テスラ モデルS

ユーザー評価: 4.2

テスラ

モデルS

モデルSの買取情報を調べる

クルマレビュー - モデルS

  • 試乗
    テスラ モデルS
    • K@Kengyang

    • テスラ / モデルS
      P100D (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2018/07/08
      使用目的:その他
    • 満足している点

      ハイパーカーを超えるゼロスタート加速を、卓越した電子制御でいつでも誰でも楽しめる。混雑した一般道でも実用的と言える世界一の自動走行アシスト性能。

      不満な点

      1000万を超える価格の割に内装に高級感が無い。外観にも特別感が無い。幅195cm/長497cmの巨体の割に広さを感じない。
      個人的な不満点は後述。

      総評

      基本的に、大変よく出来た近未来カーだった。既存メーカーと一線を画したIT系の技術力には素直に賞賛を送りたい。
      ただ、個人的な好み/用途によるものだが、試乗後に購入意欲は無くなった。

      まず、スポーツ用途に所有している700PSのコルベット(C7/Z06)に比較しても、ゼロスタート加速は確実にテスラP100Dに軍配が上がる。何度かフル加速を試したが、スペック(公称 0-100km/h Z06:2.95sec, P100D:2.7sec)以上に、P100Dのスタート加速は強烈だった。何より、多少舵角がついていようが、路面状態が怪しかろうが、何の不安も無く全開に出来る電子制御のレベルの高さには驚くほか無い。同じようにZ06で踏んだら、確実にホイルスピンして横を向く。
      逆に言うと、危うい所で車を操る緊張感や快感は薄い。確かに加速は凄いのだが、個人的には試乗中に飽きてしまった。

      また、これは重要な部分で、多くのレビューで触れられていないのだが、テスラの加速が鋭いのは停止から60km/h程度までの加速に限られる。これは停止状態にトルクが最大となるモーターの特性から来るもので、速度が上がれば上がるほど、加速力は急激に落ちていく。
      いわゆる「追い越し加速」は明確に「遅いな」と感じるレベルだし、Youtubeなどで見る200km/hから上の加速は殆ど止まっているようだ。勿論、これは設定されている最高速やギアレシオの問題でもあり、街乗り環境では最速に近い車だと思う。
      だが、サーキットでのスポーツ走行を考えるならば、かなり悲しい結果になるだろう。絶対的な重さ(Z06:1.6t/P100D:2.4t)による停止距離やコーナリングGの限界を考えても、本格的なスポーツ走行に使用できる車では無い。
      (極論すれば、これらの物理的な性能限界はタイヤ性能と車重でほぼ決まってしまう)

      センサやカメラを用いた自動運転・アシストのレベルは確実に現行メルセデスやレクサスを凌ぎ、世界一だと言えると思う。
      近接センサのイメージ表示もスプライン補完されて大変実用的だし、17インチのモニタも分割表示できて見やすい。(タッチパネルではなく、各機能に物理キーを振ってほしいとは思ったが)

      普段の移動には30系アルファードを常用しているが、長距離なら、テスラの方がずっと疲労は少ないだろうと感じた。

      ここで、実用車として考えるならばクーペタイプのSではなく、積載性能に優れるXを検討する事になる。幸い、動力性能はXでも十分以上だ(0-100km:3.1sec)。

      しかし、充電効率と走行可能距離を聞くと、一般的なCHAdeMOでは30分で100km分ほどしか充電できないという。家庭に設置する充電設備だと、一晩かけても満充電にならない。
      毎日継ぎ足し充電しつつ一定距離の通勤に使うのには問題無いだろうが、不定期に遠出する自分の用途ではかなり無理がある。

      ・・・結果、個人的には、スポーツ用途にも実用途にも光る部分はあるのだが、デメリットがそれを上回る結果となってしまった。

      何より残念だったのが、中高速から上の加速性能とフィーリングの寂しさだった。この部分が500PS以上のエンジン車に慣れた層に受け入れられないならば、純EVスポーツカーという市場は難しいかも知れない。次期ロードスターに試乗させて戴く際は、その部分がどう改善されているか、特に注目したいと思う。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • em90d

    • テスラ / モデルS
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/10/22
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      他人が運転して、車外にいると、タイヤが路面にこすれる音だけで、動き出すさまは、何度みてても新鮮です



      積載性

      本来、エンジンがある前もトランクです

      けっこう 収納が増えて、重宝です

      満足している点

      まだ未完成な若い企業の面白さ体験マシーン

      ドライバー次第で、高速道路だけでなく、街中でも安全性を向上できる絶対的な加速性能と、 加速性能よりも重要な「思ったように止まれること」に信頼できるブレンボ製ブレーキや、ビルシュタインなどのEVの恩恵受けたそのサスペンションレイアウトの自由さや制御システム

      ACCなど各種の運転支援機能とうまく付き合えれば、安全運転をとても支援してくれています

      不満な点

      あくまで個人の主観ですが

      ①シートの座面圧分布の改善希望。
       前後長さ、大腿部の指示ポイントを調整できるよう電動化して欲しい

      ②ピラーやガラスルーフあたりからの細かいビビリ音

      ③車外への音漏れ、遮音性

      ④フロントトランクも電動化してくださ~い

      ⑤リアシートがもうちょっと寝かせられたら~ リアグラスの大きさから、後突時の車外放出要件の安全対策ゆえ、かもですね


      ソフトウエアで更新できそうなので希望ですが
      ★せっかく1cm単位のセンサーなので
        「停止」が表示だけでなく、 その表示の際は いったん停止させて欲しいです

      ★助手席側の直近路面や、見通し悪い交差点での左右方向からのクルマ・人・自転車の接近をセンサーで知らせて欲しいです

      オートパイロットやサモンは、まだβ版ですから…


      総評

      物として★★★★

      志★★★★★+∞

       
      加速性能やオートパイロットは、テスラの取り組みのほんの一部分。
      企業思想や取り組みを深く知るほど 既成概念や思考の追加や更新も体験出来ます 

      ヒトバシラ(^^;)覚悟を楽しんで乗っています

      私の後にテスラを購入される方がもっと善くなれたらいいですね


      国内導入時から永年お付き合いしてて、イメージやブランディングが完成されてったレクサスから、

      まだまだ未完成で、 若さも散見されるけれども、志を感じるテスラに乗り換えしました

      私達の日常生活に欠かせない交流電気を発明したニコラ・テスラに想い巡らせて 乗れる車はテスラだけですし、
      もし トーマス・エジソンが自動車メーカーしていたら
      きっとその両方を乗って楽しみたいですね🍀

      テスラ日本のCEOも、元COACHでブランディングに成功された方ということで、お会いした際はとてもジェントマンな印象なのも
      、購入の背中を押しました (^^)/


      テスラは私にとっては、手段ですので、乗る事や所有が目的や満足満たすためではありません~~


      項目「おすすめ度」は保留にしたいのですが、それができないので★★★★★ですが
      あくまでその人しだい、だと思います。 機械なので

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • あるるに

    • テスラ / モデルS
      90D_RHD_AWD (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/10/01
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      瞬時に反応するアクセル、加速は凄まじいものがあります。

      乗り心地

      エアサス装着車ですが、乗り心地はすこぶるいい。

      燃費

      高速、下道諸々で190w/kmぐらい。
      乗る前は充電器の心配をしてましたが、意外に設置箇所も多く、気にならなくなりました。

      満足している点

      俊敏性、ゼロ加速、静粛性。

      不満な点

      内装の高級感はもう少しほしいかな。ウルトラホワイトのシートにしました。

      総評

      1台で全てをまかなうという意味ではミニバンがありますが、テスラはテスラで1台で何役もこなせるいいクルマです。モデルSはモデルXに比べると積載性は劣りますが、十分入ります。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • ぶるーん

    • テスラ / モデルS
      90D_RHD_AWD (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/08/05
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      電気自動車の特徴として、部品の中で一番重いものがバッテリーである。それをシャシーの一番下に積んでいるため、非常に重心の低い車となっている。そのためほとんどロールすることなく、2.2トンの車重を感じさせないコーナリングが可能である。

      乗り心地

      エアサス車は非常に乗り心地はよいが、フワフワに設定することはできない。静粛性は言わずもがな。振動は100キロほどでハンドルが震えていたが、新型のバンパーが共振していたようで、修理出直してもらった。この辺はアメ車の仕方ない所か。

      燃費

      3000キロくらい走ったが、長距離走行なら180kwh/kmくらい
      エアコン入れても200くらい
      ヒーターはまだ試していないが、これなら400キロは走れるはずだ。

      積載性

      後部座席をフラットにすると非常に広い。寝転べる。

      故障経験

      とにかくギミックが多いので、その辺の故障が心配。
      コンピューターがハングアップすることがあり、その際はリセットする必要がある。

      満足している点

      オートパイロット2.0がすごい。EAPとも言われるが、レーンを認識し、前の2台まで車を表示する。ウインカーを出し曲がりたい方向へハンドルを少し動かすだけで安全を確認して進路変更が可能。新型モデルSは内装についてはほとんど変わりないが、ハンドルまわりの操作部に変化があり、P85などの前期のモデルよりスイッチ類がカッチリしていてウインカーレバーのいちも最適化されている。
      AWDタイプはフランクの容量が減るがそれでもキャリーケースが入るくらいはあり、十分に使える。後部座席を倒せば布団を敷いて寝れるレベルである。充電中は後ろにクッションをひいて寝ていることが多い。

      不満な点

      でかすぎる。21インチホイルは失敗だった。ほんの少しの段差でもリム打ちしてガリガリである。
      車高調整出来るので、腹打ちはまだないが、バンパー下は軽くこすってしまった。モーターで制御している割にボンネットが大きくオーバーハングが長い(その代わりフランクがある)構造のため仕方ないが、荒れた急坂などは注意が必要。

      総評

      パワー、自動運転、電子制御、アップデート、スマホ連携など色々楽しめるおもちゃである。
      それでいて電気自動車の中では唯一遠出が出来る。バッテリークーラーのためか毎日1%程度の電気消費があり、放っておくと走行距離が短くなるが、これも電池の寿命を伸ばすためと割り切れば、愛着が湧いてくるだろう。走りはとてもスムーズ、そして加速に飽きたら安全速度で自動運転。とても実用的な車である。スーパーチャージャーがもっと普及すればとは思う。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    テスラ モデルS
    • genhal

    • テスラ / モデルS
      P85_RHD (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:7人
    • レビュー日:2017/04/20
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      加速はヤバいです!なかなか迫力もあります!
      エアサスですがローダウンしてスペーサーでツライチにしてます。

      不満な点

      出先での充電時間かな?

      総評

      半径150kmまでなら、最高の通勤特急ですw

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース