トヨタ アルファード

ユーザー評価: 3.83

トヨタ

アルファード

アルファードの買取情報を調べる

クルマレビュー - アルファード

  • マイカー
    • norilucky

    • トヨタ / アルファード
      S“Cパッケージ”_7人乗り(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/01/14
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      紳士的な運転には、若干非力な方が加速が穏やかなので同乗者には好評。

      思ったよりもロールも穏やかで丁寧に運転すれば綺麗にコーナリングしてくれます。

      乗り心地

      過去のどの車より良い、多分ボディー剛性の差。

      燃費

      大体9㎞
      もう少しあたりが付けば伸びるかな。

      積載性

      シートが大きいので思ったよりは乗らない。

      故障経験

      ナシ

      満足している点

      初めてのトヨタ車です、今まで日産車を9台乗り継いできましたが、常にトラブルがあり、遂にトヨタに乗り換え、ボディ剛性、塗装、操作性の全てに今の所は大満足。
      ネットなどで2500ccが酷評されていますが、前車の3500ccからの乗り換えでも不満は無いです。

      不満な点

      加速時のエンジン音が少し安っぽい。

      総評

      納車より、約1ヶ月で2000㎞走行、はやり売れている車は良く出来ていると実感、売れれば開発費を掛けれるので、8年以上立ち止まっていた前車ちは雲泥の差。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • ぜっと@s130_l28

    • トヨタ / アルファード
      SC_7人乗り(AT_3.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:7人
    • レビュー日:2018/12/23
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      加速性能は、V6 3.5ℓ 301馬力の実力を期待します!
      足回りについては、30前期型ヴェルファイア2.5Z G-EDITIONのノーマル状態の時は、腰高感があってふわふわした乗り心地でしたが、後期型3.5ℓはどのように改良されているでしょうか。

      …まあ、社外品の車高調に変えてしまうでしょうけれども(笑)

      乗り心地

      オンロードの乗り心地及び高速時における安定性は目を見張るものがあります。

      燃費

      1ℓ当たり5km前後なんでしょうね。。

      積載性

      (同型前車の感想から)シートが大きくてしっかりしているので、畳んでも車体サイズから考えると狭いと感じる時がありました

      故障経験

      納車される前なので、故障歴はござい居ません

      満足している点

      車の作り自体は、少し前まで乗っていた30ヴェルファイアと同一なので、特に心配する事などはございません。
      エンジンについては直4からV6に変更するので、上質なエンジン音や安定感は増すと思います。

      安全装備が充実しましたが、まだ実際に使用していないので、何とも言えません。

      色々書きましたが、未だ納期待ち3か月以上という事で人気抜群という事は間違いないようです

      不満な点

      特にございません。

      総評

      よくできた車だと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • しーどまん

    • トヨタ / アルファード
      350S Cパッケージ (2010年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/12/19
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      常時4WDにしています。ボタンひとつでFFに切り替えられますが、出足が良すぎてしまいます。
      3500CC V6 280HPはまったく不満なしです。

      乗り心地

      車高調入れるので問題なしです。

      燃費

      前車10系アルファード3000CC V6 4WDよりは良くなっています。

      積載性

      たっぷり積めます。自転車もらくらく。

      満足している点

      350S Cパッケージで純正プレミアムサウンドシステム装着、システムコンソール付でしたので、装備は盛りだくさんです。
      木目、メッキが一杯あって豪華です(笑)
      3500CC V6はパワーもりもりです。
      シンプルなデザインでいいですね。

      不満な点

      前車の10系アルファードMSプラチナセレクション3000CC V6 4WDとの比較になってしまいます。
      ・Dレンジで停車時の振動が多い
      ・800rpmから2000rpmまでの振動と騒音がむごい
      ・椅子の座り心地が硬い(家族の意見)
      ・豪華だけど質感が10系より低い(家族の意見)

      総評

      不満点は時間をかけて解消していくので、問題はないです。
      中古車で購入しましたが、新車じゃ買えない車が手に入りましたので、大満足しています。
      上級グレードが買えるのが中古車のメリットですね(笑)

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 仕事用
    トヨタ アルファード
    • ワンバン町

    • トヨタ / アルファード
      不明 (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:7人
    • レビュー日:2018/12/14
      使用目的:仕事
    • 満足している点

      乗り心地が佳い。

      不満な点

      大きすぎて気軽に駐車できない。

      総評

      旧アルファードから乗り換えですが
      走りも静粛性も佳くなったと想います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • フィンライコネン

    • トヨタ / アルファード
      S“Cパッケージ”_7人乗り(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2018/12/06
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      以前、ライバルのミニバンに代車で乗った事があるが2.5リッターエンジンで加速が悪く殆どベタ踏みだった。しかしこのアルファードの2.5ガソリン車はパワーが格段にあってベタ踏みするシーンはない。合流する際に急がなければならない場合はベタ踏みもあるかも知れないが街乗りでベタ踏みする事はほぼない。坂道もスムーズに走るし問題なし。試乗車のハイブリッドに関してはガソリン車に比べ若干パワーは劣るにしても不満の無い走りは出来ている。3.5V6仕様だったらかなりのパワーだと思う。

      LTA(レーントレーシングアシスト)はかなりのカーブでも自動でハンドルを切ってくれる。これは現在乗っている外車Bや前愛車だったH社のSワゴンよりも機敏に曲がる印象だった。レーダークルーズに関してはこの2つの車とは差がなく同じようなブレーキ&アクセルワークで走らせる。

      乗り心地

      静粛性はかなりのものでロードノイズを拾いにくい。また凹凸があっても突き上げ振動を上手く抑えているので不快な感じがしない。ミニバンでここまでの出来は素晴らしいがライバル社のミニバンも、以前乗っていた50系エスティマも同じくらいの仕上がりなので互角と言ったところ。ただSCパッケージから上のグレードはフロントを高級セダンのように大型のアームレスト化にしたのは斬新で良いと思えた。ウォークスルーに慣れている人にとっては不満があるかも知れないが、私にとっては快適に運転が出来る。

      燃費

      街乗りでリッター6~7キロはこの車の重量から考えると素晴らしい数値だと思う。高速や郊外などは8から10キロ、それ以上の燃費の良さが期待出来る。約20年前の高級セダンは街乗りでリッター3~4キロしか走らなかった事を考えると素晴らしいエンジン。ハイブリッドだったらもっと燃費が良いので売れる理由が肯ける。

      積載性

      エスティマ、ステップワゴンはサードシートが収納式でかなりの積載量があったけど、車が広い分、サードシートが跳ね上げ式でも十分な荷物が積める。という事はサイズの小さいステップワゴンは相当積載量があったということになるのでアルファードであれば当然の結果でしょう。

      満足している点

      満足している点は数多くあるので簡潔に言えばスタイルと乗ってすぐに高級感のある車に乗っていると感じられるところでしょうか。ノーマルでもカスタムしても品もあるし品をなくそうとしても迫力が残るそういうスタイルに満足しています。

      スピーカーがJBLではないのに凄く良い。細かい音も拾うので、静粛性とスピーカーの良さで広い室内ながらも良い音響に仕上がっている。

      不満な点

      あえて不満な点を全て書こうと思います。
      まずは本革&合皮シートは着ている服の素材によって滑りやすいという事。特にセカンド、サードシートが滑りやすかったら話しになりません。大人数が乗るための車であるので安全に安心して乗れるシート造りが必要ではないかと。前期のようにSC系(SRCやSCパッケージを含む)はモケット仕様で良かったと思う。それから合皮シートはセカンドシートにもベンチレーション&ヒーター付き仕様にすべき。エグゼクティブラウンジとの差別化なんだろうけど、エグゼクティブがベンチレーション&ヒーターが調整式ならば、SC系の合皮はワンプッシュしき(調整なし)でもいいから装着して欲しかった。本革はヒーターがあるけどベンチレーションも付けないと。そこはコストを削らずにやって欲しかった。

      ブレーキホールド機能とルーフイルミネーションが1回1回設定しないといけない点。ブレーキホールドで走りたい人はそのままONにするし、不要な人はOFFにする訳なのだからそのまま記憶出来る機能にして欲しい。ルーフイルミネーションも同様なのでその点は改良して頂きたい。

      あとはBSM(ブラインドスポットモニター)は全車標準にして欲しい。キノコミラーはあまり役に立たないけど保安基準で必要だと言うのであれば車高が高くて低い車が見にくくて死角に入りやすいミニバンにはBSMも保安基準で必要にすべきだと思う。これはトヨタの問題ではなく国交省の問題になる。2018年11月の小変更でMOPのナビシステムとは関係なくオプション設定になったのが少しの改善といえる。

      これは試乗車時のレビューでも載せているけどメモリポジション付き車にはテレスコピックが電動&メモリポジション機能に含まれていないのが残念。ご夫婦で運転する際に身長や腕の長さなどでステアリングの位置を変える事がある。そのたびに手動で合わせるのは、せっかくの高級装備があるのに残念。少しはコストかかっても必要なものは装備するべきだと思う。

      総評

      前回は試乗時レポートで感想を述べましたが、この度、購入したので1ヶ月経った感想を書いてみました。総評よりも各項目に感想を載せていますので、そこを参照して頂きたいと思っています。
      一つだけ書くならグレードによって一番下から上級モデルまでの価格差が400万円近くあるけど、外観はホイール以外はどのグレードも変わりがないとしても室内に乗れば値段差が違うのも肯けるほどの車です。快適装備がそれなりに違うしシートも全く違ってくるので。でも下位グレードでも安全性のある装備やルーフイルミネーションが装備されていたりと、そこはLクラスのミニバンの良さを引き出していると感じます。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース