スズキ ジムニーシエラ

ユーザー評価: 4.31

スズキ

ジムニーシエラ

ジムニーシエラの買取情報を調べる

心を解き放ち、自由を楽しむ。『スズキ ジムニー シエラ』に乗ってみた(・ω・)ノ - ジムニーシエラ

その他

心を解き放ち、自由を楽しむ。『スズキ ジムニー シエラ』に乗ってみた(・ω・)ノ

おすすめ度: 5

満足している点
こんにちは(^^♪
FJ CRAFTです!(・ω・)ノ
今回もよろしくお願いします!(^^♪

※記載内容(感想等)についてはあくまでも個人的主観とご理解いただきますようお願いいたします!(*・ω・)*_ _)ペコリ


さて、今回試乗したのは今もなお納期が1年ほどとなっている、
『スズキ ジムニー シエラ』です!(^^♪
alt
・グレード:JC
・エンジン:1.5L水冷4サイクル直列4気筒
・トランスミッション:5MT
・駆動:4WD
・最高出力〈ネット〉:75kW(102PS)/6,000rpm
・最大トルク〈ネット〉:130Nm(13.3kgfm)/4,000rpm


2018年7月に、ジムニーとともにフルモデルチェンジを受けた「ジムニーシエラ」は、新開発の1.5L直列4気筒エンジンが大きな特徴。
発売から2年半以上経つ今もなお、オーダーから納車まで1年ほどかかっているのはすごいです!!
今回、たまたま試乗する機会がありましたので、今更とは言わないでくださいね(´艸`*)

シエラの魅力の一つはやはり大きく張り出したオーバーフェンダー!
ジムニーでは軽規格という厳しい制限があるだけにこの差は大きいですよね~!
alt
また、660ccのジムニーに対して、1.5ℓのシエラには走りにも余裕があるところも大きなメリットだと思います!

不満な点
1.5ℓの他の車と比較すればいろいろあるかもしれませんが、あくまでもジムニーとして考えた場合、試乗レベルでは不満な点というのはなかったです!(^^)

総評
ジムニーの際にも書きましたが、20年ぶりのフルモデルチェンジが実施されたジムニー!

悪路でも軽々と駆け抜ける走破性の高いジムニーシエラは、クロスカントリー車らしいワイルドなデザインが魅力ですよね!
機能性が高く無駄のないエクステリアは、さまざまなシチュエーションで運転してみたくなる魅力があると思います。
alt

alt

alt

alt

alt

alt


また、いろいろ見ているとこんな記事も・・・
初代から最新モデルまで「パートタイム4WD」を採用し続けています。
前輪と後輪がシンプルな構造で直結しているので、ぬかるんだ道や急斜面などで空転しても、安定した駆動力を確保できることが特徴です。
また、以前から採用されてきた仕組みのひとつに「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」があります。
一般的な乗用車とは左右の車輪の接続方法が異なり、凹凸(おうとつ)のある道など過酷な走行環境でも高い悪路走破性を発揮できる構造が魅力です。

フムフム・・・φ( ̄ー ̄ )メモメモ

alt

クロスカントリー車らしい魅力たっぷりのジムニーシエラ!
5ドア仕様が出るとか、またマイルドハイブリッド化されるなどなど、いろいろな噂話が出てきているジムニー!!
今後もジムニーの動向がますます気になりますね!(#^^#)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
専用設計されたスズキ ジムニー/ジムニーシエラ用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討くださいね!(*´▽`*)

フロアマット以外にも分割ロングラゲッジマットやサイドステップマット、ダッシュボードマットなどなど、ラインナップも豊富ですよ~!( *´艸`)


【楽天市場】スズキ ジムニー/ジムニーシエラ 商品一覧

【ヤフーショッピング】スズキ ジムニー/ジムニーシエラ 商品一覧


★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び

★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

デザイン
無評価
ボディサイズは、全長:3,550mm × 全幅:1,645mm × 全高:1,730mm。
軽のジムニーに対してそれぞれ155mm、170mm、5mm大きくなっています。
また、先代のシエラに対しては-50mm、+45mm、+60mmとなっています。
alt

総評にも記載しましたが、クロスカントリー車らしいワイルドなデザインが大きな魅力ですね!
alt

走行性能
無評価
それでは、早速試乗しま~す!
エンジンスタート!GO!!GO!!ヾ(>∇<*)o
alt

以前ジムニーにも試乗しましたが、やはり軽とは違って走りに余裕が!
普通車カテゴリーに入るジムニーシエラは、ジムニーとはまた違った魅力を多く持っています。
路面環境が良くない過酷な場面だけに限らず、街乗りでも快適性が高いので日常的に乗る車としてもなんら問題なし!
トルクもジムニーの96Nm/3,500rpmに対してシエラは130Nm/4,000rpmと、低速域での使い勝手もいいです。
今回試乗したのはMT車だったので、ちょっと緊張しましたが・・・( ̄▽ ̄;;
alt


乗り心地
無評価
先代に乗ったことがないので比較はできませんが、本格派のクロカン四駆と言われるジムニーですが、個人的にはオンロードでも全然問題ないというか、快適な乗り心地でした!
いろいろな記事を見ていると、先代に比べて乗り心地が圧倒的に良くなり、ステアリングなどのフィーリングも向上しているとの書込みも!

ジムニーシエラには195/80R15を採用。
ちなみにジムニーは175/80R16です。
alt

リアはタイヤ奥にごっついラダーフレームが見えてます!(*^^*)
alt

ジムニー試乗の際にも記載しましたが、フロントシートには高剛性・高強度なシートフレームを採用しており、後突時の衝撃に対して上半身を安定させて、頸部への衝撃を和らげるようにできているとの事。
また、シートフレーム幅が70㎜も拡大したことで、大柄の人でも快適に座れるようになりました。
クッションコイルもこだわり、バネの面積を広げて反発力にもこだわっており、長時間ドライブでの疲労を軽減し、しっかりとしたホールド性を実現。
クッションの感覚は旧型よりも適度に硬くなっており、お尻が落ちて腰が痛くなるということが少なくなっているとの記事もありました。
alt

リアシートは5:5分割可倒式。
実際に座ってみましたが、正直簡易的なシートといった印象が強く、長時間のドライブになると結構辛いでしょう。。
alt

積載性
無評価
リアシートの背面と荷室の床面が樹脂になっているため、荷物の汚れや水滴が付着しても簡単に掃除ができるようになっています。
alt

地上から765mmの高さにある広いスクエア型の開口部は、段差もなく荷物の積み下ろしがとてもスムーズ。
後席シートを倒すと、980mmの奥行と1,300mmの荷室幅は、おおよそ9.5インチのゴルフバッグが横に2つ積むことができるようです。
alt

ラゲッジボックスはリッド開閉式で、小物や汚れたブーツなどを整理・収納できます。
alt

燃費
無評価
alt
★4WD 5MT
 ●WLTCモード燃費:15.0km/L
   市街地モード:12.8km/L
   郊外モード:15.8km/L
   高速道路モード:15.9km/L

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース