スズキ GSX-S750 ABS

ユーザー評価: 4.33

スズキ

GSX-S750 ABS

GSX-S750 ABSの買取情報を調べる

クルマレビュー - GSX-S750 ABS

  • レンタカー
    • tonmon

    • スズキ / GSX-S750 ABS
      ? (2018年)
      • レビュー日:2021年6月27日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地3
    • 積載性3
    • 燃費1
    • 価格3
    満足している点
    ①峠での痛快なコーナーリング性能
    ②優れた直進安定性
    ③スタイリング
    ④取り回しがしやすい
    装備重量は212kgでグラディウス400から6kg重いだけなので、サイドスタンドが掛かった状態から車体を起こす時や、降りた時の押し引きが苦ではない。
    ⑤足つきの良さ
    シート高は820mmで数字だけ見れば躊躇しそうになるが、実際は股の部分がかなりくびれていて足を真っ直ぐ下におろせるので数字以上に足つきは良い。ペダルも邪魔しない配置になっている。


    ⑤見やすいメーター
    視界に入りやすい高さに付いている。デジタル表示は文字や記号が太いので読み取りやすい。瞬間燃費、平均燃費も表示できる。ハンドルを握ったまま左手の親指で表示切替ができる。
    不満な点
    ①排熱
    今日の札幌の最高気温は28℃。赤信号で停止すると下から凄い熱が上がってきた!ニーグリップした時タンクあたりに触れる膝も熱い。
    ②ハンドルとミラーの微振動(乗り心地の欄に記載)
    ③過敏すぎるスロットル(走行性能の欄に記載)
    ④燃費が悪い。航続距離が少ない。ガソリン代が高い(燃費の欄に記載)
    ⑤サイドスタンドの蹴り出しがしにくい
    総評
    JRタワーの東向かいの高架下にある駅レンタカーが今月よりレンタル819事業も始めたということで、レンタル車種を見てみたら、2017年のスズキ二輪試乗会以降熱い視線を送り続けてきたGSX-S750もあった!
    (過去の試乗記)
    2019年
    2018年
    2017年

    メーカーの試乗キャラバンは新型コロナ感染拡大防止のため去年も今年も中止。そんな中、課金して存分にバイクを試乗できる機会が訪れたのである。
    GSX-S750は4時間料金が12,900円。これに万一に備えて車輌補償3,500円を加えて計16,400円だった。
    少なくとも半日は乗り回してみないと、興味があるバイクの良さも悪さも分からないだろう。試乗せずに買って所有を始めてから欠点に気づいて手放す一因としてしまうのはとても勿体ないこと。
    自分のライフスタイルに合うバイクを探すのにレンタルバイクのサービスは非常に有意義だ。一回借りるのに1万5000円以上支払ってもしっかり自分でレビューしてバイクを選ぶべきと感じた。




    GSX-S750は本当に好きなバイクでインスタでも各国のオーナーをフォローしている位だったが、残念だが今後所有する可能性は0となった。

    今後のバイクに対する願望は、GSX-S750が持っている優れた直進安定性とコーナーリング性能を今の愛車グラディウス400に取り入れる事。
    タイヤをバトラックスS21又はS22に換装するだけで実現できるかは分からないが、今のタイヤ(ロードスマートⅢS)を履きつぶしたらやってみようと思う。
    デザイン
    5
    尖ったスタイリングがカッコイイ。アンダーカウルも良く似合う。
    マットブラックもいいけれど歴代のカラーの中で青が一番好みである。
    ヘッドライトはハロゲンライト装着前提なので時代遅れになりかけているがこの輪郭がお気に入り。ポジションランプ共々LEDに換えれば時代遅れを巻き返せる。

    走行性能
    4
    出発時のオドメーターは1km。今月のレンタルバイク開業に合わせて導入された新車であり、自分がこのバイクに乗る第1号客であった。タイヤの皮むきの任務も負う事となった。

    ◎加速性
    流石の大型バイク。グラディウス400では躊躇するような場面でも追い越しをごく短時間に完結できる。
    スローな車輌にしばらくくっついてストレスを貯め込んでも、先頭に立てば右手ほんの一ひねりで背後のクルマたちがたちまち小さくなっていってしまう。痛快でたまらない。

    ◎直進性
    直進安定性はグラディウス400よりも非常に優れている。二輪なのに矢のように進み、四輪に乗っているかのような安定感。舗装のパッチング補修の隅や路面の縦方向の割れ目をわざと踏んでみてもハンドルが乱れることが一切なかった。これは凄い。

    ◎峠
    平たんな路面をただ流していると尻が徐々に痛くなってきたりハンドルの振動で手が痺れたりして嫌な点が目立ってしまうのだが、万字峠に持ち込んだところGSX-S750はもう水を得た魚のようにスイスイとコーナーを決めていってしまう。グラディウスも中々寝かしこみやすいバイクだが、GSX-S750はその比ではなかった。
    過去のスズキ試乗会で敷地内だけでも余りの曲がりやすさに興奮しきりだったが、こんなに峠が楽しめるとは・・・。グラディウスではスピードが合っていないと路肩に迫ってしまったりセンターラインを割りそうになる事がしばしばあるのだが、GSX-S750はそれが全く起こらない。とにかくカーブ進入前にイメージした軌跡をその通りトレースしていく。腕が上がった錯覚となり興奮のるつぼと化していた。夕張へ下りた後、このまま国道452号と桂沢湖を経由して戻れれば最高だったが、店舗の営業時間に間に合わないので来た道を戻ることしかできなかったのが残念でならない。


    タイヤはBSのバトラックスS21だった。万字峠を越えて夕張へ下りた時、後輪は殆ど端まで皮むきが済んでいた。



    直進安定性の高さも峠での曲がりやすさも、全てこのタイヤのお陰なのか?
    だとしたらグラディウスの次のタイヤはS21かS22で決まりだ。

    ◎低速でも粘りがあるエンジン
    2000rpmでも何の問題もなく巡航するし加速もできる。5速、6速は余り出番がないと思いきや、50km/hで5速へ、60km/hで6速へシフトアップして全然OK。一般道でも6速を使い切れるのが嬉しい。
    6速巡航の場合、回転数は次の通りだった。
    60km/h:2500rpm
    70km/h:3000rpm
    80km/h:3500rpm

    ×スロットルが過敏
    センターラインがなく路面がひどく荒れたアスファルトの市街路を走った際、路面の凹凸のせいで右手はどうしてもスロットルを微妙に捻ったり緩めたりとなってしまう。その際もれなく加速と減速を何度も繰り返してしまいスピードを一定にできなかった。グラディウスではこんな事はないのでもっとスロットル設定を鈍くして欲しい。
    乗り心地
    3
    プリロードはいじらず標準設定のまま乗ったがバネに関してはウィークポイントは無い。
    しかしネガなのは振動と堅いシート。
    3000rpmを過ぎるとハンドルに細かい振動が出てきて3500rpmくらいで顕著に。左手より右手の方がビビリが大きく右手が痺れてしまう。しかも右だけミラーも微振動するので後方視界がボケている。
    シートは厚さはあるのに沈み込みは少なく、出発して30分くらいでお尻がズキズキしてきて時々座り替えをしていた。
    積載性
    3
    タンデムシートの下に車検証やETC車載器が入るくらいの収納が付いているので今売られている新車の中では標準的なものだろう。ロープを掛けられるようなところは無い。
    燃費
    1
    岩見沢を経由して夕張へ。ほぼ同じ道を往復。


    165.7km走ってセルフSSで満タン給油したら7.73L入り、僅か21.4km/Lだった。平均燃費計の表示23.6km/Lより9%も低い。
    燃料タンク容量は16Lなので、1タンクでの航続距離は330kmしかない。日帰りで400km以上走る人は無給油で帰ってこられないのが辛いと思われる。
    愛車のグラディウス400なら燃費は33~34km/Lで450km程度の航続距離を持っている。


    1万km走行にかかるガソリン代をグラディウス400と比較すると
    ・GSX-S750(ハイオク)・・・10000÷21.4×163円/L=76,000円余り
    ・グラディウス400(レギュラー)・・・10000÷34×152円/L=44,700円
    と3万円以上の差が付き、給油回数の多さの不便と併せて経済性が良くない。
    価格
    3
    2017年の発売から既に4年経過している。初年度登録の中古車なら安価なので、おカネが浮いた分用品の購入に回してバイクライフを充実させることができるだろう。
  • マイカー
    スズキ GSX-S750 ABS
    • techmo

    • スズキ / GSX-S750 ABS
      不明 (2017年)
      • レビュー日:2021年3月8日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    エンジン、マフラー。ついつい回したくなるいい音がします。6〜7000回転くらいでシフトアップしていくのが心地良いですね。10000回転くらいになるとシビれるようなサウンドがします。
    不満な点
    パーツが少ないことくらいでしょうか。
    総評
    マイナー車らしいです。
    イージースタートシステムとローRPMアシストは地味に便利。
    優しくて乗りやすいが、過激な本性を高回転域に隠してる感じ。
    デザイン
    4
    顔はあんまり好みじゃないが、牙の意匠は割と好き。どこから見てもシルエットはかっこいいと思います。正面から見るとめちゃマッチョ。ウインカーだけ野暮ったい感じがします。金のフロントフォークかっこいい。2017年モデルの赤だと、GSX-「S」が目立たない。ホイールデザインも他よりかっこいいと思う。
    走行性能
    5
    パワーは十分。気持ちいい加速をします。
    ローRPMアシストが地味に便利。駐車場内とか、ジリジリ進む場面でラク。
    ミラーが微振動で見づらい(中古だからかも)。
    乗り心地
    4
    ちょっと固いと思います。シートの所為もあると思いますが、すぐ尻が痛くなります。
    積載性
    3
    燃費
    4
    公式によると20.1km/L。メーターに航続可能距離が表示されますが、当てにしすぎるのはキケン。
    価格
    5
    中古ですが、付いてる装備と現行モデルであることを考えると安かったと思ってます。
  • マイカー
    スズキ GSX-S750 ABS
    • ベルドラ

    • スズキ / GSX-S750 ABS
      不明 (発売年月不明)
      • レビュー日:2021年2月21日

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    総評
    あまり見かけない・・・
  • マイカー
    • ぽむっち

    • スズキ / GSX-S750 ABS
      不明 (2017年)
      • レビュー日:2019年8月16日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・売れてないのでほぼ誰ともかぶらない
    ・2速以降の加速力、高速ではほぼ6速のままで
     オートマ状態
    ・曲がりやすい、停まりやすい
    ・見た目がカッコいい
    不満な点
    ・売れてないから専用パーツが少ない
    ・地面からの突き上げが激しい気がする
    ・クラッチが固くてウィンカーに届かない
     ことがある
    総評
    自分には必要十分なバイクです。いつかはリッター
    オーバーに乗りたいが、それまでを繋ぐには十分
    過ぎる性能。ということはリッターオーバーに乗る
    日は来るのか?
    走行性能
    無評価
    高速ではビュンビュン走る。湾岸が気持ちいい。
    山道でも苦労したことが無い。腕が上がれば曲がれ
    る。
    乗り心地
    無評価
    ・突き上げは激しい。上に吹っ飛びそうになること
     がある。
    ・低周波の振動がある。
    ・乗り方次第だが日によってはケツが痛い。
    積載性
    無評価
    1~2泊用にTANAXのMFK-139を付けてる。これで
    十分なので、自分的には積載性は合格。これ以上の
    大荷物はムリかな。
    燃費
    無評価
    多分18km/L~20km/L弱くらいはいってると思う。長距離の高速巡行だと25km/Lいってるのでは?
    故障経験
    2年間全くなし。さすがは日本車。快調!!
  • マイカー
    • ハーディン

    • スズキ / GSX-S750 ABS
      ? (2018年)
      • レビュー日:2019年3月12日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    DAEGからの乗り換え。
    差し引きかなり安く買えた事。

    軽いこと、エンジン音がたまらなく良い。
    人と被りにくいからとても精神的に良い。
    不満な点
    GSR750から随分チープさは消えたけど、
    もう少し、スイングアーム末端まで
    きっちりデザインして欲しかったのと、
    若干塗装の処理が甘いかな?位。

    後、量販店では殆どパーツが置いてないので
    ネット注文ばかりになる。
    総評
    前車のDAEGもとても乗りやすかったし、
    気に入ってたけど、重いのと、もう少し回せる
    エンジンに乗りたいと走行会後思うようになった事、結構な頻度でDAEGは遭遇するのと何かカスタム度合の比べ合いになる感じと、二本サスの王道ネイキッドのスタイルが少し見飽きてしまった所にこのバイクのブログを見て鈴菌再発!
    特にこの黒赤のカラーにやられた。スズキは個人的に年々カラーリングが酷くなるので、赤黒が無くなる前に即決だった。

    1000ccと迷ったけど、リッターの回せない
    エンジンより怖くなく開けれる750にした。
    実際乗ってみて実際今の自分にはとても合ってる。

    エンジンもSS譲りでシャープだけどSS程身構えないのとポジションが楽なので長距離も乗れる。

    軽くて、速くて、曲がりやすい。今までの中で一番速くコーナー曲がれてる。

    シートがどうしても尻痛シートなので
    ゲルザブ低反発加工にシートは改良予定。

    人と被りにくいので精神的に何かいい感じ。
    何故か信号待ちしてると、外人が挨拶してくれる
    様になった。外人ウケ良いのかな?
    走行性能
    無評価
    現在1200キロで慣らしが終わりました。
    乗り心地
    無評価
    乗り心地はオーリンズのサスを知ってしまってるので
    良いとは言えないけど、許容範囲。
    積載性
    無評価
    シート下はETC車載器と車載工具、
    ネットと小銭入れは入る。

    後、フェンダーレスにしたので
    積載は落ちるかな?思うけどフェンダーレスの
    4点留めのネジが8Mネジだったので、8Mネット
    アンカーネジにしたらバックも取り付けOKに
    なった。ウインカーが少し邪魔ですけど。
    燃費
    無評価
    リッター16~18位かな。気にはしてません。
    故障経験
    新車であったら困る!
    あるわけない。出たらクレームする。

前へ12次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 茨城県

    s-style主催 4H10 ...

    車種:トヨタ 全モデル , ホンダ 全モデル , スバル 全モデル , スズキ 全モデル , ダイハツ 全モデル

ニュース