ABS
      不明 (2015年)
      • レビュー日:2021年2月25日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能3
    • 乗り心地3
    • 積載性1
    • 燃費3
    • 価格2
    総評
    おすすめです
    走行性能
    3
    乗り心地
    3
    積載性
    1
    燃費
    3
    価格
    2
  • マイカー
    • 紙屋2020

    • スズキ / GSX-S1000F ABS
      不明 (2016年)
      • レビュー日:2021年2月18日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン3
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    ツーリングからサーキットまで楽しめるバイク
    不満な点
    アクセルを開く時に少しドンツキがある。
    また、エンブレがマイルドにかかるといいと思う。
    総評
    ツーリングからサーキットまで楽しめるバイクであり価格帯が安いが十分に楽しめる。
    デザイン
    3
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    3
    燃費
    4
    価格
    5
  • マイカー
    • 大型初心者ライダー♪

    • スズキ / GSX-S1000F ABS
      不明 (2016年)
      • レビュー日:2020年10月26日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン3
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性2
    • 燃費2
    • 価格5
    満足している点
    145馬力というバケモンマシンを100万程で買うことができ、マフラー交換の必要性が全く無いほどの爆音純正マフラー。
    ロングストローク型K5のGSX-R1000ベース低中速向けエンジン、アルミフレーム、ブレンボキャリパー、KYB製倒立フォーク、電子制御は前後ABS、3段階調整可能なトラクションコントロールと、超豪華装備満載です。
    不満な点
    やはり前からの見た目ですかね。
    やはり、皆さん仰るようにスクーターみたいな感じがします。
    あと、フルカウルなのにハンドルからミラーが出ているのもですかね。
    前車がNinja400でカウルマウントだったので余計気になりました。
    総評
    凄く良いバイクです。
    100万ほどでSSのような装備が付いており、馬力は145馬力(現行は148馬力)、1速120km出すことも可能です。
    逆に考えれば街中のスタートダッシュで4輪に負けることは無い!と言って良いでしょう。
    ブレーキも対向4ポットのラジアルマウントキャリパー
    &ABSが付いているのでガッチリと効いてくれます。

    価格以上の楽しさを与えてくれると思います!
    デザイン
    3
    前からの見たらフロントの顔が気になる……が❕
    斜め前から見たらエンジン辺りが美しく、後方に掛けてカッコイイ😎
    写真を撮るなら右斜め前からですね😆
    走行性能
    5
    145馬力という鬼パワー、ガッツリ効くブレーキ、無理をしてもバイクが修正してくれるトラクションコントロール。
    バーハンドルで前傾過ぎない楽々ポジション。

    リッターバイクにも関わらず214kgと非常に軽く、取り回しもしやすいと思います。
    ちなみに前車Ninja400は209kgでした。
    乗り心地
    4
    前後サスペンションのメーカー設定では、皆さん仰るように硬い印象です。
    地面からの突き上げ感が若干強く感じます。

    GSX-S1000/Fのサスペンションは、
    フロント:プリロード・伸側減衰力・圧側減衰力の調整可能なフルアジャスタブル
    リア:プリロード・伸側減衰力の調整が可能になっているので、自分の走りに合った設定が出来るのも良いですね。

    シートは前車のツアラーNinja400と比べると、やはり硬い感じがしますが、跨ると凄くお尻辺りがフィットします。

    4気筒ですが、走行中の微振動が気になります。
    これはヘビーバーエンドに交換して対策しようと思います。
    積載性
    2
    これはスポーツバイクにはもう当たり前になってますが、皆無と言っていいでしょう。。。
    シート下はETC、車載道具、車検証を入れればほぼいっぱいになります。
    またまた前車のツアラーNinja400と比べますが、タンデムバーも無ければ荷物フックも2箇所ほどしかないので、積載は多少工夫する必要があるかと。
    Ninja400は荷物フックも4箇所付いており、しっかりとしたタンデムバーもあったので、まさに“ツアラー”でした。
    今後はシートバッグ、ウエストバッグを使い分けようと思います。
    なんせ、スポーツバイクにBOXは似合いませんから😅
    燃費
    2
    毎日の通勤でストップ&ゴーが多いからか、燃費はそこまで良くありません。
    通勤での平均は14km/Lほどで、峠に走りに行った際は20km/L届くか届かないかくらいですね…

    ツアラーNinja400も14、15km/Lでしたので燃費の面では気にはならないのですが、レギュラーからハイオクになったので1回の給油金額は上がりました😅
    価格
    5
    超コスパ最高です。
    低走行車でも2016年モデルまでなら(馬力やスリッパークラッチの有無はありますが)80万ほどで買う事が出来ます。
    トラクションコントロールも付いていて、初心者の自分でも安心出来るのは良いですね❕
    ただ、売却面では他のリッターバイクよりは安いと思いますが、これ以上楽しめる100万以下のバイクは無いと思いますよ😆
    故障経験
    クラッチジャダーが発生しています。
    これに関しては購入店舗に相談中です。

    また、GSX-S1000/F持病といわれている2,500rpm〜4,000rpm辺りのアクセル一定のパーシャル時、車体が前後に揺れる感覚が起きます。
    初期ロットでは特に出やすいみたいで、購入店舗に相談すれば対策品であるECUと交換して頂けるようです。
    この点に関しても、対象ロットなので購入店に相談中です。

前へ123次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース