ユーザー評価: 2.83

トヨタ

コンフォート

コンフォートの買取情報を調べる

日本の交通の顔。 - コンフォート

試乗

日本の交通の顔。

イイね!
走行性能
年式、グレードは”恐らく”なので参考程度に。
タクシー会社で50万キロちょっと走った車両を仕事で計1時間ほど運転。

エンジンは2リッターLPガス。

2リッターとはいえLPガスなのでトルクはそこそこな感はありましたがパワーは不足気味な感を感じました。しっかり回してはいないので上の方は分かりませんが。
電子制御スロットルのお陰でレスポンスは下の中といったところ。「コンフォート」というだけはありますw
思い切り良く踏み込まないと鋭い加速は得られませんw

5MTのフィーリングはそこそこといった所。ここも長時間運転時のストレスフリーを優先なのでしょう。

あとフェンダーミラー。自分世代は使った事が無かったので慣れないとどうしてもドアミラーの方を見てしまいます。これは運転者の問題でしょうけどw
乗り心地
予想したほどフワフワではなかったものの、やはり柔らかい足回り。
ボディも溶接を減らして耐久性を上げているので少々ねじれ感が感じられます。

振動は皆無に近い。さすがタクシー(笑)
シフトノブはそれなりに振動していたのでエンジンマウントの仕事が良いのでしょう。

とはいえ負荷、回転数を上げていくとそれなりに車内にエンジンの唸りが聞こえてきました。防音は必要最低限なのか、経年劣化なのか…
積載性
後部座席の広さ、特にトランクの広さはトップクラスと言っても良いかもしれません。あんなに長いトランクは今や車種としては絶滅危惧種。まあ、中の前方にはガスタンクが入っているのですがw
故障経験
トヨタ車、そしてタクシーとなると耐久性の高さは必須。数10万キロ走って普通です。
中古車買う時は気を付けましょうw
満足している点
やはり室内(特に後部座席)の程よい広さ、トランクのだだっ広さでしょうかw

それからコンフォートを運転していると”プロドライバー”って見られている感じがします。気が引き締まりますね。

近頃のクルマには無い「スタンダードな車らしさ」。前輪は舵を切り、後輪で動力を伝える。
不満な点
やはり静粛性、燃費、乗り心地を追求したが故のレスポンスの悪さ、でしょうか。
両立は難しいとは思いますが…
総評
トヨタが誇る世界のタクシー。2017年に生産中止のアナウンスが出ているのでだんだん減っていってしまうのでしょう。

この”タクシー専用”として特化した車体には多くの拘りがあるようです。(教習車としても使われていますが)「乗る」だけでなく「運転」してみるのも良いかもしれません(笑)
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/1080595/blog/37433057/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース