トヨタ カローラアクシオハイブリッド

ユーザー評価: 3.57

トヨタ

カローラアクシオハイブリッド

カローラアクシオハイブリッドの買取情報を調べる

クルマレビュー - カローラアクシオハイブリッド

  • 仕事用
    • ぶん0938

    • トヨタ / カローラアクシオハイブリッド
      ハイブリッド(CVT_1.5) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2020/03/26
      使用目的:仕事
    • 走行性能

      ダラダラ走るしかできない。

      乗り心地

      静粛性はそれなりで乗り心地は悪くないと思うので、よいと思う。

      燃費

      実燃費は、高速メインでほぼ1人乗車、荷物は載せずに、周りの流れと同等に走る状況で満タン法で20km/Lちょっと。車載燃費計と満タン法では実燃費のほうが常に5~10%低い。この数字はよいとは思えないし、それより車載燃費計との誤差が大きいのが気になる。

      積載性

      トランクは広めだと思うので積載性はよいと思う。

      故障経験

      年間1万kmくらいを4年弱乗っって故障経験はなし。

      満足している点

      ハイブリットなのにトランクは広いと思う。
      ボディサイズも5ナンバーなので、把握は容易。
      ゆっくりダラダラ走るには必要十分。

      不満な点

      加速は悪く、もちろんブレーキは弱い。そのため、ゆっくり加速して、ゆっくり減速して、ダラダラ走るしかできない。(かといって、頑張れば周りについていないことはない)
      抜かれる方が加速していたとは思うけど、高速道路で追い抜きができないことあった。また、4人乗車で一般道から高速に登って合流する場合に本線と同等のスピードまで加速しようとすると全開にしてやっとという感じだった。
      燃料タンクが36Lと小さく、残燃料の表示は中央を割るとすごい勢いで減っていく、中央だから残り半分と考えると焦ることになる。
      残走行距離は、多めに表示されるのか、本当に動かなくなるまでの距離なのか、あてにすると焦ることになる。
      一番ダメな点はライトが暗いこと。補助灯も未装備で純正ハロゲンでは、街灯がないつづら折りの道を走る時に時速20~30kmでも周りが全く見えずに怖かった。プロジェクターヘッドライトの特性上、周りを照らすのは苦手のハズなので、車通りの少ない暗い道を走る時用に、補助灯を標準装備するとか、コーナリングランプのようなものが欲しいと思う。

      総評

      4人が普通に乗れてトランクも広く、5ナンバーでボディサイズの把握は容易。加速が悪くブレーキは弱い、さらにライトは暗いので、明るい街中をダラダラ走るのなら良いかと思う。燃費計もあまりあてにならないので、燃料表示が半分になるころには給油したほうがよいと思う。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    トヨタ カローラアクシオハイブリッド
    • *きんや*

    • トヨタ / カローラアクシオハイブリッド
      ハイブリッド G“シートヒーター装着車”(CVT_1.5) (2013年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/02/05
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      終始穏やかでコントロールしやすい。
      加速は自分の意のままにコントロールできるし
      ブレーキもペダルの踏む量に応じて効いてくれるので、変な意識をせず運転に集中できる。

      ステアリングは少し軽めだが、許容範囲内。

      ボディーは見切りが良く、視界も開けていて非常に扱いやすい。小回りも良く効く。

      乗り心地

      不要な突き上げもなく、静かな部類だと感じた。
      街中は至って快適。

      エンジンが動きだしても遠くで聞こえるような感じなので、不快に思わない。

      燃費

      市街地では、ほぼEV走行になっていた。
      燃料の節約効果はかなり大きいと思う。

      積載性

      トランク容量は大きめなので満足。
      4人使用時は前車よりも積載できそう。

      できればトランクスルーは欲しかった

      故障経験

      なし

      満足している点

      ・乗りやすく静粛性が高くとても快適。
      ・我が家の狭い車庫にもすっぽりと収まるサイズ

      ・特に良いのは加速・ブレーキフィール。
      自然な動作で、コントロールしやすい。
      代車で借りた前期型アクアとは対照的。
      (個体差なのか、アクアはカックンブレーキが酷くブレーキ操作に気を遣い過ぎて運転に疲れた。)

      ・回生ブレーキの音が電車そのもので、とてもお気に入り。

      ・色々言われている程、内外装の質感は悪くない。むしろ高品質に感じた。

      不満な点

      トヨタ方式のスマートキーでの施錠方法
      今迄と方法が異なり慣れない。
      (慣れの問題なので、そのうち解消すると思う)

      総評

      アクアと同じプラットフォーム・パワーユニットだが、仕立ては全く違うと感じた。
      カローラらしく、静かで快適で運転しやすく仕立て上がられており、全ての面で気に入った。

      本当に買ってよかった。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    • Torch 7

    • トヨタ / カローラアクシオハイブリッド
      ハイブリッド G(CVT_1.5) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/01/21
      使用目的:その他
    • 走行性能

      パワーはエコモード EVモード 通常モードを試乗
      EVモードは速度が上がるとすぐに切れるのは低速時のみの限定仕様なのか?
      エコモードと通常モードとの加速の差があまりよく分からなかった…
      加速性能は軽自動車よりはちょっとマシなぐらいに感じました!
      トヨタの一部の車に言えることですが、ハンドルが軽いのは良いのですが、やはりハンドルの切り角が分からないためコーナーで不安になります!

      乗り心地

      乗り心地は試乗コースの最高速が40キロのため、不快な振動は無かった… しかし、他の方もレビューで指摘している通り仕事で乗った時に高速域での不安定でした…

      燃費

      試乗の為不明

      積載性

      いつも言っていますが、自分の車より積載性はあります 笑笑

      故障経験

      試乗の為不明

      満足している点

      ・数少ない5ナンバーサイズのセダンでの取り回しの良さ!
      ・ハイブリッドカーだけど、タコメーターがついている!
      ・トヨタセーフティセンスが標準装備!
      ・W&Bでも価格の安さ!

      不満な点

      ・この前公道で助手席に乗せてもらった時は80キロを越えてくると安心感がない…
      ・EVモードの存在意義?
      ・他のレビューにも書いてあったのですが、社用車に給油する時に奥まで刺すとロックが入ってしまい給油できなくて、逆に浮かせて給油して燃料をこぼしそうになりました( ;∀;)

      総評

      トヨタ MEGA WEBにて試乗!
      2019年に新型のカローラが発売するのはわかっていた為、おそらく最後の5ナンバーカローラになる可能性があった為試乗しました。
      次のカローラは現在発売中のカローラスポーツとプラットフォームを共通になる為、海外のカローラと統合になります!
      カローラは80点主義+aを市場命題として作っていると言われてます。
      しかし、11代目のカローラは80点主義なのだと感じてます。内装も値段からすれば問題なし、外装も問題なし、ハイブリッド搭載、 エンジンも普通、唯一の利点は5ナンバーであることだけです。
      +aは先代ではスポーティなグレードを売ったり(現在でもTRD仕様に改造すれば…)や初代はライバルより100cc多いエンジンを搭載してたりしていたことです。
      今のカローラスポーツは赤内装があります!
      そういう取り組みは今流行りの原点回帰としていい方向性だとか思います!

      しかし、今や5ナンバーセダンは絶滅寸前までになっており、日産からは消え、ホンダのグレイスとトヨタのカローラ アリオン プレミオのみです。 このまま消えていくのか、それとも北米のヤリスiA(デミオセダン)を日本で売ることはあるかは分かりませんが、試乗して取り回しの良さは分かりました! 日本には狭い道がたくさんあるので、便利だとは思います。

      とりあえず、5ナンバーセダンのカローラが欲しい方はフルモデルチェンジ前に購入をオススメします!

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • レンタカー
    • cafebleu

    • トヨタ / カローラアクシオハイブリッド
      ハイブリッド(CVT_1.5) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/02/15
      使用目的:その他
    • 走行性能

      低速ではEV走行してくれたり、本当に燃費のためにマメにモーターとエンジンを切り替えたり合わせたりしているし、そのつなぎもとてもスムーズ。以前代車で乗ったBMW3シリーズ、アクティブハイブリッドよりも全然自然なのは流石(正直アクティブハイブリッドの時はその繋感が煩わしく感じて、直6が勿体無い!と思ってしまったので)。

      但し、EV走行は思ったよりこらえてくれず、直ぐにエンジンがかかるのでモードを選んでも中々モーターだけでは走れない。また、ハイブリッド特有の力強さを期待したが、力感は全然なく(ヴィッツやアクアと同等のエンジンとモーター)、正直カローラのサイズにはちょっと力不足を感じる場面も。

      ちょっと加速したいとアクセルを踏んでもエンジンが唸るだけで力は然程出ない。CVTもらしい感じ。最も、走って楽しいとか、回してどうこうというクルマではないので、そこを期待してカローラを乗る人は居ないだろうから愚論だとは思う。

      普通に安定して走る能力は勿論高いし、直ぐに乗りこなせる癖の無さは流石トヨタ車だと思う。

      乗り心地

      セダンの割に腰高なのでコーナリング性能云々も特筆するところはないけど、60km位までは結構コーナリングもしっかり曲がっていく。ハンドルも思ったよりクイック(この辺りがセダンらしくないのかもしれないけど)。

      足回りはエコタイヤの影響も有るのかやや硬め。特に1~2人乗車だとリアの軽さと足回りが余り付いてこない(接地性が薄い感じ、バタつき感もある)感じがするのは本来Bセグ向けのプラットホームを流用しているためなのかな。

      何れにせよ僕みたいに走るのって楽しいなとかコーナーは楽しいなって言う人のためのクルマではなく、行儀よく、正確に、破綻なく、人も3人位は余裕で乗せられれば良いという人のためのクルマなので、その点で見れば全く問題ない。

      但し、静粛性は課題ありだと思う。ハイブリッド車は目立つと言うが、それにしてもロードノイズが多く入る。タイヤハウスに当たる石の音もいちいち気にかかる。あと、車内が寒い。ECOモードを切っても余り変わらないので暖房をかなり強くかけてしまう。密閉性の問題なのだろうか。

      燃費

      都内だけの街乗りでどんなに雑に走っても15km/Lを割ることは無いだろう。それくらい燃費は良い。因みに1ヶ月ほど乗って、その間買い物や近所が中心で燃費は17~18km/Lくらい。主にECOモードで走らせていたが、そうでないモードでも然程落ちない。

      積載性

      トランク内は思ったよりも広い。約470L有るようで、特に幅が広く取られているのには感心。正直幅だけなら3シリーズやジャガーXEより広い(全幅20cm近く差が有るのに・・・)。

      但し、トランクスルー機能は無いのは疑問。今やジャガーXEでも普通に付いてるし、オープンだったVWイオスでもセンター部分のみだがスルーした事で結構長尺のものを運ぶ時に助かっていたので付けるべきだと思う。

      カローラを選ぶということであればこの辺りも含めてワゴンであるフィールダーでないと、現代的ではないかもしれない。

      満足している点

      ・街乗りでの燃費の良さ(都内で17~19km/L)
      ・日本にリーズナブルなサイズ感と広さ
      ・4.4m有るFF車とは思えない取り回しの良さ(見切り、小回り共に)
      ・数少ない普及車のノッチバック(セダン)・ハイブリッド車

      不満な点

      ・タイヤも含めた足回りの半端な硬さ(サイズの割にホイールベースが狭いのも一因か)
      ・ヴィッツのプラットホーム流用によるカローラ感の希薄さ(特にリアの足回りやトランク部分のみヴィッツから足したかのようなオーバーハングの長さから来るデザイン、狭いトレッドから来る走行性能への影響等)
      ・内装が実用的なようで余り気が利いてない(これならプロボックスみたいな内装にしてほしい)。
      ・実用的でないのなら、もう少し内装に気を利かせて欲しい(ソフトパッドなどは一切使われず全体的にプラスチッキー)
      ・実用車のはずなのにトランスクスルーではない
      ・スマートキーが今更付いてない(ハイブリッドの最下位グレードなので仕方ないが)
      ・モーター、エンジン共にサイズに対して力不足(やっぱりハイブリッドの醍醐味はプリウスからなのか)

      総評

      -国民車と呼ばれたクルマの現在-

      プリウス、アクアが台頭するまでは国民車と呼ばれたカローラの現在がカローラアクシオとワゴンのカローラフィールダーだ。

      実はカローラ、グローバルモデルと国内モデルでは全く異なる車となっており、現在のカローラはガラパゴスな5ナンバーサイズの国内向けモデルだ。

      愛車が事故に巻き込まれて1ヶ月程代車として利用させてもらったので折角だからレビューを書こうと思う。

      自分は変な車とか外車好きだし、親も当時とすれば相当なカーキチであり、少年時代からトヨタ車に縁がなく、子供の頃からジムニー(JC30)だとか、カスタム化されたダットサンWピックアップ(U620)だとか、挙句日産パオだとか、非トヨタ車ばかり乗っていたので(強いて言えば父は日産派だったと思う)、トヨタ車の、所謂国民車と呼ばれたカローラは自車として乗ったことも無いので、貴重な経験だと思った。

      先ず乗っての感想は、思ったよりもサイズ相応の感じがしないこと。これは良くも悪くもである。そして一昔前の国産セダンと比べても、想像以上に乗車姿勢がアップライトな事だ。正直かなりドライビングポジションが低い部類の愛車XEから乗り換えると、まるでミニバンと言うか、それは言い過ぎとしてもフィットみたいなトールワゴンスタイルのクルマに乗っているような気すらする。

      昔義父のカローラに乗った時はここまでアップライトな感じではなく、もう少しセダンらしかったと思うのだが、アップライトな姿勢と立ったピラーがサイズ以上のスペース感を感じさせるのに一役買っている。これがポスト・ミニバン、ポスト・トールワゴンな現代日本のクルマの作り方なんだなと改めて独りごちる。

      とは言えサイズ的には全長4.4m、全幅1.69mと、CセグからDセグ(国内モデルなので余り関係ないだろうけど)くらいの大きさなのだが、見切りも取り回しも良い。

      反面、本来ヴィッツ向けのプラットホームをそのまま流用しているからか、サイズ相応のと言うか、昔のようなある種のカローラ感と言うか、クラス感にはやや欠ける気も。特にリアが気になる。実はヴィッツとホイールベース、トレッドが殆ど変わらないので、リアオーバーハングも今のセダンとは思えないほど長めだし、5ナンバーギリギリの車幅の割に、そういう踏ん張り感は全く感じない。リアのバタつき感はサイズ相応のホイールベースが無いことも有るかもしれない。

      例えばほぼ同じ車幅だったミニクーパー・クラブマン(R55)は、全くタイプの違うクルマとは言え、5ナンバーとは思えない程踏ん張り感が有ったが、それは足回りだけではなく、オーバーハングのないサイズ以上のホイールベースやトレッドも影響していたと思われる。

      想像とかなり違かったのは内装。勿論今の自分のクルマと比べても仕方がないのでそれは別として、余り機能的ではないのである。ドリンクホルダーの位置も取りづらいし、サイドポケットこそペットボトルが入るけど、ちょっとした物置も余り無く、さりとてアームレストボックスも大した容量がない、USB給電機能とかも無いと言う感じで、国産車は軽だって凄く便利というイメージで居た期待とは大分異なった。

      だからと言ってデザインコンシャスな内装でもないので、カローラという、日本ではミドルサイズの範疇のクルマとして見た場合でも、質感の低さは気になってくる。質感は価格的に重視しづらいのは分かるので、だとしたら機能はしっかりして欲しいと思ってしまうのだ。

      プロボックスが信じられないほど多機能内装なのだから、もはやカローラもあの路線で良いのではと思う。これだと若いユーザはカローラは選ばず、軽やトールワゴンのほうが全然使い勝手が良いとなってしまうだろう。

      本音を言えば、ドイツ内では恐らくガチンコくらいの価格設定のはずのVWポロがシンプルながらも決して質の低い内装ではないので、もう少し頑張りようが有る気がするのだけど。。。

      デザイン云々を言うクルマではないのかもしれないが、フロントフェイスは最近のトヨタらしく大分凝った造型になっているのだから、ハッチバックから載せ替えたかのような長いリアオーバーハングや、色気のないリアビューももう少し気を利かせても良いのでは?と思う。そうでないと若い子は買わない。アクアの方が未来感も有るし良いよね、となる。家族が多いなら間違いなくシエンタだろう。

      最も、今日本でカローラのようなセダンに巨額の開発費を投じるのは難しい時代なのかもしれない。ある程度の年齢で、カローラを何台も乗り継いだユーザやトヨタを大事にしてくれるユーザのために用意しなければならない車種なのかもしれない。だからメカやプラットホームも基本流用なのだろう。昔のように先ずカローラから開発という時代ではない。既に激しい売上争いを繰り広げるライバルだった日産サニーは10年以上前に生産を終了している(後継のラティオも2016年で終売)。

      とは言え、ヴィッツやアクアより車格は上なはずで、そういう点での気遣いはもう少し有っても良い気がするのだ。それは内装だったり、静音性であったりだ。先に書いたけど、大きなロードノイズやタイヤハウスからの金属的な色んな音は静音性が高い車の増えた現代ではまるでバンのようなのでそこは気になった所。

      車の何処にお金をかけるか、それは内装なのか、走行性能なのか、デザインなのか、はたまたハイブリッドのようなテクノロジーなのかはメーカーや、その国のニーズにもよるのだが、クルマが売れなくなっているのは、クルマが余りに実用道具になり過ぎて、これなら乗らなくても電車で十分という方向になってしまうのではないかと言う現実も感じた。

      誰もがクルマ好きで、自分で色々調べたり試乗したりするわけではないので、こういう入り口に居る(居た)ようなクルマが、もう少しだけFunな要素を持っていても悪くはないと思うんだけど、それはクルマ好きの戯言なんだろうか。

      そういう意味では愛車ジャガーXEが如何に癖があり、そして自分には如何に愛すべきクルマか思い知ったという点で実りは有るかな。早く元気に帰ってきて欲しいなぁ。

      それでも3ナンバーサイズになっているグローバルモデルを国内には投入せず、ちゃんとこれまでのユーザのために国内専用車としてカローラアクシオを作り続けているのは流石トヨタでは有る。視点が違う人間なので厳しいレビューでは有るけど、移動する乗り物としての必要なもの、エコはちゃんと備えているのはトヨタの引き出しの多さでも有る。

      ただ、今の若い層がハイブリッド車が欲しいとなった場合、カローラアクシオを選ぶ理由はそれ程無いかもしれない。プリウスのようなHVのフラッグシップ感も無いし、アクアのような若さも無い、ノアやシエンタのような積載能力も無いし、C-HRのようなトレンド感もない。トヨタ以外が良いのならホンダにも一杯HV車は有るし、ガソリンで走るEV、ノートがメカ的には楽しいだろうし広さも有る、スズキなら個性とバリュー感も有る。それらと比べて訴求する要素がカローラというネーム以外にはあまり無いような気がした。

      変なクルマが美徳であるという家系で育ったので小さい頃から街中で見かけたカローラへのアンチと言うか、そこまで日本人が愛する「普遍の良さ」には愛憎的な想いが有ったような気がする。ウチには無くても友人のお父さんや奥さんの義父など、何処かで乗った記憶が何度も有り、それ程までに愛される良さは何なんだろうと。その時に感じていた「普通であることの重厚さ」みたいなモノは現在のカローラに対して僕は感じなかった。

      つまりそれはカローラが最早トヨタの代表とは限らないと言う事なんだと思う。例えばゴルフに乗ればVWの現在地が解ると言えるし、今でもVWの真ん中にいるクルマだと思うけど、このカローラに乗って「これがトヨタだ」と言うのはちょっと違う気がする。つまり時代や日本人のニーズの変化の中で、中心からトヨタのバリエーションの要素になったのが、カローラの現在地なのかなと、そう思った。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • レンタカー
    • parl-siro

    • トヨタ / カローラアクシオハイブリッド
      ハイブリッド G(CVT_1.5) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2016/09/11
      使用目的:その他
    • 走行性能

      モーターのアシストもあって、エコドライブモードオフならば、街中では結構活発な加速が可能ですが、4人乗車の高速ではもう少しパワーが欲しくなりました。
      最小回転半径4.9mのとおり、取り回しは良好。重量バランスがよいのか、普通の使い方では破綻のないハンドリング。
      ブレーキは、踏力・ストロークと効きがリンクせず、絶対の信頼には足らず。
      センタークラスターはハザード・空調・AV系のみに絞ったことで、その他各種スイッチの配置に苦慮している感あり。

      乗り心地

      一般的な範疇なら、あたりも硬くなく、乗り心地は良好。4人乗車+荷物それなりということもありますが、高速で大きな入力が入ると収束性が今一つ。底付きするようなことはありませんでしたが。
      高遮音ガラスを以てしても、モーター特有の高周波音はやや気になりますが、流れのよい郊外の速度くらいまでなら、静かなクルーズが可能。その一方で、高速の追い越しやBレンジで充電しきれなくなった時の音・振動はかなりのもの。

      燃費

      燃費計は、平均時速:52km/hで、27.6km/lを表示。返却時の給油量は23.95Lですから、実質的には27km/L程度でしょうか。
      これはガソリン車より20%程度、いい燃費ではないかと推測します。高速燃費は不得手のようで、100km/hクルーズは、燃費を低下させる要因となりました。

      積載性

      トランクには、全長4,400mmというサイズから想像する以上の容量があり、大人4人の荷物を余裕をもって収納可能でした。
      ハイブリッドバッテリーを後席座面下に配置したのが、かなり効いています。

      故障経験

      なし

      満足している点

      取り回しの良好な5ナンバーサイズながら、荷物を持った大人4人が快適に移動できるパッケージング。しかも移動経費は最小限。
      上級のGに追加される装備は、安全・快適な移動に貢献。

      不満な点

      ・シート座面前端は高過ぎで、しかも調整できず。ランバーサポートの追加・シート表皮の変更(本当にこれが望まれているのでしょうか?)とあわせて、改良を期待します。
      ・暗い夜道では不安になるハロゲンヘッドランプ(LEDライトの選択をお勧めします)。
      ・ごわついた印象がつきまとう新車装着タイヤ(TOYO J57)。転がり性能重視なのか排水性も今一つで、もう少し性能方向に振ってほしい感あり。
      ・長距離移動で役立つクルーズコントロールがオプションでも選択不可(アクアに設定があるのですから追加可能なのでは?)。

      総評

      北海道での旅の友として、600km強使用。高速・山道、雨天含めて一通り体験できたと思います。
      現在の日本の法規内で走るなら大きな不満はなく、その燃費性能やパッケージングも加味すれば、(趣味性を除外するという前提で)実にクレバーな選択に思えてきます。次世代は、3ナンバーサイズへの移行が噂され始めているため、あえてこのサイズを選ぶという考え方も一理あるのではないでしょうか。

      ただ、現状の高速性能は余裕があまりないため、最高速度が引き上げられた際には、新たな課題となりそうです。過去の経験からすると、高速の使用頻度が高い場合は、ガソリン車をお勧めしたいところです。もちろん、市街地多用なら燃費・加速共にハイブリッドが勝りますので、使い方が分かれ道かと。

      特別仕様車の装いにも魅力は感じますが、最小回転半径(このサイズで5.5m・・・)を考慮すると、一般仕様に軍配。ちょっと高くなりますが、LEDライト・スマートエントリー・寒冷地仕様を追加したGをベストに挙げておきます。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ123次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース