スズキ TS(ハスラー)

ユーザー評価: 4.33

スズキ

TS(ハスラー)

TS(ハスラー)の買取情報を調べる

新車で買える最後の2スト。 - TS(ハスラー)

マイカー

新車で買える最後の2スト。

おすすめ度: 4

満足している点
●様々な騒音、振動、臭気が渾然一体となって「原動機に跨って移動する」感覚を全身で味わえる。
●70年代の設計ほぼそのままの化石の様なバイクが新車で買えて、今後の部品供給も安心。
●ライポジは意外とゆったりしていて、GIVI箱を載せて腰を思い切り引いた伏せ姿勢でも余裕。
●4,000~6,000rpmの2ストらしいパンチの効いた加速が気持ちいい。
●一次バランサ未装備で振動はそれなりにあるが、かつてのKDX200SRの様に掌や足の裏が痺れる程酷くはない。
不満な点
●現代の水準では排気音が大き過ぎて市街地や夜間では引け目を感じる。
●低速トルクは細く、登坂路やしっかり加速する場合は4,000rpm以上をキープする必要がある(但し車重が軽いので発進は簡単)。
●イグニッションSWが微妙な場所にありキーを数本ぶら下げているだけで燃料タンクが傷になる。
●ツインショックなのにシート下のスペースは狭くてETC搭載にもひと苦労。
●充電系統が貧弱すぎてエンジン回転数が落ちるとヘッドランプが暗くなり、後付けのグリップヒータも作動を停止する。
○スイッチを操作してから一秒くらい経ってやおら点滅を始めるウィンカー(他車用リレー流用で解消)。
○プッシュキャンセルでなく、節度感もないウィンカースイッチ(他車用スイッチ移植で解消)。
○35/35W白熱球で暗いヘッドランプ(高効率ハロゲン球に交換し改善)。
○ハイ⇔ローの接点が瞬時に切り替わらず、素早く操作しないとヘッドランプが一瞬消灯して怖いディマSW(他車用スイッチ移植で解消)。
総評
●今この時代に2ストの新車が買える、ただそれだけで個人的には大満足です。
デザイン
5
●機能本位で余計な加飾がなく好ましい。
走行性能
4
●毎回転点火でエンブレも弱いので単気筒でもごく低回転からスムーズ。
●4,000~6,000rpmでは2ストらしいパンチのある加速が味わえる。
●ハンドル切れ角は±40°と意外に小さく取り回し性はいまいち。
●初期作動が渋くカクカクした挙動のフロントフォーク。
乗り心地
4
●幅広でクッションの厚いシート(オフ車基準)。振動はあるが掌や足の裏が痺れる程ではない。
積載性
4
●車両を購入したショップで純正キャリアを追加工してもらい、GIVI箱を装着できたので日常の下駄としては問題なし。
燃費
4
●Fスプロケを13Tに変えてからは毎回30km/L超えで2ストの割には良好。
○ただし燃料タンク容量が7Lしかないのはちょっと不満(初代DR250Sの9.5Lタンクに交換して解消)。
価格
5
●性能や装備を考えると割高という意見も散見されるが、今この時代に2ストの新車が買えるというただそれだけで大満足です。
故障経験
● 3,922km 高速を90km/h巡航中に抱き付きでエンスト。ジェットニードル位置とプラグ番手を上げて様子見。
● 4,294km エンジン不調で腰上O/H。ピストン棚落ちから抱き付きに至ったと判明。ピストン&リングを新品交換、シリンダ傷の修正。(部品手配中)

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース